ほっこり競馬予想屋さん

新年一発目!! ゴールドシップ 引退 

2016/01/14 00:44 投稿

  • タグ:
  • ゴールドシップ
  • 引退
  • メイショウサムソン
少し遅いですが、あけましておめでとうございます。
正月に体調を崩してしまい、ようやく戦線へと復帰しましたw

それではまず昨年の有馬記念の振り返りでもしますかね。
結果は・・・・・・( ´・ω・)y━。シラけるわ~
もう少し、レース全体の流れが動くかと思いましたが、ゴールドシップが最後のパフォーマンスを魅せてくれた時も他の馬(騎手)は知らんぷりww。
スローの縦長で中山、後方組が届く訳が無い。それは前日の競馬でもはっきりしていました。
だからデムーロやルメール、蛯名、横山、が速攻で前の好位置をおさえましたよね。
あそこで一緒にいかんと、回って終わりだろ(憤怒!)仮に行ったとしてもそれはそれで厳しい事には変わりありませんが、やはり有馬記念というビッグイベントなだけに、馬券を買っているお客さんがたくさんいる訳ですよ。ダメもとで一緒に動いて仕掛けていかないと、話にならないしそれで負けてもお客は納得できます(ある程度は・・)。それが4角手前まで全く動き無しとは・・・さすがに呆れました。そもそも仕掛けのタイミング一緒だと後続のインサイドについてる馬は何も出来る筈がないんじゃないでしょうかと・・・。

それにくらべて・・・・蛯名騎手はナイスというかさすがのジャッジでした。マジで。
差し馬で大外枠の牝馬を4着に残すんだから最高の騎乗だったと断言します。
ゴールドアクターは展開が上手くハマったのは言うまでもないが、最後は騎手の気持ちで押し込んだ感じに見えました。吉田騎手を素直に称賛します。あれだけは本当に見ごたえがあった。サウンズオブアースも軸にしていましたが、最後まで外人騎手にもっていかれるのはさすがにね~。

もう少し愚痴りますが・・・ラストインパクトの菱田はさすがになかったな~。
馬は完璧に仕上がっていただけに・・・有り得ない。有馬記念のフルゲートで絶好とも言える内枠、しかも前残り馬場!!それをあんなに下げて勝負出来る訳が無い。最初から有利なオプションを全て捨てて負けにいくようなもの。これはもう結果論の話じゃないぜ。川田騎手がラストインパクトに乗っていた時はほとんど前で勝負していました。結果もそれなりに出ていた。それから馬が成長して充実期に入り、ムーアが見染めてJCに乗せて欲しいと頼み2着。その勢いでみんなが欲しかった内枠を有馬記念でゲット!!松博厩舎も最後の有馬記念だったから、メイチの仕上げ。全てが無になりましたね・・
当然、私のお金も無に帰りました(´Д`)y-本当に残念だが騎手の差がモロにでたわ~・・
今度角居厩舎に転厩するので、もう少し人選を考えて欲しい。まあ、元来ムーアがJCからそのまま騎乗の予定だったのでしょうがないですけどね。本当に惜しまれるというか絶好のチャンスを逃したと思っています。せめて関東所属の騎手でお願いしたかった・・・(´Δ`)=3

さて、そんなこんなで無事にゴールドシップ号は怪我なく引退する事が出来ました。
改めて、戦績を見直すと実に似たような馬がいる事を思い出しだました。
「メイショウサムソン」です。

※メイショウサムソン
①前の世代に三冠馬がいる(ディープインパクト)
②2歳でデビュー、2歳重賞で2着
③皐月賞が戦績で最も人気を落とす。6人気だった。勿論、優勝。
④2冠達成
⑤皐月賞、東京優駿、天皇賞(春)、天皇賞(秋)、宝塚2着、JC3着
⑥凱旋門賞惨敗
⑦有馬記念で引退8着(同じ)


※ゴールドシップ
①前の世代に三冠馬がいる(オルフェーヴル)
②2歳でデビュー、2歳重賞で2着
③皐月賞が戦績で最も人気を落とす。4人気だった。勿論、優勝。
④2冠達成
⑤皐月賞、菊花賞、天皇賞(春)、有馬記念、宝塚記念(2勝)
⑥凱旋門賞惨敗
⑦有馬記念で引退8着(同じ)

だから何という事はありませんが、何故かサムソンを思い出しました。無事にいい仔が出せればいいですね。記念馬券も買いましたw。札幌でこども達が勝ち上がる事を期待します。


2016年度の競馬をざっくり振り返り

中山金杯  
◎マイネルフロスト ※ここが絶好の買い時だったけど、2着では・・・
○フルーキー    ※まだ余力あったし、展開があれでは・・・
ヤマカツ切りで×  ※きっちまったぜ ort

京都金杯
疲労の為、予想中止

シンザン記念
◎ロジクライ   ※データで完璧に捕捉。
○ピースマインド ※意味不明・・・頼みますよ本当に( ´Д`)
▲ジュエラー   ※いや~この3点でいったから正直、辛い・・・

とこんな感じです。やっぱり浜中騎手は関西だと一枚抜けてますね。オールマイティーな最高ランクの騎手と比べれば、それは色々と足りない面があるのはいなめない。ですが、川田騎手もそうですが、ここぞで勝負出来る腕があるのは間違いありません。やや腕に見合わないオーダーを受けていますが、ぶっちゃけ他の騎手と比べれば全然いいと思います。

シンザン記念で3着内の牝馬は高確率でクラシックで走ってきます。ジュエラーのあの脚は凄かったですね。間違いなく桜花賞で勝ち負けするレベルでしょう。

参考データ
シンザン記念~牝馬(4-3-2-××)
1着
シーキングザパール  ※NHKマイル1着
ダンツシリウス    ※チューリップ賞1着
フサイチエアデール  ※桜花賞2着、エリ女2着
ジェンティルドンナ  ※牝馬3冠、JC1着
2着
ロゼカラー      ※秋華賞3着
ホッコービューティー ※エルフィンS2着
ダイワスカーレット  ※桜花賞1着、秋華賞1着、エリ女1着
3着
フィールドサンデー  ※白梅賞1着
マルセリーナ     ※桜花賞1着

こんな感じです。今年こそは大きい馬券取りたい(切実)

今週は間に合えば重賞の予想でもしようと思います(・◇・)ゞ



















コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事