東方伊曽保物語

物で釣る泥棒

2014/07/06 22:46 投稿

  • タグ:
  • 東方
  • 小説
  • 霧雨魔理沙
  • アリス・マーガトロイド
  • 東方伊曽保物語

瘴気の深い魔法の森にあってさえ草木が茹(ゆだ)りそうなほど、今日は猛暑に見舞われている。魔理沙は早々にキノコ狩りを諦め、森の奥に建つ一軒家へ静かに立ち入った。魔理沙の予想通り、どこかの隙間から冷気が漏れているかと思われるほどに涼しい。魔理沙は帽子を傍らに置き、玄関先の壁に身体を預ける。ふと、ちらり廊下を見ると、小さな小さな金髪の人形が扉の影から魔理沙を窺っている。魔理沙はこっちこっちと人形をおびき寄せた。
「なあ、これをあげるから黙っておいてくれないか」
魔理沙は懐から、穴の開いた切り株のようなものを取り出した。仄(ほの)かな甘さが辺りに漂う。魔理沙はスポンジのように柔らかいそれを一つ千切って、人形に手渡した。人形は暫し切れ端を見つめていたが、やがて再び魔理沙を見上げた。
「こんなもので釣られるわけないでしょ。私の大切なご主人様に申し訳ないわ」
魔理沙は思わず鼻から息を洩らした。
「アリス、お前はかわいそうな奴だな」
魔理沙は再び帽子を被り、ゆったりとした足取りで廊下の奥へ入っていった。

  おわり


『泥棒と番犬』より


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事