AIR さんのブロマガ

【初心者のためのDTM作曲教室】014 メジャーとマイナーのスケール

2014/04/09 15:00 投稿

  • タグ:
  • 雑談
  • DTM
  • 作曲
  • 初心者
  • 講座
  • 音楽
  • 理論
  • メジャー
  • マイナー
  • スケール
AIR です。

第14回目はスケール(Scale)についてお話します。
日本語では「音階」と言います。音階とは、
「高さが異なる音が規則的に並べられた配列」のことです。
例えば「ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ」といった並びがあります。
これは「ハ長調」という音階です。
英語では「Cスケール」と呼ばれる音階になります。
Cスケールは音が7つですが、スケールに含まれる音の数は様々です。
1スケールの音が7以下の音の場合もあれば7以上の音の場合もあります。
本屋さんには数百種類のスケールを集めた分厚いスケール辞典が売っています。
しかし1回目でお話しましたように、
DTMでは自分の音楽に必要なものを覚えれば良いのです。
なおポピュラー理論で使えるスケールを
「アヴェイラブルスケール(Available Scale)」と言います。


代表的なスケールに「メジャー(Major)」と「マイナー(Minor)」があります。
明るい印象のものをメジャースケール、暗い印象のものをマイナースケール、
と一般的には紹介されますが、印象ではなく理論的に理解しましょう。
先ほど出てきた
「ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ」といった音の並びがあります。
音楽理論では汎用性をもたせるために、ここに数字を当てはめました。
「1、2、3、4、5、6、7」にそれぞれ対応させます。
「1」の音は「ド」です。「2」の音は「レ」といった具合です。
これを英語で表記して「Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ、Ⅴ、Ⅵ、Ⅶ」と書きます。
この表記法を「ディグリーネーム(Degree name)」と呼びます。
「Ⅰ」の音は「ド」です。「Ⅱ」の音は「レ」といった具合です。


「ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ」の並びをメジャースケールと言います。
「1、2、3、4、5、6、7」の並びでもあります。
「Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ、Ⅴ、Ⅵ、Ⅶ」のディグリーネームでも書けます。
この並びのとき、3番目の音を「♭」にすることで、暗い感じにできます。
「ド、レ、ミ」とピアノを弾いたときと、
「ド、レ、ミ♭」とピアノを弾いたときと
響きの違いを聞き比べるとわかります。
マイナースケールは3番目だけでなく、6番目と7番目も「♭」になります。
「ド、レ、ミ♭、ファ、ソ、ラ♭、シ♭」と並ぶ音の配列がそうです。
マイナースケールは3種類あって、3番目と6番目と7番目が「♭」したものを
「ナチュラルマイナースケール」と言います。7に「♯」を付けたものを
「ハーモニックマイナースケール」と言います。6にも「♯」を付けたものを
「メロディックマイナースケール」と言います。
日本名で順に「自然的短音階」「和声的短音階」「旋律的短音階」と呼びます。
例外的に旋律的短音階のみ、下降形で演奏する場合に「♯」が外れます。
それはルートから3番目の音が現れるまで調を判断できない理由からです。


音程の説明をしたインターヴァルの回を思い出してください。
「短2度」の距離を「半音」と言います。下では「全」と表記します。
「長2度」の距離を「全音」と言います。下では「半」と表記します。
ピアノの鍵盤の図を見てみましょう。
□■□■□□■□■□■□
半音の間隔がメジャーとマイナーを見分ける法則になっています。
ルートから「全全半全全全半」と並ぶものがメジャースケールです。
ルートから「全半全全半全全」と並ぶものがマイナースケールです。
12音ありますから、ルートをC以外から始めることもできます。
それでは「レ」のマイナースケールとメジャースケールを作ってみます。
ピアノの鍵盤の並びを、次のように前後を置き換えます。
「□■□□■□■□■□」「□■」
1音目の「□」が「レ」の音です。「全全半全全全半」で読んでいくと、
「レ、ミ、ファ♯、ソ、ラ、シ、ド♯」で「Dメジャースケール」ができます。
1音目が「レ」の音です。「全半全全半全全」で読んでいくと、
「レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ♭、ド」で「Dマイナースケール」ができます。
この法則を覚えるだけで、メジャーの12種類とマイナーの12種類の
合計24スケールを1つも覚えることなくスケールを作ることができます。

【DTM作曲教室の目次】⇒ http://ch.nicovideo.jp/article/ar526451


◆◇◆◇◆ お知らせです ◆◇◆◇◆
コミュニティ参加、お気軽にどうぞ。
http://com.nicovideo.jp/community/co2282621
僕のネット活動の全ての情報を集結しております。
バックナンバーも、読み放題になっています!!
最後まで見てくれて、ありがとうございます。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事