NNI97 くなのオリジナル唄,制作つれづれ。

祇園の山車がリオのカーニバルに突入!? 2013/06/06

2013/06/06 09:36 投稿

  • タグ:
  • 作曲
  • DTM
  • ギター録音
  • ボーカル録音
  • 音楽
  • 歌ってみた
今回は一例として簡単なショートソングのアレンジが出来るまでをご紹介します


原案は,おもっきり親父ギャグな歌詞をブルースで歌うというよくあるやつw
                         ギター弾き語りで人に聞かせて笑わせていた歌です


『京旦那の世迷言』くな・作
A             A            D               A 

今日はえろ暑おしたな 明日も暑なりまっしゃろうな 照り返し酷うてしゃあないさかい 障子替えましたんや
E       D       A   E  │  A             A             D…
甥っ子来おって案の定わやどすわ     │ 破れると言いましたらな 最近また恋に敗れましてな ………




 とこんな、どブルースでございます。
 題名もはじめは、京都弁の語尾の特徴をとって『ターナー&シャローナ』なんて超おやじw

が……
幸いなことに、ブルースは比較的なんにでもバケます。

  現代音楽のルーツであるこの黒人の労働歌は、ジャズ、ロック、R&B、ヒップホップ
 と進化し続けてきた音楽ですからもちろんですよね

そしてイメージを広げだして結構スグに、コレは珍だ!という道が目に浮かびました!
それは雅楽とブルースの融合というものです。

もともとAのキーでつくったこのブルースはミ(E)の音を、
 曲中ずーっと鳴らしても ほぼ問題なく聴けます。
 教会オルガンの低音オルゲンプンクトや、最近のダンス
 ミュージックのドローンといわれるベース音と同じですな。

雅楽は笙の笛の音が一番有名で、おとも単音階の強弱、ゆらぎが特徴的です

この唄の真夏のけだるい暑さを表現するなら、
あの世にもけだるい民族音楽 わが国、わが町のコンチキチンの音源
がPCMレコーダーにあるではないか!!
しかもチューナーでしらべるとEでずっと鳴ってるw

くわしいアレンジ実践編は今後の記事で書くとして
この曲は結局、録音、アレンジ、唄いれ、ミックス、PV作成まで1日でできあがりました。
dawの前に悪戦くとうの末、浮かび上がった音像はっ!

 カオスティック、 近未来雅楽 、 ダークファンク、 倒錯の世界


『京旦那の世迷言PV』sm21047501

どないでしょう、、ぜひご感想おまちしております。

次回からは アレンジ実践編と題して
まずはリズムトラックの私なりのつくりかたから
使用機材の紹介、DAWへの取り入れかたなどを書いてみたいとおもいます。


コミュ『おりじなるとか作ろうぜの会』 co2052588


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事