東方伊曽保物語

西行寺隠れ蓑

2014/05/14 23:52 投稿

  • タグ:
  • 東方
  • 小説
  • 西行寺幽々子
  • ミスティア・ローレライ
  • わかさぎ姫
  • 東方伊曽保物語

日の当たる和室にて、西行寺の娘はミスティアの生足を咥えていた。新入りのわかさぎはミスティアに問うた。
「あなた、引っ張り出してあげましょうか」
逆さまのミスティアは畳に手を突きながら答えた。
「心配いらないわ。かれこれ三時間もこんな感じなの。きっともうお腹いっぱいなのよ。下手に這い出たところでお腹を空かせた他の誰かに捕まるし、そうなったら今度こそひどい目に遭ってしまう。ここにいるのが一番安全よ」

御令嬢の食慾は無尽蔵だった。

  おわり


『キツネとハリネズミ』より


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事