平安京エイリアンの『うち弁慶な勧進帳』

「都民福祉税」でも徴収して       『痛みを伴う脱原発改革』くらいでも  やってくれればいいんだけど・・・。

2014/01/22 20:00 投稿

  • タグ:
  • 東京都知事選
  • 小泉老&細川老
  • 世論調査という数の暴力
  • 都民の覚悟
  • 社会派


   案の定、一時停止していた感じの「原発問題」再稼働してきて
   たいしたも吹いていないのに何やら雲行きが怪しくなってきましたね。

   猪瀬前東京都知事があっさりと舞台から降りたせいか
   マスコミもいまいち消化不良というか
   叩ききれなかったというか
   まさの尻切れトンボな幕切れ。
 
   無論東京都知事の存在と影響力はかなり巨大なものではありながらも
   近々にはおそらく国政選挙もなく、オリンピック誘致も決まり
   今回はそれほど大きなイベントにはなることなく
   然るべき人が然るべき立場になって一件落着か、と。

   ところがナニをトチ狂った
   原発が一基もない東京の都知事を決める選挙の争点
   「原発問題」を颯爽と掲げる痴れ者たちがラッパを高らかに吹きならし
   突然舞台に這い上がってきました。
 
   しかも挑戦者であろう青コーナーから姿を見せたのは
   びっくりというかうんざりというか
   白髪頭の爺さんふたり・・・。

   小泉純一郎元総理大臣を脇に従え
   細川護煕元首相がまさかまさかの政界復帰。

   小泉内閣でも7年ほど前。
   細川政権に至ってはもう20年も前の出来事。
   共に教科書に載っているであろう実績を残されたかもだけど
   同時に色々と負の遺産も積み上げられていった歴史の当事者

   で、このニュースを聞いた時は、とにかく呆れ返ったの一言。
   まず、この人ぐらいしか担ぎ上げる人はいなかったのかって嘲笑
   そして小泉さんを担ぎあげない卑怯さと臆病さに憤慨。

   ぶっちゃけ辺りを見回して「反原発」キャラがいちばん立っているのは
   この小泉さんくらいでしょう?

   いつぞやのノーベル賞作家とかアカデミー賞の音楽家サンとかは
   すでに国外逃亡したかのように露出発言も減り
   例の山本ナントカって言う元役者の子
   批判されるほどの価値もないくらい値崩れしてるみたいだし・・・。

   そう考たら、「反原発」を争点にして都知事選を戦うために
   この小泉純一郎元首相を担ぎあげました。
   そしてそのサポート役として、以前から「反原発」を考えていた
   あの細川護煕元首相にも協力していただきます。

   この図式ならまだわからなくもないんですよ。
   バカしか集まらなかったバカ会議の結論ではあるだろうけども。

   結局どっかしら小泉純一郎って存在が怖いんでしょうね。
   もありアクもある。
   暴走したら御しきれない暴れ馬
   都知事に仕立てあげた途端自民党と組んだり、またまた靖国参拝をするかも・・・。

   そんなわけで、パワーと知名度人気だけを上手に頂いて
   あとは誰が言ったか、いろいろと軽~い神輿を用意して担げばイイ、と。

   ただねぇ、もう小泉純一郎って人はすでに過去の人なんですよね。
   今もそれなり人気があるのは確かですけど
   それもスパッ政界から去り、その他大勢の総理経験者のように
   ネチネチと政治に関わらなかったってトコロが大きいんですよ。

   それがここに来て急に舞い戻り
   しかも「反原発」って魔法の呪文を唱える前までは
   「現在の日本の不況や不満の全責任コイズミにあり」
   なんて言ってた連中と手を組む違和感不快感

   おそらくかつての小泉ファンは離れてゆき
   さりとてアンチファンが両手を挙げて歓迎ムードって状況でもない。
   毎度毎度言ってるようだけどあの辺の連中は世間をナメすぎてるんですよね。
   人気者を用意すれば「庶民はバカだからすぐなびいて流される」と。

   そして数少ない流されそうなバカですら
   おそらく首をかしげてしまうだろう人選がこちらの人。   

   老・細川護煕さんなんてのはもっともっと過去の人
   乱暴な言い方をすればそれほど価値のある人物ってイメージもないんですよ。
   何かしらんうちに時の人になり永らく続いた自民政権を打破し
   総理にまでなったはいいが、その後は・・・。

   自分の記憶というか印象
   真夜中に突然記者会見を開いて
   「消費税を廃止して新たに国民福祉税を作ります。」なんていう
   まさに国民をサル扱いした朝三暮四をやらかした人ってイメージ。
  
   皮肉なことにもうじき彼が設定した税率を超える負担が国民を襲うのですが・・・。

   その後はいわゆる金銭スキャンダルがらみで
   幸か不幸かあっさりと政界を引退
   出家した世捨て人のごとく目立たず騒がず
   リアル殿様気分で日々をぬくぬくと暮らされていたそうで。

   で、そんな毒にも薬にもならないような御方を担ぐやいなや
   マスコミが競って太鼓をもち上げ始めました。
   明らかに偏った文化人や知識人が今思いついたみたいに
   細川護煕待望論を叫びだす。

   どこぞの新聞には
   「今後の日本未来は彼が定めることになるだろう。」
   なんて確実アタマのおかしい奴が書いたイタイ記事もあった。

   なんでしょうか、過大評価っていうよりもSF・ファンタジー小説ですよね。
   いや、細川老人可能性ポテンシャルは自分では計りかねますんで
   100%ナイとまでは言い切れませんが、仮の話でも
   当選したところで東京の都知事でしょ。なんでそんな神がかったことができるのか?

   今更ながら最近のマスコミは気持ちわるいレベルでおかしいですね。
   ある意味で支持母体やってた民主党があんな有り様になり
   当然のことながらその反動で国民は自民支持に回る。
   でも、現在マスメディアを牛耳ってる連中はそれが絶対に許せない。

   先日沖縄の在日米軍基地移転問題にからみ
   けっこう注目を集めた名護市長選挙
   70%超投票率で当たり前の事ながら関心が高かった。
   結果移転反対派の現役市長が勝利し再選

   そうなるとデカイ声で喧伝するのは
   「民意」「民意」の大合唱。
   「沖縄県民の気持ちを踏みにじるな!」ってお決まりの論調

   ただコレはおかしいんですよね。
   その苦しみを誰よりも痛感してる分声に出して言いにくいだろうけど
   同じ沖縄県民である普天間基地周辺の住民からすれば再びの失望ですよね。
   ようやく知事味方してくれたとおもいきや・・・。

   もっと規模を大きくすれば
   先の衆議院選「民意」が選んだ自民政権
   こちらはなぜか「数の暴力」に変換される。
   安倍自民がやることなすことけしからん、けしからん、と。

   で、そこの矛盾ごまかすために出してくるのが世論調査なるもの。
   ただコレもねぇ、それまでアホほど、例えば秘密保護法のイメージを貶めておいてから
   「さぁ、この法案を支持しますか?」なんて、もはや八百長もいいとこでしょ。

   確かこの法案を通した時に世論調査をして
   「内閣支持率50%前後にまで落ち込んだ」的なニュースをしてましたが
   その後に安部首相が靖国参拝をした後の数字はそれほど下がっていなかった。

   困ったあげくに引っぱってきたのが
   質問なんか感想なんかがよくわからん
   「参拝によって外交関係支障が出るのは良くない。ー60%」ぐらいってデータ
   
   もぅ必死になって探したんでしょうね~。都合のいい数字を。
   いや、後から後から質問を変えまくっていったのかもしれない。
   もはや答えありきで問題を作っていってる感じしかしない。
   こっちのほうがよっぽど「数の暴力」だと思うんですけどね。

   そんなマスコミを中心に元首相達老体に鞭を打ち冷や水をがぶ飲みさせながら
   こたびの東京都知事選で原発問題を争点にしたがっているようです。

   日本でいや、世界でも有数人口密集地なのに
   原発問題だけで他の候補一本化を求め、結局断わられたなんて
   バカなニュースもあったりして、ホントどんどんおかしな方向へ傾いている

   選挙なんて駆け引きなんで
   例えば、原発問題もさることながら
   他の公約政策を上手に包括的まとめあげていけたなら
   なるほど自分は降りて勝つ確率の高い方に乗り一本化を図るのも戦略のひとつ。
  
   ところが細川陣営側から聞こえてくるのは「反原発」一辺倒
   これからの選挙運動期間でおそらくは他の公約やら政策も訴えるでしょうけど
   もうすでに「反原発」色でべったりなイメージ。
   これがに出る感じはあんまりしないんですけどね。

   いや、自民サイドは毛嫌いしてるけど
   全く争点に挙げてはいけないってのもおかしいと思うんですよ。
   
   言っても東京都民が日本全国で最も電力を消費している都道府県。
   当然原発の電気もそれ相応に貪ってきた事実。
   故に「原発問題」を争点に掲げるならば
   希望理想を語るよりも、覚悟決意を促すべきでしょう。

   少なくとも原発の即時停止だの廃棄だのを叫ぶ候補者は
   誰かさんのフレーズを借りて都民に向けて
   「痛みを伴う脱原発改革」の支持覚悟を求めなければ・・・。

   口々「脱原発」「反原発」などを言っていても
   何も始まらないし、何も終わらない
   で、その方策としては最もわかりやすいのは
   お金を集めることでしょうね。
   
   うまい具合に地方税ってのがあるから
   「都民福祉税」とか「脱原発税」とでも銘打って徴収する公約を掲げ
   それをしっかり都民に伝えて理解と支持を得る。 

   その税金を今もなお苦しむ東北方面除染作業に当てたり復興支援に使う。
   他にも自然エネルギーの研究や開発に力を入れましょう。
   都内に原発はないけど他県廃棄やその後の処理等の協力に尽力するのもイイ。
   極めて現実的「脱原発改革」を推し進めることができる。

   他にも都内では深夜帯は基本テレビ・ラジオ放送は無し。
   週に何度かの深夜外出禁止規制も効果的か。
   電力消費はかつて原発でまかなってきた30%前後を引いて
   現在の7割程度を目標節電に努める。

   スローガンとしては
  
   「欲しがりません。原発がなくなるまでは!!」

   「1300万都民、総火の玉で冬将軍を打ちのめせ!!!」


 
    
   あれ、左派リベラルな人たち側からの政策のはずが
   こころなしか右傾化してきたような・・・。



   まぁ、おそらくこんなコトを言う候補者なんていないでしょうし
   いたところで誰も当選なんかさせないでしょう。w

   どうせまた公約やマニフェストとかは抽象的耳あたりの良い
   未来とか希望とか友愛とか都民の生活が第一とかみたいな
   鼻でせせら笑うような戯言が虚しく飛び交うだけでしょうね。

   全く以て見事なまでの消去法な選挙。
   都民が気の毒でならないです・・・。







 ~Who in?~    ーーー儀之捌拾肆ーーー


  圧切長谷部/へしきりはせべ


 その昔織田信長が、無礼を働いて膳棚下に隠れた茶坊主をこの刀で机ごと「圧し切り」(押しあてるだけで切ること)で成敗したと伝わり、それにより「圧切」と呼ばれており、引かずとも押し当てるだけで切れるほど鋭い切れ味の刀とされる。黒田官兵衛(黒田孝高)が小寺政職の使者として信長に面会し中国征伐の策を提言した時に、それに対する褒美として、信長は自分が用いていたこの刀を与えた。                                      (ウィキペディアより引用)

   

    今日の断末魔

  「ちょっと前のあの自衛艦との衝突事故で、漁船の分が悪くなった途端
    ほとんど新聞でもニュースでも見かけなくなったな。えげつないわ・・・。」



            ーーーーーーーーーーーーーーーー・・・

   
      

   
   

      
   
   

      
   
      

   
   

   
   

   

   
   
       
   
   
   
   
   

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事