61式Pのブロマガ

ブロマガ初めてみました コメント返し編

2013/02/01 06:46 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません
というわけで、新機能を今更ながら初めて見ましたw
しかも...何を書いていいものか考えていませんwまぁ、ここでは動画にできないことやコメント返しなど色々とやっていこうと思います。
まずは、コメント返しから
T-90解説動画から

「30で少量ってw」
まぁ、確かに30両という数は年10両前後の調達を続けている日本などと比べれば、随分少ないように見えますが、実はそうでもないんです。まず考えて欲しいのが、アメリカの約1.7倍の国土を持つロシアにとってどれだけ戦車が必要か...ということです。
大国ともなればその広大な国土を守るためには数が必要です。端的な話ですが、アメリカとニュージランドにそれぞれ300両の戦車を配備したとします。アメリカからすればあの広大な国土を守るのには300両は少なすぎますが、逆にニュージーランドは狭い島国であり地形的な問題もあり300両は多すぎます。守る地形によって必要とされる戦力は大きく異なってくるのです。
まあ...この30両という生産台数はに関しては、あくまで退役していくT-62やT-72を更新するための車輌とも言えますが。
続いてチャーチル歩兵戦車解説動画から

「でもチャーチル歩兵戦車は対日戦ではM3やM4戦車に比べて重装甲だから問題にならなかった」
最初このコメントを見た時「チャーチルって対日戦で投入されてたか?」と思い再度資料を調べた所、チャーチルは対日戦での投入はほぼ無く、
例外的に大戦末期の1945年4月28日に1両のチャーチルがビルマ(現ミャンマー)に駐留していたスコットランド龍騎兵近衛連隊(通称第3キャラビニアーズ)に試験配備されラングーン攻略を目指した第33軍団の先頭として投入さました。戦闘記録に関しては残されていませんが、これが唯一の対日戦におけるチャーチルの投入といえるでしょう。
まぁ、こんなところかな。今後ブロマガが続くかはわかりませんがよろしくお願いします。

コメント

ume
No.1 (2013/02/01 19:20)
動画だと尺のせいで説明しきれないとこが判っていいな
ZEKE52
No.2 (2013/02/01 20:22)
コメ返しありがとうございます。
こんな補足があると楽しみが増えてありがたいです。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事