東方伊曽保物語

幸運のクローバー

2014/09/09 23:44 投稿

  • タグ:
  • 東方
  • 小説
  • 因幡てゐ
  • 霧雨魔理沙
  • 東方伊曽保物語

「四つ葉だよー、四つ葉あるよー」
大通りの一角に木箱を構えたてゐは、くしゃくしゃになった四つ葉のクローバーを並べて道行く人に声を掛けていた。だが人々は一瞥を送るだけでそのまま通り過ぎてしまう。どうにもならないと思ったてゐは単調な呼び声を一旦止めて、息を吸い込み、木箱の縁に手を突いて身を乗り出した。
「さーあこちらはなんと、持っているだけで豊かになる幸運のクローバーだよー」
四つ葉の一本を手に取り、萎れているのもお構いなしに右へ左へ振り回す。すると、向こうから黒い三角帽子の少女が歩み寄ってきた。
「どうしてそんなものを売るんだ? 自分で持っておけばよいものを」
てゐは塊を吐くように笑った。
「いつどこで幸運が叶うか判らないじゃない。私は今すぐ利益が欲しいのさ」

  おわり


『神像売り』より


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事