NNI97 くなのオリジナル唄,制作つれづれ。

リズム.トラック作成⑥ 低音域の処理

2013/06/15 09:14 投稿

  • タグ:
  • 音楽
  • 作曲
  • DAW
  • DTM
  • オリジナルソング
おはようございます。
以前よりFRISKが手放せなくて、きのう大粒50入りを買ってきてみるとタブレットじゃなく
ドロップでして、非常に落胆しました。他にもコーヒー(スタバオンリー)、タバコ、、依存体質ですが、酒がめっきりへったことに、すこし喜びを感じている くな です。



さて、きょうはトラック作成のときも、ミックス段階のときも悩まされ続ける低音域について 私の分る限りおはなししたいと思います。



足元固めすぎたパワモニで聴くとシャカシャカに鳴りすぎて、実際の聴取者とイメージがか
 けはなれてしまう(が、そのぐらいで作っておいて一般のオーディオできくと丁度らしい。)
いろんなモニター環境で聞くこと(携帯や、カーステで聴く人もいる)



   私の環境:モニターFOSTEXPM0.4は大きさもお値段も手頃で、高・中音域は素直にでます…がっ!!
        低音がぼやけてしょうがない。背後の壁に吸音材を貼り、足元は建築財の柱の基礎に置く
        コンクリートブロック(20KG!)です。そこにインシュレーターをはさんで、、やっと
        Shureのヘッドモニターと近い音になったくれました。
        が大音量すると低音あばれますが映画などみるときにはいいw
        皆さん、いろいろご苦労されているようですね。

この2点は、ミックスでの話しにおもわれますが、
   トラック作成者の方、バスドラとベースのアタックが重なったとき、コンプをかけた
   他の音(うわもの)が一瞬ほぼ聞こえなくなるサイドチェーンってしってますか?
   最近欧米のEDMではやりの手法ですが、これは極端な例ですね。

   それをやらずとも、バスも、ベースもイコライザーでおいしいとこだけ上げる
   とどうしてもマスターのリミッター上、他とぶつかってしまいます。
   ベースは粒立ちを強調すると、そんなに低いおとじゃなくても
   しっかり楽器としての役目ははたしますよ。
   (私は個人的にどんなジャンルでもベースはしっかり低く聞こえるほうがすきですが)

リズムトラックが出来た時点で、ミックスでの鳴りを想像して手直しておくと、うわもの
  乗せるのも気軽にできます。逆にこれをしっかりやっておかないと、最後でまた一から
  全てのトラックのEQや音量を見直さないといけなくなります。

 簡単なことですので、作成の手順に上記をいれることをオススメしも~す。



では、宣伝コーナーwww
 本日午後8:00よりニコ生放送で実際に製作中の歌を公開で仕上げていく光景 をおみせしちゃいます。(第二回目)

 時間はたっぷりとってあるので(枠取り直しあるかもですが)、ご質問
 アドバイス等おきがるに。
 またこちらからも途中の感想乞うたり、はたまたコラボ相手募集したりする かもしれませんが、とって食うわけではございませんのでご安心を。

  6月15日(土)20:00 lv141584434

※期待して頂いてた奇特な皆様、大変申し訳ございませんでした。
 翌6月16日、再チャレンジ放送しましたのでそちらをご覧ください。
←1時間半真っ暗やらかしちゃいましたm(. .;)m
←本日リベンジ。無事放送できました
                  ぜひタイムシフトで見てみて下さい。








コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事