ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

+150mlなブロマガ

『劇場版 艦これ』を観てきたので、それのちょっとした感想&TOHOシネマズ梅田TCX11月26日(土)9:30初回艦コレの話

2016/11/27 03:42 投稿

  • タグ:
  • 劇場版
  • 艦これ
  • 劇場版艦これ
類似記事
(エンディングロール後を含めた感想
『劇場版 艦これ』を観た!(2回目)そして感じた・・・感想 )

昨日、『劇場版 艦これ』を観てきた。
(ゲームはやったことない、TVアニメを観ただけの人)
それのちょっとした感想を書こうと思ったけども

その前に、その観てきた回
11月26日(土)TOHO梅田 TCXの
9時30分の回(舞台挨拶ライブビューイング付)の話をする

そもそも、「劇場版艦コレ」は
今日観に行く予定だった・・・チケット買っちゃってたから今日も行くんだけども・・・

知人に土曜の回の初回ライブビューイング付だから観に行かない?と誘われ
席が空いていたTOHO梅田の虎の子「TCX」に
大事な6ポイントを消費し、無料ポイントを使って観に行くことになる・・・
当然明日のチケットは購入済みであるわけで、2日連続で観る事になった。

昨日書いた「この世界の片隅に」でポイントが云々というのは
ライブビューイング付きのコレの話であり
ホントは「この世界の片隅に」をポイントで2回みたかったわけで
(昨日からTOHO難波でもやるようになった)

さて、前置きはここまでにして
上映後
声優陣の舞台挨拶のライブビューイングを

うるさい舞台挨拶だなぁ~っと思いながら見ていたら
聞きなれない一言を発する

「エンディング後のシーンが感動した」(意訳)みたいなことを
声優の誰かが語った

ざわざわ・・・

そう…カイジかよ!状態である

なんせ私ら
「そんなシーン知りませんが!?」状態なのだ

上映後に舞台挨拶ライブビューイングがあるから
エンディング途中?終わり?でぶった切っているのである!!!

結構ぷっつり切ったなぁ~っとは思っていたけども
トイレを我慢していた
私は気にもとめていなかった

知人いわく
マジェスティックプリンスみたいになってたじゃん(劇場版のオマケボイスドラマ)
声だけ聞こえる状態、ラジオになってただったじゃんとの事
あーたしかに、
何か聞こえていたような・・・とも思うが記憶のかなたであるw

という訳で、全国がどうなってるか、
ツイッターも見ない私は知らないが
TOHO梅田ではしくじっているので

TOHO梅田のHP
重要なお知らせをクリックすると
【11月26日(土)『劇場版 艦これ』9:30の回をご鑑賞のお客様へ

該当の上映回にてエンドロール後に一部映像が映らない事象がございました。
恐れ入りますが該当回のご鑑賞チケットを上映期間中にお持ち頂ければ、再度のご鑑賞対応(12月3日舞台挨拶上映回を除く)をさせて頂きます。
楽しみにご来場いただいたにも関わらず、ご迷惑をお掛け致しました事、誠に申し訳ございませんでした。
「本件に関するお問い合せ」
劇場名:TOHOシネマズ梅田
電話番号:050-6868-5022
(AM10:00~PM9:00はオペレーターへ転送できます)
と出てくるので
観た人は半券を捨てないように

しかし…
3度目みるなら何かもらえる時がいいが

わたしは無料ポイントでみたし
半券もどっかいったような・・・

しかしまぁ、
映画での不具合は
テアトル梅田でみた
エウレカセブン劇場版以来だわ~(最後の所で音声が途切れ途切れになったw)
貴重な体験だね♪



という事で
ここからはちょっとした感想
明日も朝から観る予定・・・つまり寝なきゃいかんので
ほんとちょっとだけ書く、
てか梅田のやらかしついでなのでね


ネタバレ要素があるかもなので
ここからは注意
観る予定の人は立ち入り禁止

時間が無いし
超適当に書くので
文章の矛盾点、読解不能文章
誤字脱字・・・いつものことなんだけども
多々あるはずなので、
一切スルーか読まない事をおススメします。












感想はぶっちゃけ
「普通」


ストーリー的には
深そうで浅い感じ

よくあるテーマ性というか
名作でやったようなテーマを複数ほりこんでいる感じ

だから深そうに見えるのだけども
それでいて答えが出ているものもあって

スパロボプレイって言って伝わるかなぁ?
仲間内なら伝わったのだけども
まぁ~そうすればいいっという答えが出ている訳

ゴールがわかっているなら
浅く見えるので

浅瀬でチャプチャプ勢にみえたりする。


逆に最近のアニメしか観てない人は
深い物語に見えると思う。

(追記:これだけで「普通」というのは可哀想なので
私の考え方を書いておく。

この映画においてのテーマというか
光=希望(ネタバレ)
闇=絶望・後悔・嫉妬だったりする。

○○に対する表裏が重要で
何に対する表裏なのか?なんだけども

この作品においては戦闘する理由になっていて薄いけど
それは各自の状況があてはめたりできるので
万能な話でもある。

ただ、せっかく分離させたのだから
主人公はもっと希望な行動をすべきだし、言動もそうあるべきだけども
そういう事が一切感じられない
普通=希望になってるから、感想は普通になってしまってるのかもしれない。


まぁ、でも光闇っというのは
テーマ的には深そうだし
それでOKではあるけども
映画にしては結構安易である。

そもそも、
表が希望で、裏が絶望・嫉妬とかは
どのようなドラマにでも出てくるような普遍的なテーマであり
どんな作品でもやりえる話である

だが、ダメだともいってない
昨今の名作と言われるテーマでいえば

愛=悪みたいな、普段思っている逆の意味付けで
話を作るとセンセーショナルにみえたりする。

白=悪
黒=正義だとかさ?

色や光闇といったイメージは絶大だから
あえて逆張りにし、違った意味を付与する。
そういうので名作と呼ばれている作品が多いので

せっかくの映画なんだから
そういう小難しい所をあえて攻めるべきだと思ったわけね
光=希望
だと安直でしょ?

というか主人公が普通過ぎるのに希望だというと
え!?普通だよなぁ?取ってつけた感じになってしまうのです。
ED後のアレは個人的にはダメですがね)




なんていうか?
難しく言えば

・押井のスカイ・クロラの深そうなテーマをほりこんでる様に見えるけど
スパロボプレイすればゴールという答えが出ているから
葛藤で深いというより浅瀬


・劇場版まどかマギカでいう
愛の表裏
まどかが表でほむらが影

ウテナで妄想的にいうと
ウテナが光、アンシーが影だとして
ウテナがアンシーを理解して
学園から旅立つような(本編ではウテナが消えてアンシーが旅立つ)

もっと簡単にいうと
ドラゴンボールの
神様とピッコロ大魔王であり
再び一つになる事で云々

総じてよくある話



褒めるなら序盤の戦闘シーン

このブログで
TV版の良い所、ダメなところを書いたけども

良い所
ながとパンチ

ダメな所
プールで遊んでるように見える
艦隊じゃない
空撮描写を使え!

のダメな所を
上手く序盤ではやっていた

簡単にいうと
海を広く使っていたイメージである。

TVアニメだと
まぁーーー狭くるしく
固まって止まって戦闘をするっと言う感じで
そこらへんのプールでも同じだろ?みたいな感じだったけども

色んなカットで、空撮云々もつかって
車間距離wwwというか
広~~~く使って
好き勝手暴れさせていたと思う。

艦隊で並んで動くというのは
昔の写真でよくあるようなカットなので
ぶっちゃけ震える

でもまぁ、
私やってほしかった空撮は
よく資料館とかに残っている
真上からの豆粒に近い戦艦たちが旋回して海に軌跡を残して
爆雷やらを一生懸命避けている写真だったのだけども
それは一切なかったね?
それこそが観てわかる歴史の瞬間

死ぬか生きるかの瞬間なので
史実オマージュより大事だと思っていたのだけどね?


ただ、好き勝手やってたのは序盤だけで

後半になると
またみんなで集まってきて
狭く動き
横からのカットが多くなってしまった印象
それは
艦隊戦というイメージなのだろう・・・けども

どうも後半のそれらのカットが凄いっと言う人も多いとは思うが
見慣れない事をやってナンボなんだ

まぁつまり、
TV版での最終話で唯一よかった
長門パンチ級の意外性が全くないという事

動きが予想の範疇内
映画たるもの、想像できない何かをしなきゃいけない
同じ使い方をしないのが鉄則なのじゃなくて?



あとは・・・
黒いパーカーとか・・・
辛いんですっというを色でもアピールがちょっとやり過ぎ感があるかも
印象付け過ぎな感がある。まぁわかりよすぎる

そこは明るい色を選ばせるだとか・・・そういう辛さでも良い気がする。
最近じゃ
平気そうにしていて無理をしている感をどいう言う風にみせるのか?
というのが面白いじゃないかと
「この世界の片隅に」とかで思う。


あと、上にも書いたけども
声優の人達が
アレは史実であったシーンなんです!とか言うのは
なんていうか?
調べてね?何度も見てね?
というのはどうなのか?

知ってる人だけが楽しめる所なんだし
それはそれでいいじゃんとも思う

モデルがある=リアリティがあるというのも
昨今あまりよろしくない感じがする一つ

それは知識の話だしさ
観てわかる・感じられる物での史実オマージュというか?

さっきも書いたけども
私にとっての艦隊の映像は
アメリカ軍が撮った攻撃されている戦艦たちの
空撮写真とかだし

そういった写真とかに似せる=史実のオマージュなのではないか?とも思う。
観てわかる物というのを多々入れるできではなかろうか?


っと
ゲームもやっていない人がグダグダいってるだけでした

という事で今日はここまで
今日もまた観る予定となっております。




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事