+150mlなブロマガ

ドラマ「重版出来!」1話をみる。(感想)

2016/04/13 00:00 投稿

  • タグ:
  • 雑談
先ほど「重版出来!」をみた。

原作は月刊スピリッツとのこと

去年は
時折月刊スピリッツを手に取ったりしてたのに
全く知らんかったww

というか、
去年?アニメーターの漫画ものってたよね?
毎号やってなくて、はなれちゃったんだけども
シカコが、匂いがどうこうってやつ・・・
アレが気になって時折連載欄をみてたんだけども

いやー雑誌派になると困っちゃうよねぇ~


さて、肝心のドラマである。

アニメみてる人なら「SHIROBAKO」じゃん!
というような感じ・・・なんだけども


かなり違う雰囲気

俳優・キャラクターを見る限りでは
ドラマ「アオイホノオ」に近いというか?

アオイホノオで「お!」っと思ったような事が
出てきてる分、中々よろしぃ~



さて、個人的に「SHIROBAKO」と違う理由を少し

SHIROBAKOはアニメ業界の人ができるだけ普通であるように
個々のキャラクター性・仕事の白黒を極力オブラートに包んで、


ね?普通の会社でしょ?としている


特殊な産業なんだから
特殊性を出せばいいのに!と思うのだけども

普通にする!という感じだった


序盤は新入社員目線にしてるからブラックに見えないような工夫や
凄い変わったキャラクターを「少し変な人もいるけど」で終わらせて

あくまでクリーンで、
普通の社会人を描いている。

アニメは元々絵であり
現実っぽく見せたいなら、真面目にするのが一番なのかもしれないけども
そこらへんを大胆にできなかったのかなぁ?という思いと

全然アニメっぽくない作風なのに
ここぞってことろは「格ゲーパロ・交通違反スピードでの運転」という
詳しくやりたくない部分をアニメにしてボヤカシた感じで
なんだかなぁ~と思っていた

しかしながら、

ドラマのコレは
キャラクターを立たせる。
少し異質な雰囲気を出す為に
個性を前面に出している。


対比にはちょうどいいキャラクターがいたので


SHIROBAKOの○×社長が野球のユニホームで
ドラマの編集長が虎党だったりする。

同じようなキャラクターがいるのに


明らかに社長のユニホームは誇張せず
編集長は野球・トラを誇張する。


ここの部分だけで、
キャラクターをどのように描く、
どのような雰囲気にして作るのかがわかるにゃ~

まぁドラマは真面目に行くかやり過ぎるか?ではあるけどもね


私は自分の想像できない何かというか
実際ほとんどが想像できないのが
現実というものなので
キャラクターは常識ギリギリアウトで立っている方がいいと思っている。

という訳で
私の思う違いはここまで

あとは、実写ならではの背景・小道具の情報量が多いというか

凄いね!


実物があると全然違う。
ドラマ「アオイホノオ」でも思ったけども

実際漫画を描く、
書いている部分を見せる
というのは

凄いクル!

それが小道具なんだから、みせてくるし、
会話もキャラクターを多々出しているので

掴みづらいかもしれないが、
その情報量の多さが
雰囲気と主人公を上手く語っている。

小道具漫画のスタッフはみてなかったけども
「ゆうきまさみ」っぽい何かだった。

アオイホノオみたく
誰々の絵は使えないから
別の人が本物そっくりに完コピでもしてるのかな?ともおもったけど
アレはドラマ用のオリジナル漫画っぽいからなぁ~
後でググって確認してみよう・・・


あと、主人公、
何となくだけども、
週刊の方の「スピリッツ」
「忘却のサチコ」っぽい主人公だなぁ~みたいなぁ?

サチコを実写化したら
これっぽくなるきもする…

とりま忘れてなければ(みれたらだけど)
来週もみよう

誤字脱字は勘弁
赤霧島飲んで寝ます。

追記:見逃しw
スピリッツのカラーページに
協力作家で数人参加している事を書いている
アフロ田中の人や
帯ギュの人も参加するらしい=超楽しみ







コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事