vestaのブロマガ

シマノのヒルモシリーズはスポーツバイクの光となれるか?(ロードバイク)

2018/02/23 02:58 投稿

  • タグ:
  • 自転車
  • ライト
  • ロードバイク
  • クロスバイク
  • オートライト
ロード・クロスバイクをオートライト化しよう第二弾

以前の記事で(ar1098985)クロスバイクやロードバイクなどのクイックリリースタイプのホイールにも、手組でダイナモを組み込めばオートライト化出来るというのを書きました。しかしながら、結局価格が比較的高価な点、ランプの取り付け方法が限定的だという点、など記事としての有用性はそう高くならなかったという点が心残りでした。

しかしシマノはスポーツに大して新しい製品を出していました。
これはスポーツバイクのハブダイナモ化につながる救世主となるか?



DH-C2100 2962円
シマノ ヒルモシリーズからクイックリリース対応ハブが発売されていました。
選べるスポークホール数は32Hか36H。



LP-C2207 センターステー用 1856円
フロントフォークのクラウン部分から貫通ボルトで取り付けられる。
また、クイックリリースのナット側にランプホルダーとミノウラのマルチブラケットとを組み合わせれば、無理やり取り付けできる。
ar1098985を参照)

LP-C2250 2210円
そして、ハンドルバーに取り付け可能なランプも発売されていた!
22mm~32mmまでのハンドル径に対応となっており抜かりない。
こういうので良いんだよ、こういうので。

何より1個1個の部品価格が結構控えめだし、ヒルモハブの組みつけられた一般車を見てみると、発電中もなかなか回転が良い。

これらをリムと組み合わせてホイールにすれば、
リム4200円程度、ハブ3000円、スポーク2500円、組みあげ4000円~5000円
ライト2000円、とすれば16000~17000円程度でホイール+ライトが組める。
以前の記事で書いた時が26000円となっていたのに比べればだいぶんハードルが下がった。

後はクロスバイクなどの製品にこれらの部品を標準装備した完成品が登場してくれば普及がもっと進むと思うのだが、そのあたりはメーカーとしてはどう考えているのだろうか。
あくまで従来通りの、ライトやペダル、スタンド、ドロヨケ等はすべてオプションでなんとかしてくれ、のスタイルを貫くのだろうか。

ミヤタやブリヂストンあたりのクロスバイクでこういうのを標準搭載したものが出てくれればそれに倣う会社も出てくるのではないかと思わなくもないのだが。。。


シマノはスポーツバイクの光となれるか?
今後を見守っていきたいところである。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事