東方伊曽保物語

チルノのアイスクリーム

2014/01/25 22:00 投稿

  • タグ:
  • 東方
  • 小説
  • チルノ
  • レティ・ホワイトロック
  • 東方伊曽保物語

滝のように降りしきる雪の中、チルノは人里を訪れた。平屋に挟まれた通りは一面に雪が積もっていて、降雪の奥に見える人影は少ない。
踵(かかと)でこするように雪面を踏み越えていくと、左手の向こうに開け放しの店を見つけた。庇(ひさし)をくぐる。店の中央を陣取る傾斜の付いた台の上に、茶色や白の小物が並べられている。近づいて目を凝らす。簡素なカステラ、煎餅(せんべい)、金平糖などが、透明な瓶に詰められたり和紙でくるまれたりしている。店の壁は濃い茶色の板材で覆われている。
ふと気が付くと、紺色の着物を纏う女性がチルノの横で微笑んでいた。
「店の人?」
女性は柔らかく頷く。女性は、こんな雪の日にお客さんなんて珍しいと喜び、店の隅にある壷から白い何かを掬い取ると、ワイングラスを平たくしたような硝子製のカップにそれを入れた。
「これは何?」
差し出されたカップの細い持ち手を掴み、チルノは首を傾げる。女性は跳ねるような声でアイスクリームよと答えた。
「へえ」
まあるく盛りつけられた肌理(きめ)の細かいカスタードアイスを、チルノは新種を発見したかのようにしげしげと眺める。それを見た女性は穏やかな笑みを零した。

結局、チルノは一切アイスクリームに手を付けないまま、湖までそれを持ち帰ってきた。しばらく頭を抱えて悩み込んだのち、チルノはひときわ雪が積もったところに穴を掘り、アイスクリームを容器ごと中に入れ、雪を埋めて蓋をした。
「ちょっと」
満足げな顔でその場を去ろうとした時、背後からさめざめとした声が飛んできた。振り返ると、雪色の襯衣(しんい)に青いカーディガンを羽織る白帽の少女が、氷のような瞳でぼんやりとチルノを見ていた。
「そんなところに置いて、春になったら融けるんじゃないの?」

  おわり


『二匹のカエル』より


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事