ほっこり競馬予想屋さん

2016年 東京優駿(日本ダービー) ディーマジェスティ2冠 ほぼ確定!!

2016/05/29 09:43 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 日本ダービー
  • 東京優駿
  • 2冠馬
  • ディーマジェスティ
  • 競馬

今回の勝負レース 東京10R 東京優駿(日本ダービー)
参照データ 1990年~ からのデータを使用
レース概要
今年の3歳馬最強決定戦。スピード、スタミナ、精神力が問われる八大競走の中でも最難関のタイトル。良くダービーは運も必要と言うが、それは負けた陣営の良い訳。そもそも、枠順や展開によってある程度左右される皐月賞の方が運の要素が大きい。ダービーは歴代の勝ち馬を見れば分かるが、運じゃなくとにかく強い馬が勝つ。皐月賞は1人気の信頼度はそこまで高くなく、まさに勝った馬が強いというレース。逆にダービーはこの馬は強いと多くの支持を得た馬がそのまんま勝つ。展開や馬場に左右されるような馬じゃ勝ち切るのは無理。それだけに1人気の圧倒的な勝率よw。国内最高峰のレースであり、まさに競馬の祭典と言えよう。


レース傾向
1人気馬
①皐月賞から直行(12-4-2-3)←圧倒的過ぎる・・・。こんなG1なかなか無いぜ。該当馬 ディーマジェスティ
※サイン抜きに、相当の強さを持っているのは皐月賞で実証済み。データからも1着固定で狙える。
②それ以外(4-1-0-0)←何も言いますまい。黙って買え!!

2人気馬
①皐月賞から直行(2-2-0-15)←過信は禁物。負け方が半端ない・・・・・。
該当馬 マカヒキ
※負けた15頭+2着だった2頭は皐月賞3着内。逆に勝った2頭は皐月賞で掲示板を外していた。データ上マカヒキはとても危険な人気馬となる。昨年のリアルスティール、トゥザワールド、ロゴタイプ、ゴールドシップ、サダムパテック、古くはコスモバルクやキングヘイローなどなど・・・。有力馬をあげればキリがない。
②それ以外(0-2-0-5)←こちらも同様に全く信頼が置けない・・・・。

3人気馬
①皐月賞から直行(4-2-3-8)←こちらはまずまず。皐月賞からの巻き返しが目立つ。該当馬 サトノダイヤモンド
※3人気はだいたい五分の成績。今回のサトノは軸の1頭で問題ないだろう。
②それ以外(1-3ー1-4)←シルクジャスティス、シンボリクスエス、ゼンノロブロイ等

NHKマイル組
①NHKマイル4着内(3-0-1-14)←勝ち馬(タニノギムレット、キンカメ、ディープスカイ)
該当馬 ロードクエスト、レインボーライン
※相当ハードルが高い。ダービーでも1人気になるレベルの馬じゃないとまず圏外濃厚。②NHKマイル5着以下(0-1-0-28)←アサクサキングスのみ(菊花賞馬)
該当馬 ブレイズスマッシュ、イモータル
※まあ、参加する事に意義がある馬がほとんど。消しでOK

京都新聞杯組
①京都新聞杯1着(2-4-1-9)←割と頑張っている。昨年のサトノラーゼン、キズナ等該当馬 スマートオーディーン
※京都新聞杯で1人気だった馬は、全てダービーでも3着内だった。要注意!!
②京都新聞杯2着以下~(0-0-0-××)←過去1頭も連に絡んでいない。切り
該当馬 アグネスフォルテ

青葉賞組
①青葉賞1着で1人気だった馬(0-6-0-8)←2着率高し!!2着に入った馬は菊花賞でも走ってくる。
②青葉賞1着で2人気以下(0-1-1-9)←ここはハードルが高い。素直に消そう。
該当馬 ヴァンキッシュラン
③青葉賞2着以下(0-0-2-××)←大穴。穴狙いなら紐に一考の余地あり
該当馬 プロディガルサン、レッドエルディスト、マイネルハニー

皐月賞組
ほぼ人気通りの内容なので省略(1~3人気参照)。掲示板を外した馬はよほどの馬じゃない限りダービーでも圏外濃厚。勿論、過去に巻き返している馬もそれなりにいるのだが、今年はめぼしい馬がいないので省きます。

馬券対策

展開
今の府中の馬場は時計勝負用に仕上がっている。前回、説明した通りダービーで2分23秒台の決着の時は、先行~中団前目でほぼ決着する。スタミナ、スピード、末脚抜群の有力馬にこのあたりをポジられると後方待機組はどうしようもない。そのまんま粘られて終わる。皐月賞はデムーロが上記の事を踏まえ、先行させそのまんま粘り切る作戦を取ったが、リオンディーズの気性がそれを許さなかった。結局、コントロールしきれず掛ってしまい終始ハイペース。後方待機していた2頭のワンツー決着を許した。そう考えればリオンも相当強い競馬をしたと考えていい。よって、展開を握るのはデムーロとリオン。今回は前回の事を考慮して、ガッツリ後方から終い勝負に賭けるだろう。もしくは馬群に入れて中団当たりでひたすら折り合いに徹する競馬。どちらにしろ、前半は緩いペースで流れる可能性が高い。今年に限っては最初に流して行くと先行勢は4角迎えた時点でゲームセットを意味するからだ。動くのは直線迎えてから、ここから壮絶な叩き合いが繰り広げられるだろう。

本命(勝ち負け)☆CMサイン馬1枠1番
ディーマジェスティ
※皐月賞の勝ちっぷりからも大本命と言わざるを得ない。見事に1枠1番を引き当て(偶然?必然?w)堂々の1人気に。肝心なのは位置取りのみ。あまり後方に取り過ぎると大外回すか馬群の中を割っていくリスクがある。今回は6~8番手くらの中団インベタで様子見ながらがベストだと思う。心強い事に、大外枠、最内枠に入った時の蛯名騎手は持ち前の実力をいかんなく発揮するスキル持ち。何故なら決め打ちで乗れるから。選択肢が狭まるので、やる事が決まっておりそれだけに集中出来る。そうなった時の蛯名はまさに勝負駆け。

対抗(逆転可)
サトノダイヤモンド ☆CMサイン馬(皐月賞3着)
※状態メイチ。スピード、スタミナ、精神力3拍子揃っている。なにより精神が安定しているので掛る事がない。今回もある程度前目で勝負してくるだろう。前回はその王道競馬が逆目に出たが、ここはそれが正解。最後の勝負どこでもうひと伸びすれば届く馬はいない。ディーマジェの鬼脚をどこまで封じ込めるかだけが鍵。

危険(要注意)
スマートオーディーン
※確実に成長しており、勢いのある外部勢力。戸崎騎手としても東京の方が乗り易いだろう。勝ち切るまではさすがに厳しいが3着紐までと考えれば十分可能性あり。

抑え(十分圏内)
リオンディーズ
※能力だけならメンバー随一。デムーロとリオンが合致してゾーンに入れば、当然勝ってもなんら不思議は無それだけの底力とスピード、強烈な末脚を併せ持つ。とにかく折り合い次第、スタート前に大歓声が湧く大舞台で興奮してしまうと危険。それで出遅れれば逆に、いいかもしれないが。とにかく怖い1頭ではある。

大穴(激走注意!!)
エアスピネル
※大穴では無いがこのメンバーなら穴候補。距離はギリギリの範疇。とにかく展開次第、上手くスローになれば可能性あり。距離適性だけが問題であって馬の能力は高いので、条件付きだが3着拾える可能性はあり。

危険な人気馬
マカヒキ
※意外かと思われるかもしれないが、今回データ上最も危ないのがこの馬。過去に弥生賞(スプリングS)勝ち負け→皐月賞2着→ダービーで2人気。これでどれだけ多くの一流馬が4着以下に負けてしまった事か・・・・。とにかく一番信用が置けないパターン。マカヒキの最大の弱点は展開に左右されるという点。前で勝負すれば関係ないが、現状末脚一辺倒なのが唯一無二のウイークポイント。どうしても外に回す分、ロスがあるし今日は前が止まらない。逆に中盤で溜めている馬は更に脚を伸ばしてくるのでこの馬がどう頑張っても、届かない可能性が高いのだ。勿論、能力はかなり高く末脚は強烈である事を疑う余地は無い。紐で抑える分には問題無いが軸には出来ん!!デムーロなら間違いなくここ一番でギャンブルしてくるので前で勝負してくるだろうが・・川田騎手だと・・う~ん。ないな。


さて、皆さん。今年のダービーは多くの方が1枠1番に注目していたと思います。嵌った馬は皐月賞馬ww。もう十中八九決まったもんですな。しかし!!今年のサインの傾向としては2着になる事が多いので油断は禁物。今年も2冠馬が誕生するのか?蛯名騎手が悲願のダービーを取る事が出来るのか?二ノ宮厩舎は既に凱旋門賞まで見据えているでしょうね。とにかくこれで春のG1クラシックもひとまず決着を迎えます。黄金世代と呼ばれている現3歳勢の頂点に立つ馬がどの馬になるのかしっかりと刮目しましょうか(*ゝω・)ノ

おまけ
※過去2~3冠馬が誕生した翌年の成績
1983年 ミスターシービー 3冠馬
1984年 シンボリルドルフ 3冠馬
1985年 シリウスシンボリ (トラブルにより皐月賞未出)

1991年 トウカイテイオー 2冠馬 ※骨折により菊花賞は未出
1992年 ミホノブルボン 2冠馬 ※菊花賞2着
1993年 ウイニングチケット (皐月賞1人気で4着)

1994年 ナリタブライアン 3冠馬 
1995年 タヤスツヨシ   (皐月賞4人気で2着)

1997年 サニーブライアン 2冠馬 ※骨折により引退
1998年 スペシャルウィーク (皐月賞1人気で3着)

2003年 ネオユニヴァース 2冠馬 ※菊花賞3着
2004年 キングカメハメハ (NHKマイルC1着)変則2冠

2005年 ディープインパクト 3冠馬 
2006年 メイショウサムソン 2冠馬 ※菊花賞4着
2007年 ウオッカ      (桜花賞1着)変則2冠

2011年 オルフェーヴル  3冠馬
2012年 ディープブリランテ (皐月賞3人気3着)

2015年 ドゥラメンテ  2冠馬 ※骨折により菊花賞は未出
2016年 ※今日ここ

傾向としては2冠馬が出た翌年も2冠馬(変則含む)が出やすいと言う事かな。
これはあくまでも参考程度に・・(^u^)


コメント

ファラ様
No.1 (2016/05/29 12:26)
CMはそう言う流れでしたかあ
2冠ありだよなと思ってたので1番は納得なんですがFBでサニブライアンだったので
前売りで後塵記してたのが1人気になったのが気にイラニャイ・・^^;
友引ですので同枠3着内含めて1ー2枠から流してみました。スマートはいってまーす
山ちゃん (著者)
No.2 (2016/05/29 16:14)
ファラ様、こんにちわ。今週こそはさすがに取ったのでは^^
結果はマカヒキ&川田&金子軍団の優勝でございました。
それにしてもディーマジェが2冠どころか、まさかの3着とは・・・・がっかりです。
今回は川田騎手の騎乗を褒めるべきですね。お見事でした。
やはり上位5頭・・いや3頭が芝2000~では相当抜けてますね。リオンとエアスピネルはマイル以下なら古馬でも通用するレベル。しかし、金子オーナーは恐るべしですなww

コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事