今日のチラシの裏

XSR155にリアキャリア装着してみた

2020/10/19 00:34 投稿

  • タグ:
  • XSR155
  • バイク
先日購入したXSR155



当然のごとく国内未販売モデルだけあってかパーツが少ない
とりあえずの積載をとタナックスのフィールドミニシートバック
それを愛用してきて冬を迎えそうなのだが・・・

鍵が無い

当たり前と言えば当たり前だ
ただのバックにそんな機能はない
サイズ等は満足しているしドリンクホルダも備わり万能である
だがヘルメットも入らないし、撥水ではあるが防水ではない
となるとホムセン箱かリアボックスだ
その前に乗せる荷台として、何はともあれリアキャリアが必要だ



BEYONDブランドで展開しているバイク屋Chopsさんで購入
リアキャリア 税込 21,780円




どっちだよ

まあ悩んでも他に選択肢は無いし、こういうのは小さいものに合わせるものだ

追記~問い合わせたところ紙の方の6kgでいい模様
Chops WEB Shopでも既に修正済み





2りんかんで購入
GIVI E350N2 値段は忘れた12000~15000円くらい?
容量35L まあ1Lくらい増えても問題ないやろ
本体+取り付けベース合わせて3.7kg
耐荷重3kg まあ合計最大6.7kgだが700gくらいええやろ

そんなこんなで材料はそろったので早速取り付けてみる



まずいきなり5CCも減ってるけど大丈夫なのか? 本当に
サービスマニュアルなんぞ持ってないし
ググっても説明書の英語版のPDF程度しか見つからなかったので
適当に分解して装着

なかなかよきかな
バイク素人でも1時間半程度で注視しながら確実に進めて
この程度なので手馴れてる人ならもっと早くできると思う
一つ気になった点は


このステーを取り付けるときにステーとほぼ同じ厚さのワッシャーが出てきたことだ
特に言及もないし、写真ではステーに隠れて付いてるか不明だったために
フェンダーの位置調整も兼ねてると思い、取り外すことにした

追記~問い合わせたところ外しても構わないとのこと

取り付けた感想としては


すごく・・・おおきいです・・・

この34L制限は見栄えのためにあったのではないかと思うくらい大きくは見えた
とりあえずリアボックスも取り付けていくらか走行してみたが
最初に想定していたヘルメット入れとしてはしっかり機能してくれている
温泉に行くときに余計なジャンパーとプロテクター入りジャケットを
まとめて投げ入れても十分な容量
無論その場合、流石にヘルメットはハンドルにかけぜるを得ないが
リアキャリア自体はガタもなく取り付けできたので品質自体は安心できると思える

しかし最大の欠点としては購入前から写真で薄々思ってはいたが
グラブバーになる部分
これにシートバックがのしかかる形になるので形状的にも荷重的にも
事実上シートバックとの併用は不可能に思える
併用できればリュックを背負わず1泊2日程度の旅まではカバーできるかなと
妄想していただけにこれはいただけない部分だった



とはいえキャンピングシートバックを使用した本格的キャンツーは現状予定が無いし
その場合キャリア取り外してそっちにすればいいやと思うくらい
日常では使いやすいこっちの方が気楽ではある
普段はボディバックやリュック
さらに身軽で行きたいならタンクバックでも使うといいかもしれない
まあこれでもう1段安心したツーリングできる権利を買ったと思えば
十分な投資になったとは思う

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事