モンハンTRPGを作るログ

調合書を持つと攻撃力が上がる 20200802 MHTRPGテストプレイ

2020/08/05 11:25 投稿

  • タグ:
  • モンスターハンター
  • TRPG
  • オリジナルゲーム
  • ゲーム制作
狩猟回数:3回
所要時間:約6時間
参加ハンター:ランス、ズィーガー、ヘビィ・D、ジン、デュガリ
狩猟対象:ドスゲネポス(0/3)、ドスゲネポス(1/3)、ゲリョス(2/3)

 逃亡のチェックと逃亡阻止、小樽のチェックなどをやる予定でした。

一戦目
 力尽きたハンターこそ存在しない物のクエストは失敗扱いに。レコードシートの記録も破棄したため存在しない一戦扱い。主な原因としては逃亡のレベル補正。
 ハンターランクが上がると逃亡のレベルも補正されるため、逃亡時の探索レートが非常に高くなりデッキ消耗が激しくなってしまうと言う事で、バランス面でリセットをかけました。
 修正案として以下が提案されました。

逃亡レベルを1に揃える。
落とし穴は相打ちでも効果を発揮する。

二戦目
 という事で上記を踏まえた上で再チェック。ペイントボールの効果で1になる点を考慮すれば落とし穴は勝利でも構わないのではないかという事で再調整。
 終了後小樽の案が出ましたが、メタアイテムとして存在する意味はあるが、テストする意義は無さそうという事でスルー。
 問題はテスト中に発生したボマーの扱い。
 爆薬を調合しながら攻撃を行うと、調合書が効果を発揮してしまい3役上昇が確約されてしまう割と致命的なバグを発見。急ぎ修正案を用意して、調合書の文言を変更する方針に。

三戦目
 GMを変更してのテストプレイ。
 毒沼での戦闘だった訳ですが、毒沼のフィールド効果である瘴気を打ち消すには毒消しが必要と。ただし、毒消しは飲用であり、瘴気は抗菌を持たない限り飲用のアイテムが使用不可と言う事で、毒消しでは事実上瘴気を打ち消すことが出来ないというこれまた割と痛いバグに。
 また、毒の効果が不明瞭という事でもう少しわかりやすいシンプルな内容への調整が求められ、解りやすく属性ダメージ、毒無効を持っていたら属性のダメージ分は無効、倍化を持っていたら倍ダメージという案を提案。この辺りはまた来月にでもチェックします。

感想
 1戦毎にそれなりにヤバいバグが出るという極めて珍しい一日に。洗い出しが出来てよかったんですが、逆にバグが出過ぎて大笑いしてたという……w TRPGでバグって出るんすね?w
 直すポイントはそれなりに対策も出せた形なので来月までには手直しして行けると思います。

今回の修正点
  • 小樽
    • 枠がそもそも持てない
      • 持てそうな人はLBぐらいだがそもそもLBは後衛に攻撃が可能
    • ただし、増援のメタとしてアイテムの存在は必要であるため、データは作成しておくこと
      • 起爆には使えない
    • 50zぐらい。傾向上限10ぐらい。
  • ゲネポス
    • 情報開示レートに不備
      • 命中時にしびれる情報は、白兵が判明した際に既に開示されているためスートいずれかの開示変更のこと
  • 調合書
    • 調合時の調合難易度の参照時に所持している数だけ役を上昇させる
      • ボマー所持時に、調合しながら攻撃すると役の底上げがされてしまう不具合が発生したため
  • 逃走
    • 各1レベルで固定
      • サイズ補正時に探索レートが上がりすぎるため
      • ペイントボールが命中している場合、ペイントボールの効果を優先する
  • 落とし穴
    • 逃走のメタアイテムとしすること
    • 対決に勝利することで相手の逃走を防ぐ
      • ペイントボールである程度対策が取れるため
    • サイズごとの値段は以下の通り
      • 200
      • 400
      • 600
  • 毒消し
    • 飲用を消去
      • 瘴気のフィールドでは飲用が使えないが毒消しで消去できる
      • が、毒消しが飲用である為消去できない
    • 属性として統一
    • 毒による追加ダメージとして明記し、毒無効を持たない限りは1から3のダメージを追加する
      • 属性ボーナスとして考えると3までが妥当
    • 毒倍化は毒属性によるダメージを倍にする
  • 抗菌パック
    • 名称はまた後程調整するとして
    • 飲用のアイテムを保存する抗菌の袋。クエストに持っていくことで抗菌と同等の効果を得る事が出来る。
    • クエスト使い捨て。
  • 回復アイテムの定義がない

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事