+150mlなブロマガ

あべのアポロシネマは1100円(『この世界の片隅に』12月3日からあべので上映開始)

2016/12/02 05:10 投稿

  • タグ:
  • この世界の片隅に
ひゃぁぁぁぁ~
映画『この世界の片隅に』のHPをみていたら
12月3日からまた上映館が増えたw

今週末12月3日(土)より、以下の劇場で上映開始いたします!


《関東》

丸の内東映

USシネマ木更津


《近畿》

あべのアポロシネマ


《中国》

夢売劇場 サロンシネマ1・2

福山エーガル8シネマズ


あべのアポロシネマでやるとな!?
結構な思い出の地でもあるんだけど

ここはね・・・
ここは会員(無料)なら平日1100円でごわすぞww


しかし、アポロシネマか・・・
個人的には箔がついた感じw

他にあるとは思うんだけど
パッと思いついただけで

・109シネマズエキスポシティ(エキスポシティ内)
・大日イオンシネマ(大日イオンモール内)
・テアトル梅田(ロフトの地下)
・シネリーブル梅田(スカイビル)
・TOHOなんば別館(旧敷島シネポップ)
・あべのアポロシネマ(アポロビルのとこ)
・ムービックス堺(堺シーサイドステージ、僻地、amazonの倉庫の先)
・ユナイテッド・シネマ岸和田(行ったことが無い)

吹田~大日~梅田~難波~天王寺~堺~岸和田~

縦断してるのだけども

去年の「ラブライブ」の上映館のそれに近い
とは思うものの

世にいう有名な映画館が
TOHOなんば(本館の方のイメージ)、
古参枠でアポロシネマしかない


やっぱり、
梅田のテアトル系
難波のTOHOなんば・別館(旧敷島シネポップ)

は見劣りする。

テアトル梅田・シネリーブル梅田ともに
小~中規模の映画館というか
メジャーでない映画やアニメ映画を専門に扱う為
映画好きにはたまらない映画館だけども
映画を観ない人はあまりしらない。

それも、旧三番街シネマよりさらに奥にテアトル
スカイビルにシネリーブルだから
わかりづらいし、遠い。

梅田と言えば今や
ステーションシネマ・ブルク7・TOHO梅田なので
この3館で扱わない映画は不利だ
(ラブライブはステーションでやってた)

難波で映画といえば
なんばパークスシネマかTOHO難波
個人的には
なんばぱーくすが手広くやってる感じでサブカルの王道!主役に感じる。
(ラブライブはパークス)

しかし、あの旧南街会館がTOHO難波なんだから
知名度と設備は凄いもので
巻き返しにMX4Dと年末にIMAXを装備するらしい

けど、
今回の上映場所は先週チョロチョロみた結果
別館なんだよね

別館は旧敷島シネポップ
また奥まった所にあるわけだ。

この別館はそこまでメジャーではない作品
ロングランの末ここに来た作品というシアター

映画好きは絶対知ってるが、
映画を観ない層は
あーそうそう
ここ知ってるぅ~ぐらいの知名度でしかない。

ゆえに、弱い!

そこで
あべのアポロシネマである!

ゆうて古参であり、
名前もチョロチョロ変わってない
まぁ古い感は否めないけども

若者が主というより、
子供連れの親やおっちゃんおばちゃん
おじじにお婆が主体というのもいい!

何だかんだでメジャーなタイトルばかり扱っている場所なので
ここが上映するという事は
メジャーなタイトルに見えるという事だ

流石はアポロ目の付け所が凄いわ

しかし、
TOHOなんば本館・なんばパークスシネマ
ステーションシネマ・ブルク7・TOHO梅田でやらないとなると

これで大阪は最大戦力な気がする!

強大なスクリーンが使えないのは勿体無いけど
もっと口コミが広がればいいなぁ~と思ってまふ




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事