東方伊曽保物語

自分の本は自分で守り

2014/07/10 23:07 投稿

  • タグ:
  • 東方
  • 小説
  • 小悪魔
  • パチュリー・ノーレッジ
  • 東方伊曽保物語

小悪魔が赤い絨毯に寝そべって本を読んでいると、椅子に座ってこれまた本を読んでいたパチュリーが、視線を宙に向けた。
「あーあ。明日は誰か知り合いに頼んで、あの外道魔法使いから本を取り返さないとね」
小悪魔はパタパタと足を揺らしながら、「そうですね」と語尾を伸ばした。

小悪魔が本棚に向かってはたきを振り回していると、向こうで陶器の揺れる音がした。棚と棚の間からそっと覗くと、パチュリーが机の上に拳を作っている。
「明日は、私の力を総動員して対策を練らないといけないわ。お金を出して優秀な用心棒も雇いましょう」
小悪魔は、目を輝かせてパチュリーに駆け寄った。

  おわり


『ヒバリとその雛』より


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事