東方伊曽保物語

共犯

2014/10/06 20:59 投稿

  • タグ:
  • 東方
  • 小説
  • 上白沢慧音
  • 蓬莱山輝夜
  • 東方伊曽保物語

慧音が辿りついた時、既に炎が竹林のあちこちへ燃え広がっていた。乱れ飛ぶ火花が足元の闇を幾度も照らす。
火中をかき分けて奥へ踏み込むと、簾(すだれ)のような黒髪を腰まで垂らした和装の者が立ち尽くしていた。
「輝夜。お前がこの火事の下手人だな」
輝夜は鈍い反応で振り向き、焦点の揃わない眼差しで慧音の顔を見つめたが、やがて我に返ったような表情で首を忙しなく振った。
「いや、これは、その、違うのよ。私はこんなこと、そう、主犯は他にいるわ」
「主犯?」
「ええ、ええ。私は物を燃やすなんて小汚い真似はしない」
掴みかからん勢いで捲し立てる輝夜に、慧音はそれもそうだと相槌を打ってみせた。地面のあちこちには黒い焦げ跡が広がっている。
「犯人はあっちの方へ走っていったわ」
だが慧音は、そう言って足早に去ろうとする輝夜の手首を思いきり引き寄せた。
「逃がすと思ったのか? 共犯者」

  おわり


『タカとナイチンゲール』より


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事