東方伊曽保物語

101匹こぁちゃん

2014/01/26 22:00 投稿

  • タグ:
  • 東方
  • 小説
  • 小悪魔
  • パチュリー・ノーレッジ
  • 東方伊曽保物語

あるところに、小悪魔で溢れかえっている家があった。パチュリーはそれを見つけると外縁の結界を抉(こ)じ開け、片っ端から小悪魔を捕らえまくった。
小悪魔たちは変態魔法使いの配下になるのを恐れて、屋根裏に逃げ込むと力を合わせて強力な結界を張った。パチュリーは小悪魔が全く収穫できなくなってしまったので、その場で腕を組みあれこれ思案した。そうして、パチュリーは魔力が切れたのを装い、フローリングの上にへなへなと倒れ込んだ。
一匹の小悪魔が恐る恐るパチュリーに近づいてきた。
「たとえ貴方が塵と埃になっても、絶対に近寄りませんよ」
小悪魔は冷ややかな声を浴びせ、静かに立ち去ろうとした。そのとき、パチュリーはむくりと起き上がってその小悪魔の尻尾を掴んだ。

  おわり


『ネコとネズミたち』より


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事