800volts

#2 聖地巡礼 ヤマノススメ 高尾山

2013/05/04 22:02 投稿

  • タグ:
  • 聖地巡礼
  • ヤマノススメ
  • GW
  • 高尾山
  • デデドン!(絶望)

今回は聖地巡礼、ヤマノススメで紹介されていた高尾山に行ってきました! その模様を紹介いたします。

今年のGWにイタリアンロックフェスを見に上京しておりました。次の日は一日フリーになったためふらっと高尾山に行って来ました。コミケやライブ、イベントなどで上京することはあるのですが、中々観光をする時間は取れなかったりするんですよね。


目的:
   高尾山6号線下りでここなちゃんを助ける
   ボーグ仙人から無一物を体得する

(筆者はボーガー、かつ淫夢厨です。赤字兄貴だいすき)
アニメと同じ1号線で登山、6号線で下山しつつ、ここなちゃんイベントをこなします。あわよくばボーグ仙人から無一物を体得します。


なお、本編の画像などは「ニコニコ動画で絶賛配信中!!」なのでそちらを見つつこのブロマガを読むともっと楽しめます^^ 高尾山回は有料ですが、なんと6話も無料でみれますよ!



また、作中シーンを詳細に記録しつつ登山をしようと思ったのですが、思いつきで行動したため資料の準便が出来ませんでした。そのためざっくりな紹介になってしまったのですが、「アニメ見てるとこういう箇所楽しめるよ」って程度に見ていただけると幸いです(^^ あと大分長いのでご了承を><


 * * *




 高尾山に到着
人が多い多い! GWということもあり、コミケの時の国際展示場駅くらいの混みようで開幕からぐったり気分… 登山者、家族連れ、サークルの集まりからカップルまで色々な人たちがいました。 ちなみに1号線から山頂まではずっと人ごみが続いてました。作中みたいに静かに登山ができるのは平日みたいです。





高尾山口奥に見えるのがケーブルカー&リフト乗り場になります。
行った時には青葉祭りという催しがあり、人力車の試乗体験をやっておりました。



登山前の腹ごしらえ、黒糖まんじゅう&酒まんじゅう。



さて、ここから1号線で山頂を目指します。
のっけから急斜面を登る道、アニメで出てたのは1号線を上って10分くらいのところかと思います。急な切り替えしがある所と、その斜面から見える木々。 勾配が急で、その斜面にかなり大きな木がたくさん立っており壮大な景色になっております。




ひなたがお土産を物色していた茶屋&お土産屋さん、右に見えるパラソルが淫夢くんがいる所です。



淫夢くんオッスオッス!



私も淫夢くんを一匹頂いてきました^^


そのお店の野沢菜のおやき。意外にジューシーでした。


そしてお店にはヤマノススメのポスターがwwww




さらに進むと、作中に出てきたひっぱり蛸が!
その名の通り、大勢の小学生のチビッコ達に撫で回されておりました。




男坂の階段。上りきったところで撮影しました。
三つに別れていますが、合計すると108段確かにありました。




すこし言った先で買ったごまだんご。
外は焼いてカリッと中はもちっとしていて、ゴマの風味がすごくおいしかったです!


おだんごは何箇所かで売ってるんですが、ゴマ入りはここだけ。(ちなみにアニメではノーマルなおだんごでした) 





くぐると願いがかなう輪もくぐってきました。 煩悩全開でくぐってきたのできっとかなわないんだろうな…w


浴びると体がよくなるヤツです。 この周囲がお線香のかほりにみたされててノスタルジーを感じました。

この辺は、神社の境内や細い階段を通ります。山道ではなく境内の脇を通るので道があってるか不安になりますが、周りの人についていけば大丈夫です。

そして頂上到着!


頂上は広く、土ぼこりがすごかったです(^^;


頂上ではビールやおつまみを持ってきて、行楽気分で楽しんでいる方もたくさんいました。頂上にも飲食店はあるんですが、標高が高くなると値段も上がるようなので食べ物飲み物をガッツリリュックに入れて登山するのがオススメなのかなと思ったり。


山頂からの景色。
東京とは反対側のほうにあたります。






山頂、置くの方に東屋が、になた達がお昼をとったのはここでしょうか。


缶コーヒー(一本170円)で乾杯。 たかい(確信)


登山にかかった時間は2時間でした。ただ、道中つまみ食いしたり写真を撮ったりと寄り道ばかりしての時間です。景色や自然、茶屋やサル園、植物園もあったりしますので、もっとのんびりと楽しむのもアリかと思います。


頂上からさらに上級者コースへ行く道の登山口。


看板には5時間かかるとのこと… 茶屋があったり複数のルートがあったり上級者コースがあったりと、なぜか「SFC版風来のシレン」を思い出してしまいました(^^;




さて、休憩も終わったので下山です。
目的だった6号線を下りここなちゃんに会うイベントだよわーい(^o^)
よーし、張り切って下山…















…ん?



















デデドン!(絶望)









ファッ!?
なんで6号線が通行止め?もしやここなちゃんがドジッコ炸裂で道中とんでもないことにってたりとか? なんとも納得できなかったため、未練がましく6号線と3号線に別れる分岐点まで行ってみることに。


6号線入り口






ゴールデンウィークの間は6号線は上りのみ通行OKだそうです。
たしかに、作中でも細い沢を進む話がありましたし、登山客が多い今の時期には混雑や事故も予想されますよね。ましてや、私のようなアニメに影響を受けて面白がっていく輩もいることですし…^^;



仕方がないので、下山は4号線のルートにしました。 午後だったのですが山の陰に隠れて薄暗い中の下山、道幅は細いのですが人ごみはなく静かな山道を進むかたちになりました。木漏れ日の中、時折聞こえる鳥のさえずりの中を進むのはなかなか気持ちがいいものですね。

4号線名物のつり橋

意外と短いんですが、橋とか渡るだけでテンションあがりますよね!


4号線は途中から1号線と合流し、そのまま1号線で下山するルートになります。
あとはそのまま下山するだけか~、と思ったらサイレンの音?ふもとの方が騒がしいなと思ってたら…









おおう!山道を消防のバイクが走る!!
なんでもけが人が出たそうで 道中のお土産やさんに搬入するため車の乗り入れが出来るように整備されているようで、緊急時にはふもとに待機している消防署員の方々がすぐに駆けつけれるようになっているようです。


さらに途中にパトカーにも遭遇、













曲がりきれないので一旦Uターンしないといけないんですね(^^; 終止サイレンで、「お騒がせしてすいません、警察です」と低姿勢での走行が好感が持てました。


また下がると消防と援軍のパトカーも。




にしても車が通れる山道とか整備されすぎな気が… まぁ山頂にもお店があるから搬入も考えれば車でいけたほうが便利なんでしょうね^^




無事下山し、ふもとのお蕎麦屋さんで遅いおそばを頂きました。
道中つまみ食いばかりだったのでまともなお昼ごはんを食べていなかったもので。


帰りの駅のホーム

時間は16時過ぎでしたが、帰りの電車はそんなに込んでませんでした。

という訳で初高尾山でしたが、一言で言うと「山登りテーマパーク」でしょう!
道中に絶景や見所ポイント、お休み処や食べたりするところもあり、そしてチョコチョコお金を使う機会があったりと、いわゆるテーマパーク感を感じてしまったのです。しかし由緒正しい寺院の形式もキチンととっているという中々抜け目無いビジネススタイルを垣間見た感じがあります。
ですがそれを置いておいて、純粋に登山として複数のルートもあり、さらに四季の変化で何回行っても楽しめます。(そういえばアニメの中ではあじさいが映ってましたね、6月くらいに行くと景色としてもちょうど良い位置で見れるかもしれません。そう、逆にGWや大型連休は人が混んで大変かも…)
都心からもアクセスしやすく、難易度も易しいのでお手軽館があることも魅力です。登山ということで健脚を養うために行くことでも構いませんし、もちろんヤマノススメの聖地巡礼として楽しむことも良いかと思います(^^
興味を持たれた方は是非遊びにいってみてくださいね!


ということで、記念イラストとしてひなたとあおいを描いてみました。

高尾山成分がまったくの皆無という…w
二期やらないかな~、個人的にキャラデザのかわいさが大好きなので是非二期期待しております!


それともうひとつの目標だったボーグ仙人、お会いすることはできませんでしたがドラゴンボールはいました。

きっと修行に来てたのでしょう。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事