東方伊曽保物語

チルノのもと

2014/06/06 23:19 投稿

  • タグ:
  • 東方
  • 小説
  • チルノ
  • 紅美鈴
  • 東方伊曽保物語

照りつける日差しの下、チルノは手品のように氷を出して悦に浸っていた。
「こんなに暑いのに氷を操れちゃうなんて。きっとあたいはとてもできる子に違いない」
それから門番の妖怪に戦いを挑むと、完膚なきまでに叩きのめされた。薄れゆく意識の中、チルノは喉のつかえが取れるのを感じた。
「ああ、そういえばあたいって妖精だったんだ」

  おわり


※『ラバ』より


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事