6666AAPのブログ 

6666AAPがMMD杯から離れた理由

2018/03/05 21:10 投稿

コメント:207

  • タグ:
  • MMD


のっけからタイトル詐欺ですみません。
第20回は参加しましたので正しくは離れていた理由です。
ちなみに、離れていた理由が解消したわけではありません。
参加してから言わないとうるせーOBみたいになっちゃうからです。


この話題なかなか触れたがる人が少ないのですが、この際はっきり言います。
MMD杯は衰退しました。正確には、参加する人が減りました。
(もっと突っ込んだ言い方も出来ますがやめておきます。)

なぜ参加者が減ったのか。

なぜか一番詳しいはずの投稿者の人達が口を噤んで
外部の人が断定調で語ってる事が多いんですが
本当のところは誰にもわからないと思います。
「これが原因」と確定するのは容易ではありません。

けれど、私が離れた理由。


こればっかりは私が知っていますのではっきりしています。
今日書くのはその事です。
こんな感じで離れた人達が一斉にぶっちゃけたら
いつか本当の理由がわかるかもしれませんね。



知らない人は来ないと思うのでさらっとだけ触れますが
MMD杯とは3DソフトであるMMDを活用した動画を投稿し合い
期間内のマイリス数を競うイベントです。

元来、MMD杯はMMDの普及を掲げて立案されました。
なぜ「MMD祭」ではなく競技性のある「MMD杯」なのかというと
すごい動画がすごく伸びればイベントやツールの認知度が高まるからです。

MMD杯の競技性は作り手にすごい動画を作らせる装置として有効に機能しました。
勝負事は多かれ少なかれ誰しも勝ちたいと思うし、その為に努力するからです。
そうして今までどれだけすごい動画が作られてきたかはあえて言うまでもないでしょう。

(先にこの「勝ちたい」という言葉を少しマイルドに表現しておきます。
 駅伝やマラソンとかで沿道で選手に並んで必死に爆走してる残念な一般人がたまにいますが
 あれ、怒られなきゃ1回やってみたいと思った事ありませんか。
「勝ちたい」ではなく「負けてたまるか~!」というのが正確な表現かもしれません。)


投稿者の「負けたくない、認められたい」という競争心や功名心、
視聴者の「誰が勝つのか」というワクワク感、

このあたりが杯が大きくなる要因、
というか大作が集まる要因として大きかったと思っています。
そもそもメジャーな娯楽というのはたいてい勝ち負けを設定しているものです。
(もちろん東京マラソンみたいにガチ勢エンジョイ勢が共存しているケースもあります。)

事実としてMMD杯は最盛期にはタグ検索数40万超
この手のユーザーイベントとしては最大規模に成長しました。
衰退しきった今でさえまだまだ大手です。
結局人間は競い合うのが好きだし見るのも好きなのです。
昔からMMD杯の検索サジェストで上位に来るのが「優勝」だったのも
それを端的に示しているでしょう。今は「衰退」ですが。



「あくまでお祭り、勝ち負けはおまけ」
こんな欺瞞をまさか馬鹿正直に運営が信じていたとは思わなかった。



上記はずっとMMD杯で言われてきたスローガンみたいなものですが
実態はもっと複雑なのです。
この辺の機微を理解しないままの議論ははっきり言って何の価値もありません。

過度の競争でギスギスするから、後述の有利不利が大き過ぎるから、
少なくとも表向きはお祭りとして盛り上がろう、
勝ち負けは俺らだけで拳で語ろう、という不文律が出来上がっていった。


私はそう解釈しています。
サンプルが偏っていますが、私の知ってる凄い動画を作る皆さん、
大作をぶつけ合いイベントをけん引してきた皆さんは競争大好きです。
鎬を削る事も切磋琢磨する事も好きなのです。
(だからこそ凄い動画を作れるようになったのだと思いますが。)


そして競争が公正な形で成立しなくなった結果が今の有様だと思います。
具体的にはジャンルごとの有利不利とマイリス工作です。
(実はもとから公正でもなんでもなかったのですが。)

ジャンルと言うのは東方とか艦これとか元ネタ別だけじゃなくて
アクションとかPVとかお笑いとか感動とか、そういった題材ごとでも分けられます。
実は再生時間や投稿時間帯にも有利不利があります。
そしてそれぞれのジャンルが持ってる「基礎点」は全然違います。
ジャンルごとの再生やコメントの格差は2倍や3倍では済みません。

物凄く極端な事言うと
オリキャラの動画は膨大なファン層を抱える大手ジャンルの二次創作には勝てません。
しんみり系のPVはどんなに完璧に仕上げてもそこそこ以上のお笑い系には勝てません。

持っている客数が違うのです。クオリティが高ければ伸びるなんてのは幻想です。
(無論、同一ジャンルなら高クオリティの方が勝ちますが。)

こうしたジャンルごとの格差は動画サイトの宿命だし
本当に勝ちたかったら有利なジャンルや題材を選べばいいわけで
一概に不公平とは言えません。
これは私が第4回で強烈な憤怒と引き換えに学んだ事です。

しかし、特定のジャンル同士以外で
公平な競争が成立しない状態を放置したのは運営の落ち度です。
今のMMD杯は無差別級しかない柔道大会
もしくは自由形しかない水泳大会のようなものです。
もっといろんな選手にスポットを当てる方法があると思いませんか。
現行のテーマ枠、何の役にも立っていないと思いませんか。

「テーマはこじつけるもの」

別にこじつけるなと言ってるんじゃないんです。
そもそもこじつけでいいなら最初から設定しないでほしい。
テーマを適当に設定する事がどれほどの損失かわかっていますか。

たとえば仮に。
テーマ枠が「アクション」「PV」「笑い」「感動」~ 
あるいは「東方」「艦これ」「ボカロ」「アイマス」~
だったとしましょう。

タグを追うだけで目当ての動画が凄く探しやすくなると思いませんか。
部門賞の条件が公平になって、いい感じで競争になると思いませんか。
ニコニコの数少ない長所であるタグ検索には
「各々が好き勝手に編集出来るせいで検索性がまちまち」という弱点がありますが
投稿イベントはそれを強制できるという強力なアドバンテージがあるんです。
目当てのタグを上から順に漁るだけでも遥かに検索性が増すはずなんです。
ウケ狙いの意味不明なテーマで1タグ消費している場合じゃないんですよ本当に。


そしてマイリス工作について。
どちらかというと一番の害悪はこれなのですが
これの責任の所在を杯運営に求めるのは酷だと思っています。

マイリス数での決着方式は「MMD杯を大きくする」という目的に限っては最善手です。
なぜなら、ニコニコのランキング方式がマイリス重視だからです。

「マイリスが多い動画を評価する」というルールは
作り手にマイリスの多くなる動画を作ろうという意識をもたらします。
すると必然的に、マイリスを多く集める動画が集まります。
臆せず言うなら、ランキングがMMD杯だらけになるのです。
当然認知度も大きくなります。余所の投稿者には気の毒ですが。

その点では個別投票方式は「MMD杯を大きくする」という目的に関してはおそらく不足です。
「投票という面倒な行動を厭わない熱心なファン層」を満足させる動画を作るのに
どうしても作り手は内向け、コア層向けのネタに引っ張られるはずです。
平たく言うと「信者票」をかき集めようとします。
また、大衆に媚びた動画への反発票も発生するでしょう。

実際、投コメに貼ったURLをコピペしてまで外部サイトに飛んでくれるお客さんは
10万人あたり2000人しかいません。マイリスボタンを押す人よりも遥かに低い割合です。
ランキングで強い動画と投票で強い動画は多かれ少なかれ絶対にズレます。
これは「イベントを最も大きくするルール」にはなり得ません。
(ランキングのシステムが変わるならこの限りではありませんが。)

故に不正なマイリス操作さえ無ければ
マイリス数での決着に関しては私はそこまで変えるべきとは思っていません。
理想を言うなら「プレ垢マイリス数」とかで決着する事ですが。
(1000マイリス操作するのに月々50万円かかるので。)

工作対策を怠った咎で杯運営が非難される風潮が根強いですが
工作犯という頭の腐った連中への対処はニコニコの運営の仕事であって
責任を追及されるべきはマイリス工作を行ったクズ共、
そして対処しきれなかったニコニコ運営です。(頑張ってはいましたが。)

しかし、例の「マイリス工作容認」とも受け止められかねない杯運営のブログは
状況を最悪にしました。
前後の流れからすると競争を容認しているようにも否定しているようにも見えて支離滅裂です。
どういう意図での発言だったのか未だにわかりません。

何ですか?あれ。

「本来は伸びない、ウケない動画」がウケると誤認される事がどれほどの害悪か。
せっかくの面白い投稿者が「伸びない、ウケない題材」に引っ張られる事がどれほどの損失か。
工作がどれほど動画サイトを腐らせるか。どれほどガチの投稿者に憎まれているか。
真剣にモノ作った事あれば理解できると思うのですが難しい事でしょうか。

何も本気で杯運営がこの点を理解できない唾棄すべき救い難い無能とは私も思っていませんが、
大イベントの運営として、
「情報の受け手の心の動き」に対してあまりに無頓着ではなかったでしょうか。

 ルールの不備を放置し競争の重要性を理解しようとしなかった。
 作り手の競争心、功名心を軽視し続けた。
 何百時間も毎日ダブルワーク状態で骨身を削って作った作品の評価が
 愉快犯の気分で歪められる怒りに寄り添おうとしなかった。


このあたりに作り手が離れていった一因はないでしょうか。
私は離れました。
ネットDQNどもへの忌避感という大きな問題は
警察やニコニコの仕事なので追求する気はありません。

ただ、付け加えるなら今のニコニコ運営は
深刻なトラブルが予見される動画に関しては「検索から除外」という対処をしています。
(ニコニコは元々「なんでもあり」を許容する場ではないし、そうすべきとも私は思いません。)
今回でも該当がありました。
杯運営はこれ知ってるんでしょうか。何もしなかったようですが。

今のニコニコ運営は昔みたいな消極策や放置を是としません。
彼らは本気でニコニコを変えようとしているし、
その一環でMMD振興策を真剣に検討している最中です。
ずっと超パを手伝ってた縁で私もいろいろ意見を聞かれます。
変わる気無いなら私はこちらに肩入れするつもりです。



それと、ここからは漠然と思ってた現行の杯の変なところです。
主に工数削減関連です。

実は5回の後で謹慎していた時に杯運営入り打診があったのですが
大変そうなので辞退した経緯があります。その節はすみませんでした。
ただ、運営が大変なのはそもそも変えるべきではないでしょうか。


・運営マイリス24時間シフト
投稿される動画を随時見張って迅速にマイリスする為に
交代制で24時間シフトを組んでたらしいですが
これ、必要ですか?
昔ならともかく今のニコニコのタグ新着ってかなり反映早いですよね。

本当にMMD杯動画かどうか逐一確認しているなら確かに必要な措置ですが
だったらあらかじめ
「運営マイリス作業は19時~24時に行います!」とでもアナウンスしておけば
自然とその時間帯に投稿が集中したはずです。
時間外の投稿者からも文句は出なかったでしょう。
(そもそもコアタイム以外での投稿は基本下策です。)


・トロフィー個別贈呈
今も専用のトロフィーモデルを受賞者一人一人に贈呈しているかと思います。
個別連絡のコストが馬鹿にならないと思うのですが
これ、セルフサービスで十分じゃないですか?
名前だけ掘ってまとめてアップして該当者がDLで事足りますよね。
仮に受賞者じゃない人がトロフィーDLして何かトラブルになる事態が想像できないんですが。

今までいただいたトロフィーモデル、大変凝った造形の物が多数ありました。
公開されたのは毎回数十人くらい。果たして有効活用されているのでしょうか。
申し訳ない事に私自身とても有効活用出来たとは言い難いです。
だったらニコニ立体とかでいろんな人が見れるようにした方が
モデラーさんにとっても良くないですか。


・選考委員発表
なぜか事前に発表せず開幕直前とかでサプライズ発表というのが常態化していますが
なんでこんなもったいない事をするのかわかりません。
「〇〇〇賞あるなら絶対参加したのに!」という投稿者は何も出来ないですよね。


・運営賞
「〇〇で賞」をいただきました!と報告する羽目になる作者の気持ち考えた事あるの?
このふざけた賞名はわざわざ合議制で決めてるんでしょうか。
数字によらない名作の掘り起しという目的があったはずですが
運営が嫌われてる現状、何の支援にもなっていないですよね。
受賞作だから伸びるなんて事も無い。

だったら明快に基準を決めて「〇〇賞狙い」が出来るようなテーマを設定すべきでした。
「30秒以下の動画で500マイリス」とか。
機械的に決定するなら作る側も狙いやすく、納得感が出やすく、該当者も増え、
同カテゴリのリンクタグとして機能し、おまけに会議もいりません。

大人数で合議制で会議だシフトだ対外交渉だと運営が大変なのは理解していますが
その大変さは果たして本当に必要なのか再考していただきたいものです。
「運営が大変」だったら誰も運営したがらないし意見も言いづらくなるし
そもそも作品作りで忙しいガチ勢はなおさら何も言わないですよ。
そういう競技者目線が一切反映出来なくなっていた事が不幸の始まりだと思います。


本当はもっとボロックソに書こうといろいろ考えていたのですが
久しぶりに参加してみて少し気が変わりました。
もっと早くこうしておけば良かったです。



最後に。
これまでMMD杯の問題について関心をはらい、あれこれと議論してきた人達。
状況を変えよう、行動を起こそうと呼びかけてきた人達。
彼らもまた、作り手が自身を守る為、あるいは界隈を守る為に心の奥底に仕舞い込んだ
「競争心」や「功名心」について一切触れようともしませんでした。
これに言及できない、競技者目線で考えられない人達に
少なくとも私は動画を預けたいとは思いません。

ましてや運営を引き摺り下ろす為なら大勢に迷惑をかけるやり方を平気で選択する。
論外です。
荒らしや愉快犯ですらないというのが信じられませんでした。

仮にそれで運営が入れ替わったとして。
「気に入らない相手は危害を加えていい、無関係の人間が巻き込まれても構わない。」
支援したいと思いますか、こんなクソみたいな思考の連中を。
我慢できると思いますか、そんなゴミ運営の「実績」になる事に。

その程度の客観視もできない人間が杯運営を笑えますか。

「杯運営を挿げ替えれば全て解決する」
そんな単純明快な話など存在しない事をご理解ください。



それと我が身かわいさに今まで沈黙し続けた投稿者ども。
私も人の事は言えませんが、ツケは払いました。
黙っている事が本当に最善かよくお考えください。


長文お疲れ様でした。ありがとうございました。


6666



※並べてみました。






コメント

ゲスト
No.243 (2018/03/25 01:29)
>>242
>> オメガは基地外、ただそれだけだろう
>> で、逆にオメガ一人の行為が艦これ厨全体の意思だとするのであれば、
>> 尊師系もそうなるし、他ジャンルもそうなるだろうに

でもおまえ「尊師系は皆荒らしで基地外だから」ってずーっと言ってるじゃん?
「尊師系は全員悪い」って言ってるくせに「艦これは個人の責任」って随分手前勝手な理屈じゃん?
おまえの理屈で言えば「艦これ」は「オメガを輩出してやりたい放題した杯衰退の原因」だぞ?
艦これだけには随分お優しいんだなあ泣けるわw


>> TPOをわきまえない
>> アンチ活動
>> 犯罪行為
>> 騙り
>> 煽り
>> 荒らし

なあこれ抜き出してて違和感感じなかったか?
全部「艦これ」も満たしているということにw
というか「艦これ厨が... 全文表示
ゲスト
No.244 (2018/03/25 01:46)
>>242
>> MMDを広めるというのも目的の一つの大会で、視聴者を切り捨ててどうするんだって話なんだよ
>> SNSでのやり取りなんてほとんどないだろ、ニコニコのコメント並みにコメントに溢れるリツイート等見たこともないw
>> 簡単に書き込める手軽さがその場で感じた感想をダイレクトに伝える事が出来るシンプルな手段なんだよ


おまえは本当にいつから時間が止まっているんだ?
おまえの言うことが正しければニコニコ動画は衰退していないんだよ
Youtubeだって盛り上がってないし、Twitterも盛り上がらずに終わった。
現実はどうだ?「お手軽」がウリのはずのニコニコは衰退して
「質」がウリのYoutubeは全盛まっしぐらだろ?

ちなみにMMD杯改善案の中には「ニコニコそのものから脱却する」というのがある。
... 全文表示
タケちゃん
No.245 (2019/01/03 15:36)
プロマガのコメント欄に長文書く人は99%無能だと自覚した方がいいよ
意見があるなら自分でプロマガ記事を起こせばいいだけなんだから
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事