偽pocoのブロマガ

バーチャルキャストと私①(放送ダイジェスト)

2021/01/12 22:39 投稿

  • タグ:
  • バーチャルキャスト
  • VirtualCast
  • VR


バーチャルキャスト
、ご存じでしょうか?

私は今知りました。いいえ、多分ウソです。アカウント自体は2か月前の2020年11月3日に取ってるんですが、記憶にございません。今配信で使っているバーチャルモーションキャプチャーに関連した検索の最中に、うっかりニコニコと連携させたんだと思いますですハイ。なぜ当時スルーしてしまったのか、コレガワカラナイ。

この度再びバーチャルキャストにたどり着いたのは、VR内でスライドをリアル同様にプレゼンしてZoomへ流せるシステムを探していたところ、それがあるらしいと耳にしたからで、動機は配信とは無関係だったんですね。

というかこれ、ドワンゴ出資、実質ニコニコのサービスだったんですね。私は動画民で生放送の事情に疎いとはいえ、なんで2年半も知らなかったんだ??運営はもっとプッシュして!!



時は1月11日(月・祝)午前。

おもむろにバーチャルキャストをインストールして、どんなものかとチュートリアルルームに入ると即座に「しろ兄貴」がインしてきてまずは洗礼という名のガイダンスを受けることに。ハートキャッチは上々です。

続いてストアページを眺めてみると、そこには不自然に多い天文・宇宙関連アイテム(アセット)の数々が!!(※画像は編集していますが、全体の1割弱を占めている印象です。NASAによる3Dデータの無償公開がこうして役立っているように見受けられます)



深淵から運命が覗いていた瞬間って、こういうものなんでしょうか。
かくしてZoomプレゼン目的から、急遽宇宙コミュ配信向けに白羽の矢が立ったのでした。ニコ生とも連携してるし、いいかもしれない。

さて、その日の夜にさっそく配信テストです。タイムシフトからどうぞ。
配信設定は「凸歓迎」。これが運命の歯車をさらに狂わせることに。




タイムシフト終了後のために、ダイジェストをお届け。時間は放送開始から。

0:06:00 みややひ様ご来場。



0:08:00 みややひさんからコメビュを授かる図。凸者が来るたびに同様のやり取りが。



0:10:00 アバターに装着できるメガネがズレる。面白いからそのままでいいんじゃない?と続行出来るのがVRの利点。



0:22:00 視聴者コメントで「w」「草」と入力されると、その数に応じて草が生えるシステムのデモ。草のGPUへの負荷が大きくて草。

従来は一瞬で流れるだけだった草コメが、草が物理的に残り続けることで、演者(配信者)は瞬間風速に頼ることなく無理ない範囲でトークができ、長期的なモチベーションに繋がりそうな気がします。

現ニコニコトップの栗田さんもおっしゃっている事ですが、視聴者も投稿者・配信者と同列のニコニコを盛り上げる「コメントクリエイター」なんです。とはいえコメントによる貢献度合いはイマイチ実感しづらいものでした。そのコメントが物理的に配信環境に干渉できるのって革命的です。(私が気づくまで2年半かかってしまいましたが……)


0:31:00 バーチャルキャスト内で、初めてバーチャルキャストのPVを見る図。へー。
(PV→sm33969381

みややひさんは幼女からお姉さんにアバターを変えています。

0:34:00 (午前中にチュートリアルルームでお世話になった)しろ様ご来場。
後ろで「sm9」を流しつつ、頭上から降り注ぐコメントを掴んで暴れるカオスな図。なお、みややひさんが陰陽師の振り付け完コピ勢だったことは特筆しておきましょう。



みややひさんは大きかった。(なにがとは言わない)



0:57:00 亞希乃(あきの)様ご来場。ちっこい。
亞希乃さんはISSの3Dモデルをバーチャルキャスト用に変換したり、自作データで はやぶさ2、ミネルバ-Ⅱ、さらにMASCOT(ドイツ・フランスのはやぶさ2相乗り着陸機)まで作っているお方!生産者表示(本人)たすかる。

(※ちなみに3Dモデルのデータ変換って、ツールに流してハイ終わりってものではなく、金取れるレベルで手間のかかる作業だったりします)


0:59:00 もーちゃん様ご来場。やっぱりちっこい。



1:04:00 視聴者の「(凸者は)みんな有料アバターにお金払ってるのかな?」という質問にみややひさんが「Vカツ」と回答。最近は勝負の前のゲン担ぎのトンカツ料理をそう呼ぶらしい。いい響きだし、なによりうまそうだ。Vカツ食べたい。

(※Vカツはアプリの名前です。簡単にアバター自作できるってよ!)
(※VR界隈にいると有料アバター・アイテムの価値が理解できるようになり、購入への抵抗は無くなっていく印象があります)


1:06:20 バーチャルキャスト界隈には大量に草を植える「草先輩」がいる。たぶん豊穣の神様だと思う。

ちょうどわかりやすい構図なのでここで解説するが、視聴者コメントは「降ってくるタイプ」と「吹き出しタイプ」の2種類あって、スタジオ空間内に物理的に干渉が可能。
「吹き出し」の場合、演者はコメントを物理的に「拾って」お葉書感覚で読める。タイムラグがゼロなので棒読みより感覚的に読み取れるし、何よりスタジオにいる自分が楽しい。

今更だがカーゴドラゴンがISSから離脱するということで背景にNASA TVを流しているのだが、まったく見えない。映像が主役の宇宙コミュでの配信にはちょっと不安かな?


1:15:00 番組開始時にギフトで投げ込まれたちくわ2本(ぴぃ様ありがとうございます)に気づき、遊びだす人々。そう、バーチャルキャスト空間ではギフトが「実物」に化けるのだ!これだけでバーチャルキャストを使う意義があるってもんよ!(落とし穴もある模様)

石油王ぴぃ様は他にもとんでもないギフトをスタジオの端に投げ込んでいたことを、まだ誰も知らない…

1:17:00 ここで隣の亞希乃様からぶどうジュースの差し入れです。

液体がじわじわとグラスに注げて、じわじわと飲めるのはすごいと思った(小並)
麦ジュースもください。瓶とジョッキで。

1:24:30 バ ー チ ャ ル メ シ テ ロ

実際にチーズが伸びます。実際に食えます。食ったら口からチーズが伸びます。なんだこれ。



1:30:30 亞希乃さんにISSを背中に貼り付けられた図。国際宇宙協力の未来を文字通り背中に背負ってしまいました。

コメントでは「(艦娘の)艤装みたい」と言われています。バーチャルキャストは掴んだ物をアバターに脱着できるので、艦娘アバターがあれば艤装や魚雷を組み替えて装着したり、駆逐艦と戦艦が自由に艤装を入れ替えっこできるわけです。清霜ちゃんが大和になれたりもするんでしょうか?
(※MMDモデルをVRM(VRアバター)へ変換・利用する事は権利関係で特に注意が必要です。VRchatにおけるガイドラインを参照の事)


1:34:00 凸者が帰り、本来メインだったはずのスライドやアイテムの検証に入ります。
気づいたら目的が逆転していました。バーチャルキャスト、面白いです。



1:47:30 スタジオ裏手に超絶に活きのいい鮭を発見!!(この時だけアバターを変更)

ちくわに続いてぴぃ様よりギフトで投入された鮭でした。
ぴぃ様からは ちくわ100pt × 2, 鮭300pt, 計500pt を頂きました。ありがとうございます。恐らくはぴぃ様視聴中にちくわ、鮭共に反応出来なかったと思われる点が残念。

ギフト(物理)は大変ありがたいものなんですが、困ったことにオーナー権限でも消せません!!スタジオをいったん閉じて初期化する必要があるようです。


1:48:00 ハンディカメラで撮影したスタジオの様子。
右手にスライドを映し出したPC画面。(透過されて見えないものの)左手にも巨大モニターがあって、出演者は配信画面を鏡写しで見ています。左下のネームプレートの位置が参考になるでしょうか。文字も反転していますね。放送用の配信者にも見えない仮想カメラがさらに左にあります。配信画面では一見広そうに見えますが、行動可能な範囲は私の部屋サイズと同じで前後に120cm程度の空間しかありません。300cmは欲しい…



2:13:00 sena様(幼女)、シーラノ様(カコイイ)ご来場。ここから第2ラウンド開始。



2:20:00 かなみちゃん様(幼女)ご来場。登場早々コメントに潰される。



2:34:30 綺里(きり)様ご来場。
結婚系Vで183名と結婚済み(2021年1月12日現在)だそうですよ奥さん!

ちょうどこの時、火星探査ローバーのキュリオシティ(実物大)を展開した瞬間でした。バーチャルキャストではアイテム間のコリジョンがしっかりしていて、既にアイテムが浮いている座標に別のアイテムを配置することはできません。キュリオシティを配置できない事に焦り、周辺のアイテムを片付けようとパニクっていた私を尻目に、虚無から現れた綺里さんは挨拶より前に、誰の指示を受けるでもなく状況を理解し、秒でアイテムを片付けていたのでした。VR界隈には超人的能力者が多すぎです…


2:39:30 綺里さんから講義を受ける図。しろさんもそうだったんですが操作解説スライドがパッと出てくるのがもうヤバい。初心者をがっちり抱え込もうというその貪欲なスタイル、いいぞもっとやれ。

バーチャルキャスト初回起動時には、スプラッシュウインドウ左上にある歯車マーク中の詳細設定をきっちりやっておく必要があるとのこと。ただでさえスプラッシュウインドウの設定項目が多く、歯車マークには意識が向かない。この辺の説明は公式wikiにも目立つ形では記載されておらず、UIとしては残念。この設定項目はVRの中では触ることが出来ないため、機能として謳われているものが操作できない、という事態に何度も直面していた。これから始める方は歯車マーク⚙の詳細設定を確実に設定しよう


2:50:00 綺里さん撮影、ローアングルJKと幼女と鮭。なんだこれ。



2:52:30 神々しい幼女



3:02:00 流星 灯様ご来場。
「りゅうせい ともしび」さんとは風流なお名前で……
残念!「ステラ あかり」さんだよ!読めんわwww
(不躾なツッコミにも関わらず笑顔で返していただきました。ありがてぇ……)



3:12:00 火気厳禁のスタジオ内でたき火をファイヤーしてバーベキューをおっぱじめる流星さん。幼女は生肉を皿ごと平らげるしなんだこれ。

生肉を前に生命の危機を感じるJK(左下)


3:41:00 変身した流星さんに乗る幼女2人。天国ですかここは!?



4:05:00 最後はネームプレートをおでこに貼り付けてお別れ。抱きしめあっていた幼女2人が印象的でした……。コメントでもあったんですが「幼女2人の行動がまんま幼女」だったんですよね。VRに長くいると性格がアバターのものに近づくという話や、ケモミミ、尻尾に触覚が出現するなんて話も聞きます(個人差あり)。終了は午前3時!お疲れ様でした!


4時間の放送を完走した感想ですが、とにかく脚が疲れました。バーチャルキャストは全身をくまなく使うので運動にもなるようです。リアルで運動しているだけあって腰が無事だったのは幸いです。

バーチャルキャストを宇宙コミュ配信で使えるかどうかの検討は次の記事で。
記事を書き上げる前に次の本放送がありそうですが。ブーイング覚悟で見切り発車かな?


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事