Joy to the blomaga...

ニコ生で高音質(?)を目指す

2014/05/13 03:10 投稿

  • タグ:
  • ニコ生
  • HE-AAC
  • AAC-LC
  • MP3
  • NLE
  • XSplit
  • FFmpeg
  • 高音質

今年2回目の更新!
niconicoネタがないんだからしょうがない。

音声コーデック

音声コーデックと言われて「何それ?」って思う人もいるかもしれません。
でも"MP3"って言われたら?「あー知ってる知ってる」って人が多いはず。
画像にJPEGやGIF、PNG等の形式があるように音声にも種類があるっていう感じです。
ニコ生で一般的に使われているコーデックは「AAC-LC(AACとだけ記載されている場合もある)」「HE-AAC」「MP3」の辺りだと思います。他にも「Speex」なんていうものもあります。
Niconico Live Encoder(NLE)やXSplit Broadcaster、Open Broascaster Software(OBS)、Adobe Flash Media Live Encoder(FME)と配信ソフトはいろいろありますが、全てのソフトで全部のコーデックが使えるわけではありません。

比較

複数種類があるとなれば、「じゃあどれが一番高音質なの?」という流れになるわけですが、そこで一つの参考に上の動画を紹介。
ビットレートに制限がないのであれば、MP3やAAC-LCの128kb辺りは配信ならこれぐらいの音質でも十分だね!っていう音質になってると思います・・・。制限がないのであれば・・・。
そうニコ生には384kb/480kb(時間帯によって制限が違います)というビットレートの制限があります。
もし音声に128kb振ってしまうと、映像に振れるビットレートは256kb/352kb(時間帯によって違います)になってしまう。
音質が良くても画質が悪くなってしまいます。
じゃあビットレートも節約でき音質もそれなりにいい、動画でも推しているHE-AACがいいなとなるかと思いますが、このコーデックは対応している配信ソフトが少ないという別の問題点があります。
じゃあどれがいいのか?!

MP3

MP3が使える配信ソフト:OBS、FME、FFmpeg
一番、有名なところでMP3から説明。
エンコードとしては有名なMP3ですが、ニコ生で一番ユーザーが多いであろう"NLE"ではMP3を使うことができません。
ビットレートも高音質を目指すなら128kb以上。それ以上上げたいかな?というニコ生ではなかなか使いづらいところ。

AAC-LC

AAC-LCが使える配信ソフト:NLE、XSplit(有料)、OBS、FME、FFmpeg
次にAAC-LCです。ニコ生で使われている配信ソフトでは大体のものが対応しています。
というかNLEなんかはこれしか選べません。
ただ、これもMP3同様に高音質にしたいのであれば、128kb以上のビットレートが欲しいところ。192kbくらいまで上げれば十分という感じです。

HE-AAC

HE-AACが使える配信ソフト:FME(有料)、FFmpeg(要:自前ビルド)
比較動画を見て低ビットレートでも高音質のHE-AAC。「これ!これが使いたい!」と思った人もいるはず。
ですが、使える配信ソフトがかなり少ないです。FMEは有料で別途お金を払わないと使えない。
FFmpegってのは聞いたことない上に自前ビルドっていうのをしないといけない・・・だと?!
ということで、かなり敷居が高いです。

総評

極めたい!というのであれば、FFmpegの自前ビルドが一番ビットレートを節約して映像・音声バランスのとれたものになると思います、画質なんかどうでもいい音質さえよければいいんだ!っていうのであれば、MP3の320kbくらい振ればかなり高音質になると思います。ただし画質は動くとモザイク状態になると思います。

比較動画みたいに視覚的に音質を比べてみたいという人は「WaveSpectra」というソフトを使うとみることができます。
ただし、配信中にこのソフトで見ても配信前の元の音質になってしまうので、別アカウントで自分の放送を見ながら(聞きながら?)じゃないと意味がないです。

リンク

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事