平安京エイリアンの『うち弁慶な勧進帳』

「恐怖政治」・・・? 「恐怖報道」・・・?

2014/02/04 23:00 投稿

  • タグ:
  • 知識人?文化人?
  • 一方向"orz"土下座外交
  • 軍靴の足音
  • マスコミ専用世界地図
  • 社会派


    寄る年波というよりも
    もうすぐそこまで彼岸が近づいてきてしまっているのか
    世のおじいちゃんおばあちゃんの中には
    どうも最近おかしな幻聴が聞こえる方がいらっしゃるようで・・・

    何ですか、軍靴の足音とやらがどうにも耳に響くらしく、そして、
    明日にでもこの国が戦前軍国主義国家に戻ってしまうとか・・・。
    
    新聞を見やれば、年配大学教授ナントカ賞作家さんという
    知識人・文化人なんて祀られていらっしゃる方々も
    そういった症状を訴えるような記事を見かけるので
    なるほどなかなかやっかいな伝染病なのかもしれませんね。

    とは言え、この手のシンドローム
    未知なる新種の急性疾患ではなく
    戦後何度も発症してきた慢性的なもの。
    それも極めて一部に限定されて。

    そしてすでにこの病の原因確認されています。
    それは日本の保守政党圧倒的な議席数を獲得し
    安定した政権運営を進めだすことがきっかけ

    するとヒステリックかつパンデミックに発症します。
    その後、少数野党市民団体といった感染者
    マスコミ媒介にして日本全国に流行らせていくという・・・。

    この病気の怖いところは、理性知性をごっそり奪い
    熱狂の中で意味不明うわ言をくりかえし
    やたらと批判的・攻撃的になっていくというところ。

    時代背景や社会状況、政治体制や国際情勢などそっちのけで
    自身の経験のあるなしに関わらず
    誰かが何処かで言っていたような「作り話」を唯一の定説と崇め固め
    それ以外は一切目にも耳にも入らないというやっかいな代物です。

    ま、昨今は「ネット情報」という民間のワクチンが多種多様に出回ってるせいか
    若い世代にはとんと縁がなく、さしたる問題がないのが実情ですが、
    もはや旧時代の遺物になりつつあるテレビ新聞といった媒体は
    危機的末期的なまでに汚染レベルが拡がってますね。

    そんな面会謝絶の隔離病棟にいるマスコミという患者さん・・・。


    最近はどうも気にいった数値が出る設問が見つからないのか
    やたらと世論調査をやっては以前のイメージ上書きセーブを繰り返してます。
    そんな過日、その調査結果の中でまぁ、おかしな改ざんとやらをやっていました。

    数の暴力とやらで通過した秘密保護法についての質問への回答。
    細かい数値は忘れましたが、大雑把に書くと、
    20%近くが文句なしで大賛成30%ぐらいが即廃案の大反対
    このへんは信者原理主義者つばぜり合いみたいな結果ですね。
    
    そしてそして素晴らしきかな
    「国会でもっと議論し精査し、慎重に事を進めるべき」
    なんて言う、冷静で建設的な考えが過半数という成熟社会の声が。

    ところがその新聞記事は、そんな理性的な回答をまるで無視して
    「は~い、合計で80%以上の国民が法案に反対してま~す。」
    と、賛成という言葉を使わなかった人間はすべて反対派にカウント
    こっちのほうがよっぽどの「数の暴力」じゃないですかね。

    日本の現状を判断すればあの法案の不確定な恐怖感はあれど
    中国・北朝鮮無思慮無軌道な軍拡や挑発
    韓国理性を欠きまくった反日攻勢などを
    冷静に天秤にかけたならば、バカみたいに反対票を投じられない。 

    そしてそれでも無条件で賛成にまわるわけではなく
    もっともっと国会で、それこそ野党連中が逃げて審議拒否
    つまらない不信任案の連発でごまかしたり遅れさせたりせず
    国民が納得するような答えを作り上げてほしい、という選択

    それなのに国民の知る権利守り代表してるってのが売りのはずの
    マスコミ連中がまったく機能駆動もしていない笑えないパロディー

    懸案の中国・韓国の外交問題にしたってそう。

    歴代首相の外交はどうしたって頭のてっぺん
    片面が日の丸でも、もう片面は星条旗を突き刺しながらの
    無難で定番な各国巡りをしていた感は否めなかった。
 
    しかし、安部総理はアメリカとの同盟は堅持しつつも
    フットワーク抜群でマイル貯め放題な
    全方向地球儀外交

    従来の友好国は当然のこと、アフリカ東欧といった
    それほど互いなじみのない国家を派手に歴訪。
    とくに現状の東アジア情勢を重視して
    東南アジアのASEAN諸国に。

    ところがそれが気に入らないのがマスコミさん。

    彼らの世界地図には、偉大で栄えある『大』中華人民共和国がドンと鎮座
    その反対にはながらも無視はできない『大』アメリカ合衆国
    そしてそれに挟まれた『中』韓民国と、その隣にぽつんと浮かんでいる『小』日本。     どうもそれだけしか存在していないようで・・・。

    ゆえにそんな小国の政治家ごときがこの地図にない国に行かれては大問題。
    それも全方向だなんてトンデモナイ。身の程を知って
    一方向"orz"土下座外交をずっと続けていなさい、とでも言わんばかり。

    で、最近の中韓首脳が躍起になってる告げ口外交
    あれもな~んか日本のマスコミ入れ知恵に思えて仕方ないんですよね・・・。
    
    日本人てのは加害・被害にかかわらず当事者になるのがキライ
    加害者自慢ってのはあまり聞かないけども、たとえば被害者であっても
    を張り上げて泣いたり叫んだりはあまりしない。
    「もう、そっとしておいてほしい・・・」ってのが

    だから、ああやってそれほど関係ない欧米諸国を巻き込んで
    日本を叩き吊るしあげてるような状況を醸し出し
    善良で小心な日本人を圧迫ストレスを与えていく作戦。
    
    そしてその心理をついてマスコミさんが
    「じゃぁ、世界中に嫌われてる理由は何でしょう?」とか
    「こういった孤立を誰が作り上げたのか?」的に
    安倍政権を切り崩していこうって魂胆でしょうね。

    ただこの日本人の心をもてあそぶような
    人間性すら放棄した下策中の愚策すらも
    それほどの効果は発揮していませんね。

    ぶっちゃけ世界中に嫌われてる感がありませんもん。
    先の大戦で中国大陸朝鮮半島と同じように
    日本軍が暴れまくった東南アジア諸国太平洋上の島々あたりは
    むしろ親日的で歴史問題よりもアジアの未来を語り創ろうって雰囲気ですよ。

    100年前に近づこうとする遠い戦争傷跡を見せびらかし
    時代も空気も読めない鈍色の責任論を喧伝する連中が
    21世紀やその先にバラ色の未来を求め描いてる人たちに
    受け入れられるハズもない。
 
    さらに言えば、まともな教育を受けてる限り
    日本が再び周辺諸国に侵略戦争を仕掛けるなんて発想はわかないでしょ。
    どうしてそんなムダ非効率頭の悪い国策を取らないといけないのか?
    それなのに、どうしてこんな妄想をする人間が知識人文化人を気取っているのか?

    そういうことであれば、見事なまでに時代錯誤覇権政治にすがろうとしている
    滑稽な生きた化石の見本のような国が横にあるでしょう。
    あんなどこに出しても恥ずかしくないような軍事独裁国家
    もっともっと恐怖非難していきましょうよ、まったく・・・。

    
    そういった国際情勢をさっそうとスルーして
    昨日も今日も明日でも
    テレビのニュースや新聞での記事
    日々、ますますのお伽話を続ける奇行と愚行・・・。

    常々ここで言ってることだけど
    ホント、マスコミというかジャーナリズムって看板掲げてる人は
    読者とか視聴者とか、我々一般の民
    どうしょうもないくらいバカにして下に見てるんでしょうね。

    先の秘密保護法でもきっちりと良いのか悪いかを。
    で、悪いならどこらへんに恐怖危険があるのかを
    しっかりわかりやすく説明をしてくれればいいのに、
    例によって「戦前の軍事国家日本に戻ってしまう」の一辺倒・・・

    よくわからん物騒な話でも出して脅しとけば
    ビビって黙ってしまうだろう的な乱暴な手法。
    何度も言うけど、およそ知識人でも文化人でもない連中ですよ。
   
    「恐怖政治」なんて言葉があるけど
    されば今は「恐怖報道」の時代?

    いやいや、そんな大げさなほどのムーブメントにまでなってないし、
    きっとこの先も、そんな時代が来ることはナイでしょうね。 


    そういえば秘密保護法が施行されると
    こういったブログすら書けなくなるって記事もあったけど
    ま、ご覧のとおり、まだ大丈夫のようですね・・・。w







  ~Who in?~          ーーー儀之捌拾陸ーーー


ドラゴンスレイヤー/どらごんすれいやー


 竜/龍(ドラゴン)をも殺すことのできる神話上の武器。作品によってはドラゴンキラーとも。ファンタジー神話伝説において、ドラゴンは幻獣の中でも特に強大な存在として描かれ、これを倒すことのできる武器は絶大な力を秘めるものとして「ドラゴンスレイヤー」、すなわち「竜殺し」と讃えられている。竜殺しの物語で基本的な類型は、洞窟などで財宝を守るドラゴンと、それに挑む勇士の戦いというものであり、世界中に散らばる英雄伝説の中では、竜退治は重要な要素ともなっている。                                  (ウィキペディアより引用)


  今日の断末魔


  「寝不足→うたた寝→寝付けない→寝不足→うたた寝→・・・の無限ループ。」


                     ーーーーーーーーーーー・・・
   



    

    

     

    
    
    
    
    
    

     
    

    
    
    
    
    

    

    

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事