それさえもおそらくは平凡な日々

黒き甘えとロードス島戦記とステラ氏の三角関係

2014/12/21 12:15 投稿

  • タグ:
  • MSX
  • 配信リレー
ブラックエンジェルズとうマンガをしらない人はいないでしょう。
私がはじめて読んだのは、拾ったジャンプでたまたま見かけたのだったと思います。ちょうど関東破滅地帯のはじまりのころで、登場してすぐのムサシという主人公級と思われるキャラが死んで怖いマンガだなぁと思った記憶があります。

「地獄に落ちろ。」

雪藤の暗殺シーンが印象に残っている人が多いでしょうが、私達に真に強烈なインパクトをあたえたのは、女性たちの陵辱シーンではないでしょうか?

「ケダモノ・・・」

というジョディのセリフは小学生当時の遊び仲間の間では密かなネタになっていたものです。

ただ、私が最も印象に残っているのは、雪藤が放浪の旅にでた初期の頃にアルバイトをしていた飲食店のおねーさんです。雪藤はやさしくしっかりした彼女に憧れに似た感情をいだきます。しかし、彼女は、仕事帰りにやくざ数人にレイプされただけでなく、覚せい剤をうたれてしまいます。麻薬中毒にされてしまった彼女は、麻薬を買うお金を手に入れるために包丁をつかって通り魔殺人を犯すようになってしまいました。もう後戻りできないと判断した雪藤は彼女を殺しさよならを告げて旅にでるというお話です。

とても器量のよい清楚な女性が、乱暴されたあげく普通の人として幸せを全て失って堕ちてゆくという姿に、ハァハァと興奮をおぼ・・・、もとい、純真な心をまだもっていた私にはとてもショッキングな内容でした。

ブラックエンジェルズで印象に残っている話がもう1つあります。
それは、

「黒き甘え」

という回です。
甘やかされて育った人間が親に暴力をふるって金を奪い、それでも足りなくなったので犯罪を犯してお金をてにいれようとする輩を雪藤が殺すというなんでもない回です。ただ、黒き甘えという言葉の使い方が妙におかしく感じ、

「なんでも黒ってつけりゃいいってもんじゃないわっ!」

と心の中で突っ込んでいました。
ちなみに、ブラックエンジェルズはすべて『黒き○○』っていうサブタイトルがついていました。

そして、甘えという言葉で思い出したのが我が青春のMSXのコミュ主のステラ氏です。
彼は、ロードス島戦記を配信してくれるよう散々リクエストされているにもかかわらずまったくやろうとしない。そして、その理由が、

「もっていないから。」

というものです。
一見、妥当な理由だとおもうかもしれませんが、

「これは甘えである。」

と私は強く主張したい。
コミュニティの人数もかなり増えてきたことだし、やはりコミュ主にはコミュニティメンバーやリスナーの意見や希望を聞き入れて欲しいのである。最近は、次枠希望や延長枠の要望を簡単にスルーしてしまうステラ氏にリスナーたちも失望気味である。私はひそかにこの現象を

「黒き甘え。」

と命名していました。

さて、ここからが本題です。
ロードス島戦記はディードリットを仲間にいれてシナリオをある程度すすめると迷いの森に入ることができます。迷いの森というのはディードの故郷なので、宿泊するとディードのリラックスした姿、ぶっちゃけいちゃうと、

ディードリットの一糸まとわぬ姿のCG

を見ることができます。
ディードは別に堕ちてゆくような描写はないのだけど、聡明で清楚な女性があられもない姿になる。そのせいかわかりませんが、なぜか私は雪藤があこがれた女性を思い出します。ブラックエンジェルズとロードス島とステラ氏にはこのような微妙な三角関係が存在するというわけです。

さて、ここまで読んだ人は、このブロマガの内容の薄さにきっと失望しているであろうと思います。
でも、

「三角関係のつながり薄くて意味わからんわ。」

と思ったら、とりあえず私の狙い通りの感想です。ブロマガというのも毎日書くとだんだんネタ切れになってくるのです。

12月28日にMSXによるリレー配信を行います。


ステラ氏の実況動画の1つ

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事