92のブロマガ

【電子書籍紹介】イケダハヤト氏の「武器としての書く技術」から学ぶべきたった一つのこと

2014/02/17 07:00 投稿

  • タグ:
  • 電子書籍
  • イケダハヤト

もい!超ユーザー記者のクニです。

イケダハヤト氏の「武器としての書く技術」ですが、昨年のセールの時にKindle版を買って読んでいて感想を書きたいなーと思いつつ、忙しくて忘れてました。
時期的に今書かないと一生書かないと思いまして、書いておこうと思います。

なぜ、時期的に今書かないといけないのか?

実は、イケダハヤト氏の新書が近日発売されるからです。

しかも書きたい内容と新書の内容がかぶるようなので、書いておこうかと思います。

炎上しても気にしないスルー力

イケダハヤト氏といえば、炎上で有名になってしまったようだが、イケダハヤト氏の発言には関心させられることも多いし、断定している発言も彼のキャラである。
この著書でも言い切った方がいいと書いてあり、曖昧な発言は読者に届かないと言っている。
それについては私もそう思う。

この著書で学ぶべきところは、下記に集約されていると思った。
何を言われようが、基本的にスルーしましょう。
イケダハヤト氏が何度も炎上しても書き続けられている理由がわかった。
炎上しても気にしていないのである。
(逆手にとってアクセス数を伸ばしているという考えもできるが)
怖いのは、誹謗中傷に傷ついた結果、自己表現をやめてしまうことです。
この一文も心に刺さった。

読まれない文章はダメな文章とか、ちょっと同意できない部分もあるが、ネットで情報を発信している身としてためになった。

これからネットで何か表現したい、書きたいという人にお勧めしたい。

そして、この炎上をスルーすることにフォーカスしたのが新書になる。



ぶっちゃけ、「武器としての書く技術」を読んでも何で炎上を恐れないのかがわかるのだが、改めて書くということは何かあるに違いない。

絶対買ってしまう。

でも、電子書籍はなさそうですね。

紙で買います。

最後に炎上したらスルーするということはわかったのだが、炎上しないことに越したことはないような気もします。
(こう書くと言いきってないからダメだとイケダさんに言われそう)

では、モイモイ!

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事