平安京エイリアンの『うち弁慶な勧進帳』

「コミック雑誌なんかいらない!」社会では 「ノンフィクション小説」が書けない

2013/12/16 20:00 投稿

  • タグ:
  • 秘密保護法案
  • ジャーナリスト論
  • 芸能界の二等兵
  • 特殊な一般人
  • 社会派



    「が過ぎ去った」と言ったのは時の日本国総理
    まぁホント「特定秘密保護法案」狂想曲はウルサイだけで
    全く中身が伝わってきませんでしたね。

    で、が消えた後に安倍総理が、夕飯時の団欒を狙い
    記者会見を開き説明責任をとりあえずは果たそうとする。
    ところが民放各局は国民の「知る権利」よりもスポンサー様との経済活動を重視し
    途中から何食わぬ顔でさらっとCMに移行してましたね。

    もしくはワイプで小さくおまけのように会見映像を映しつつ
    スタジオじゃ例によって反対を叫び恐怖をばら撒くだけの
    扇動番組をひたすら繰り広げるだけ。
    「報道の自由」と言うより「報道」が「自由」に好き勝手やってるだけの惨状・・・。

    振り返ってみればここ何週間は狂乱というか乱痴気というか
    まさに言葉通りにいわゆるネット上での「あらし」同様
    執着粘着でとにかく何が何でもこの法案を
    悪で毒でけしからんモノに仕立てあげたかったんでしょうね。

    理性知性もそっちのけ
    公平とか公正なんてどこ吹く風
    これぞ偏重放送。コレが偏向放送。
    ま、それは昨日今日に始まったことじゃないですけれど。

    ただその脅しの質というか煽りの内容
    どうにもこうにもお粗末すぎてね・・・。
    
    当然国家というか権力者の言うこと為すことが全て
    国民の為になんて思ってるお人よしさんはもうこの国には居てないでしょうけど
    今の日本の置かれてる立場と民主政権後の罰ゲームの様な内政・内情を見れば
    あの法案が100%国民に害悪をもたらすものだとは思えない。

    それなのにマスコミ連中ときたら相変わらずのテンプレートをコピペ、コピペ。
    「戦前の日本に戻った」とか「国家による監視・管理社会の始まりだ」とか
    「そのへんで立ち話をしていたら警察官にしょっぴかれていく」だとか
    
    普段はインテリぶって、やれ「マンガの読み過ぎでリアリティを見失ってる」だの
    「ゲーム脳のせいでまともな思考が働いてない」だの
    我々を蔑んだ目線で見下しているくせに
    なんとまぁ、幼稚チープ三文小説だこと・・・。

    さすがにそんなヨタ話につきあってくれる奉仕精神のある人は少なく
    世間的にそれほど盛り上がってこなかったせいか
    定番の道行く人への突撃インタビューは鳴りを潜め
    反対デモの参加者とか集会に集まった特殊な一般人奇声ばかり流してましたね。

    そしてこちらも定番でお得意な客寄せパンダ大作戦
    著名な作家映画監督、名のある役者女優といった手駒を引っ張ってきました。
    
    ただこの連中の本気度がまぁ伝わってこないこと伝わってこないこと。
    気合が入ってないというか気概が感じられないというか・・・。

    どこぞの食べもん屋開店記念に名前付きの花輪を置いたレベルというのか
    ソコの店長ツーショット写真付きのサイン色紙を書いてあげたとか
    自己顕示欲の塊のような集団のクセにこの件に関してはホント
    その他大勢のエキストラ役ぐらいの意識しかない、そんな感じですよね。

    だいたいが
    作家ならば、ペンで!
    役者なら、芝居で!
    映画監督ならば、フィルムで!

    熱い思いと魂を込めた自分の主義主張を研ぎ澄まし、牙を剥き
    それで社会をぶった斬り、時の権力者の喉笛に噛み付いていくってのが道理なのに

    おそらくはアゴアシ付きでイベントや集会にゲスト出演したり
    テレビ関係者等のしがらみ署名運動に惰性で参加したりと
    才も能もあろう方々が怠けてだらけて
    無力で無能でドジでノロマな我々でもできる事をするばかり・・・。

    ああいった姿勢を見てれば今の芸能界ダメさ加減がわかる気がしますね。
    ろくな本をかけない作家ろくな芝居ができない役者
    そのうえろくな演出ができない映画監督とくれば
    ダメダメダメの三重殺(トリプルプレー)だ。

    で、結局弱ったもん同志が寄り合い慣れ合いもたれ合い
    読者、視聴者そっちのけの楽屋オチみたいなシナリオしか書けなくなる。
    救いとすればリアルな世界には視聴率興行収入なんてシビアな数値はないから
    どんだけズッコケても誰も責任をとらなくてもいいことか。


    後は、やたらとうるさかったのが
    「知る権利報道の自由がおびやかされ奪われることになる。」 
    っていうお決まりのフレーズ

    コレに関しては何をそんなに憤って絶叫しているのかが分かんない。
    こんなものの解決策というか対処法はしごく簡単でしょう。

    そう、おびやかされようが奪われそうになろうが
    きっちりとこれを守り、きっちりとそれを伝えていけばイイのですよ。
    マスコミに携わっているアナタ達、ジャーナリストが!!

    だいたいなんですか?
    「知る権利」とか「報道の自由」ってのは
    安倍政権から戴いて与えられているモノなんですか?

    違うでしょう。
    これは我々が生まれながらに常に当然に手にしている権利です。
    例え国家や権力者がおびやかし奪おうとしても
    それを手放す道理なんてコレっぽっちもございません。

    故に何を「奪われる」だの「報道がやりづらくなる」だのと
    甘えた泣き言を仰っているのですか!?
    国家や権力者が圧力をかけ暴力を振るおうとも
    アナタ達がジャーナリスト名乗るならば立ち向かっていかなければオカシイ

    束縛され傷つけられ、生命すら危険にさらされようと
    我々の「知る権利」の為に「報道の自由」を貫いてくださいませ。
    ジャーナリストとはそういった使命覚悟を持った人のことでしょう。


  
    と、熱く語ってみましたが、どこぞの国ならいざしれず
    日本では、ま、そんなことありえない社会環境になりました。
    いくら多数派を占める政権与党が「数の暴力」とやらを振りかざしたトコロで
    根っこからひっくり返るような変革はありえないでしょう。

    ところが、当のマスコミの方々はそうは思っていないようで
    日々自分達から溢れ出る被害妄想に追い掛け回されてるようで・・・。

    「が吹けば桶屋が儲かる」なんてフレーズがあります。
    これは「風が吹けば」と「桶屋が儲かる」の間にあれやこれやと
    いろんなフラグ立てイベントが詰め込まれているのですが
    マスコミの言ってることは全くと言っていいほど内容がないスカスカ

    ま、「安倍が動けば、右に傾く」大原則で騒いでるだけなんでしょうが
    とかく曲解、とかく脚色。 錬金術士のような手際で話を作る。
    そりゃ、国家も大切な情報のリークに歯止めをかけるのも致し方ない。
    国民に伝えてほしいことが全く伝わらないんだから。
  
    今回の法案も要は安易タレコミするバカな奴らに釘を差したんでしょ。
    これがもし「マスコミに取材するな」なんて法案を出したならば
    それこそ今の数十倍数百倍のボルテージ
    「けしからぁーーーーーーーーーーーーーん!!」っていう怒号も納得できます。

    しかし別に「取材するな」なんてことは言ってないんだから
    ガンガン関係者各位突撃すればいい。
    本来取材なんてのはいかに相手からヒミツを聞き出すかが肝。
    ジャーナリストのの見せどころでしょ。

    それでもしも逮捕されたのなら
    「ありがとう、人柱。よくやったぞ、人身御供。」ですよ。
    総力を上げて現政権違法性凶暴性を世間に知らしめて
    次期選挙では皆で審判を下しましょうぞ。


    う~ん、どんどんマンガみたいな話になっていく感がありますが
    ほんとこの話をしてるとリアルから遠ざかっていくんですよ。
    マンガみたいな世の中になってしまったんですかね。

    昔はに秘密保護法あたりで規制されたであろう情報を元に
    小説舞台映画なんかに上手に脚色演出
    架空の世界のお話で現実の恐怖や脅威を再現していた作品が数多くありました。

    ところがその担い手にならないといけない連中が今の時代は・・・。
    印税視聴率興行収入しか頭にない芸能界の二等兵
    
    「コミック雑誌なんかいらない!」社会にプラスして
    「ノンフィクション小説」も書けない世の中か。

    


              ・・・・・・・・・・ゲームでもするかね・・・。
    






 ~Who in?~        ーーー儀之漆拾玖ーーー


  フランベルジェ/ふらんべるじぇ
   


 刀身が波打つ剣の総称であり、主に片手剣の場合を指す。刀身の揺らめきが炎のように見えるため、炎を意味するフランス語のフランブワン(flamboyant)にちなんでこの名前がついた。その特殊な刀身が肉を引き裂き、止血しにくくするため、一般に殺傷能力が高い。衛生事情が現代と比べ物にならなかった時代には、破傷風などに感染して死ぬ例が多かったという。     (ウィキペディアより引用)




   今日の断末魔


   「ゲームがクリア目前になると、なぜか名残惜しくなってきて
              プレイする頻度が減ってしまう悪い癖。」


                   ーーーーーーーーーーー・・・
 


 
    
    
    
     

    
    
    
    

    

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事