東方伊曽保物語

寅丸と彼女の監視者

2013/08/21 23:20 投稿

  • タグ:
  • 東方
  • 小説
  • 寅丸星
  • ナズーリン
  • 東方伊曽保物語

説法を終えた夕下がり、命蓮寺の縁側で風に当たっている星にナズーリンが寄ってきて、声をかけた。
「なあご主人。
 民衆の信仰を浴びているのは他でもないご主人だよ。だったら、師弟とはいえあの僧侶に特別遠慮をする必要はないんじゃない?」
星はそれを聞くとふっと息を漏らして笑い、西の空を眺めながら言葉を返した。
「ナズーリン、あなたの言い分も尤もです。
 けれども、私は、天に祈るあの御姿を拝見するだけで、身の震えが止まらなくなってしまうのです」

  おわり


『仔ジカと彼の母親』より


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事