vestaのブロマガ

自転車工具…。揃えればキリがないという沼 その1

2017/05/03 02:02 投稿

  • タグ:
  • ロードバイク
  • 自転車
  • 工具
  • メンテナンス
  • 組みたて
自転車を自分でメンテするという際に欠かせない工具類。
いろんなメーカーの物が出ていて、同じ役割を果たすものがいくつもあるので
正直分かりにくいところが多いです。

私も正直、どのメーカーが使い勝手がよくて~とか、どのメーカーは安い割にしっかりしてて~、とか良くわかっていなのです。とりあえず失敗しない様にだけ買って揃えている程度。
とりあえず自分の手持ちの工具を晒す、と言うことで正直もっと安ーく揃えようと思えば
揃うだろうし、私と同じものを買ってかえって良くない結果になることもあるかもしれない。

なので参考程度にお願いします。

ちなみに一般車、ロード、クロス、大体この3つは整備できるようなものになってます。

六角レンチ(アーレンキー)
トラスコ(TRUSCO)
TRRL-xx シリーズ
※xxは太さによる。2mmなら20となっている

黒い表面が特徴のロングタイプ。硬度もしなりもほどよく折れづらいので高いトルクにも耐えられます。今のところすべて買ったものは折れずに大丈夫なのでおススメ。
必要なサイズは2、2.5、3,4,5,6,8,10mm。
例外で私は14mmを所有しています。使うのは非常に限定的です。
メーカーはあまり問いませんが(エクストラ)ロングタイプを必ず買うこと。
短いとトルクが十分にかけられず、締め付け不足が生じます。
シルバーにコーティングされている物との差は良く分かりませんが、錆などは今のところ
発生していないので特にシルバーでなくても良いと思います。
セットで必要サイズが揃う場合もありますが、自転車に耐えうる柄の長さがあるかどうかは
確認しておきましょう。TRRLシリーズなら十分な長さがあります。

グリップ付きアーレンキー
BBB ヘックスT

グリップタイプでなくても整備自体は可能です。しかしグリップ付きのほうが手になじむの
で整備効率を上げられる様に思います。これは必要分そろえるのみにしています。
このグリップ付き、狭いところでは役に立たないので。
3,4,5mmのみ所有。

TRUSCOにもTTBシリーズというグリップ付きタイプが出ていますのでそちらを買うのも
良いと思います。

TRUSCO TTB-xx


ドライバー類
ANEX ボルスター付差替ドライバー

プラスとマイナスの標準的なサイズが両端についていて便利。
差替え式は一本あったら便利です。
サイズ別に用意する場合、プラスはNo.0,No.1,No.2、マイナスは6mmがあれば。

ミニスタ60

狭いところで役に立つコンパクトラチェットドライバ。
自転車カゴを取りつける際にあると超便利。
もちろんインパクトドライバがあれば最高ですが。

狭いところを回すのに便利なオフセットスパナ。
ペタラチェ オフセットラチェットセット(薄型)



あればあったで、無ければ無いで、という程度なので必須ではないですが、
Vブレーキ、カゴ付き、かつ馬締鍵付き、リア荷台付きという超閉所なところにネジが
多数ある自転車にあると便利かも。時間をかければ普通の六角レンチでも整備できます。
プラスやヘックス(六角)4,5mmのビットが役に立つでしょう。

ナットレンチ類
旭金属工業 Y型ボックスレンチ


8,9,10mmが一挙に揃います。ブレーキのナットを開け締めするのに特に。
電動自転車だと12mmが必要だったり。(自分でモーター交換なんてしないと思うけど)

TONE(トネ) ロングめがねレンチ 45度オフセット

必要サイズは8x10、10x12、11x13,14x17
特に8x10と14x17は2個あると便利な場合があります。
13と14は自転車のサドルや子供の自転車のハンドル上げに必須です。
8,10はブレーキ周りやカゴ周りに。17はハブに使います。
15mmがあればハブのナットにも使えますが、まあラチェットがあったほうがいいので。
メーカーはあまり問いませんが、エッジ部分が作りの甘いメーカーは舐めやすいので
KTCなどのメーカーをケチらず買うほうが壊す可能性が少なくなります。
45°オフセットは必須ですのでストレートタイプはむしろ要りません。

SIGNET フレックスメガネギアレンチ

あと、余裕があればこれの8x10mmがあると整備時めっちゃ楽になります。


SIGNET ナットドライバー

深いタイプのナットドライバーはシングルギア、3段ギア等のチェーン調整に。
またタイヤ交換時、ブレーキなどの狭い隙間や掛かりの浅いナットを回す時に必要です。
8,10mmがあればいいと思います。T字ハンドルのタイプは力がかけやすく
滑りにくいのでおすすめ。10年以上前の自転車だとチェーン引きが9mmのことも。

モノタロウ ソケットレンチセット

12.7mmの差し込み角のラチェットレンチのソケット付き。
私はこれに22mmと24mmを個別に買って使っています。
とりあえずラチェットハンドル単品に14,15、17くらいを個別に買っても良いでしょう。
ソケットレンチセットは一度にハンドルとソケットが一挙に揃うので便利で良いと思います。
個別にソケットがほしい場合、差し込み角は確実に覚えておかないと間違えて買うことに。
9.5mmや6.35mmの差し込み角のソケット、ラチェットハンドルがあるので確認を。

本職の人ならこれを持っているはずですが…。
ホーザン 輸送業用ラチェットレンチ

ソケット部分がごく薄で狭い場所でも入り込み、かつトルクに強いホーザン製。
14,15mmの組み合わせって輸送業用だけなんですよ。
14が前(MTBなどは15mm)、後輪が15mmです。
ホームセンターでもこの組み合わせのラチェットレンチはないんですよ。14x17とか
でもまあ、ラチェットハンドル+ソケットで十分作業は出来ますので。

スパナ類
KTC 薄口コンビネーションレンチ

一般車には滅茶苦茶薄いナットが大量に配置されていて、主にブレーキワイヤーや内装ギヤ
ワイヤーのアジャスターになっています。あとは一般車のフロントブレーキのナットも
かなり薄く狭いところになっています。ここにはメガネが使えないので10mmは必須。
私は8mmも買いました。

TONE コンビネーションスパナ

もちろん分厚い歯のバージョンの8、10mmもありますよ。薄口よりナットを舐め
づらいので安心感があります。
薄口だけど同じモノが↑にあるんだから要らないんじゃないのっていうけど奥さん、
無けりゃ無いで困るんですよ、厚いスパナも

その2に続く。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事