ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

在特会長野支部

太平洋戦争時に軍医がエイズ検査?

2013/05/26 06:19 投稿

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません
太平洋戦争に参戦した90 ​​代の日本人男性が当時の日本軍の慰安婦被害者の"事実上の性奴隷だった"と当時自分が目撃したことについて証言した。彼は安倍晋三(安倍晋三)首相にも慰安婦被害者に謝罪して補償することを要求した。日本、神奈川県相模原(相模原)に住む松本正義(松本荣好·91)氏は23日、ロイター通信などのメディアとのインタビューで、自身が1944年初めから1946年3月まで日本軍の第1軍のかたメ(固)旅団7大隊で医者として働いたと明らかにした。彼が引き受けた仕事の1つ慰安婦の女性がエイズや他の性感染症に感染したのかを確認することだった。松本氏は"私はこのことについて話すことが苦痛である。私自身が戦犯同じだからだ。すべて上書きしておきたい"と言いながらも"しかし、一方同時に、また言うべきことを感じる。(慰安婦の)言うことが現在の私の人生の目的であり、私が今までこのように長く生きている理由だと思う"と話した。

中国山西省省に駐屯していた日本軍の兵舎で、松本さんは約300人の軍人と性関係を結ぶした韓国女性六、七人の性感染症の検査を助けた。彼は"兵士たち(慰安婦の建物の前で)自分の順番を待って並んでいた"とし、 "しかし、彼らに与えられた時間は多くなかったし、(時間を節約するために)ズボンを下げて下着を脱いだまま待っていた兵士もいた。まるでトイレに用を足す見に行くかのように半裸で立っていた"と当時を回想した。松本氏によると、正式な慰安所を保有していなかった日本軍部隊は村を攻撃して"腐女子狩り"に乗り出したという。彼は"きれいな女の子ないか(有漂亮的姑娘)という意味のジュングクマルは、今でも思い出す"とし、 "日本の軍人が女性を見つけるの袋に連れて行って集団でレイプされるのを目撃した"と話した。彼は"しっかりとした戦いをするよりも、婦女子たちを狩るのが仕事だった"と付け加えた。"世界各国の慰安婦制度を持っているのに、なぜ、日本の慰安婦制度が問題になるのか"は、橋本ドール(桥下彻)大阪市場の最近の発言について松本氏は、 "他の人が殺人といって、自分の殺人を正当化できるのか"と反論した。彼は"日本の首相は、日本を代表して、遅滞なく、十分な謝罪をすべきだ"とし、 "被害者に十分な補償を受けなければならない"と述べた。

HIVの起源はカメルーンチンパンジーという説が有力であり、そこから人に感染して世界中に広まっていったと考えられている。1981年にアメリカのロサンゼルスに住む同性愛男性(ゲイ)に初めて発見され症例報告された。ただし、これはエイズと正式に認定できる初めての例で、疑わしき症例は1950年代から報告されており、「やせ病」(slimming disease)という疾患群が中部アフリカ各地で報告されていた。1981年の症例報告後、わずか10年程度で感染者は世界中に100万人にまで広がっていった。



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事