いざよいのブロマガ

【新訳】しすたー その2

2019/07/14 02:16 投稿

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません





ぼくは、なんとなく悪いことをしたような後悔をして、何も言わないでいたら、


シスターがしゃがんで僕の顔をみて

「一緒におかたづけしよっか。」って言った。ニコニコしていた。


ぼくは手伝うしかないって感じで、二人でもくもくとお花をかたづけた。


なぜかシスターは泣き出して

「こんなに優しい世界なのに、どうして、どうして。どこに、あるんだろうね」


ぼくはそれをみていた。


「ごめんね、こんなことまだ分からないよね、、ごめんね」

そう言って僕を抱きしめ、頭をなでてくれた。


ぼくは心の中で「ぼくだってそれくらいわかるよ」って思った


つづく



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事