ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

ビルドランドは抜ける

【シングル】カントークラシック ヤドカビループwith金属音サンダー

2016/03/07 22:10 投稿

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません
初代ポケモン限定の持ち物なしルールと聞いて、久しぶりにポケモンをやってみました。

このルールでは、フーディン、ゲンガー、カビゴン、ヤドラン、ピクシー、サンダー
が6強だと思っているのでこの6匹を中心にパーティーを組みました。
耐久調整、S調整、技構成もこの6匹を強く意識しました。

この6匹+電気無効枠という形で組みました。


メインロム


24勝6敗
フーディン
最速、HBを高乱数で187サイコショック2耐え
サイコショック、シャドーボール、身代わり、自己再生

カビゴン
しんちょうABDベース、S20振り、ステロ+187サイコショック×2耐え
じわれ、かみくだく、ねむる、ねごと

ヤドラン
ずぶといHBベース、C少し、S20振り
サイコショック、れいとうビーム、どくどく、なまける

ピクシー
穏やかHBベース、S12振り
ムーンフォース、つきのひかり、でんじは、めいそう

ニドキング
意地っ張りHA
どくづき、じしん、れいとうパンチ、ステルスロック

ゲンガー
臆病CS
たたりめ、ヘドロ爆弾、さいみんじゅつ、みちづれ


サブロム


17勝3敗
上記のものをフーディン→サンダー

サンダー
控えめS138(準速ニドキング抜き)
10マンボルト、めざめるパワー氷、金属音、羽休め

【個別解説】
フーディン
マジックガード 臆病最速、HBを高乱数で187サイコショック2耐え
サイコショック、シャドーボール、身代わり、自己再生

相手のフーディンに同速負けしても、殴り勝てる調整。しかし、どのフーディンもシャドーボールを持っていたため意味がなかったです
サイコショック+シャドーボ―ルの範囲が2ウェポンで最も優秀なので、攻撃技はこの二つです。
優秀な補助技がたくさんありすぎますが、不意打ちを透かせる身代わりが頭一つ抜けて優秀に感じます。
フーディンとゲンガーが強いルールのなので、ニドキング、ゴローニャなどの不意打ちが多くとても優秀でした。
自己再生はアンコールやめいそうも強いと思います。
Sは最速ですが、ゲンガー抜きあるいは、スターミー抜きに抑えてよかったと思います。
なお本番で使った個体は育成ミスで、S無振りとなっておりゲンガーに抜かれていました。(そのせいで1試合落としました)
終盤に削れた相手を全部倒すのが役割なので、30戦戦って出番が来る前に終わる試合が10試合くらいでした。


カビゴン
めんえき 慎重ABDベース、S20振り、ステロ+187サイコショック×2耐え
じわれ、かみくだく、ねむる、ねごと

ミラー意識のS20振りでカビゴンヤドランに一度もSで負けていません。
ピクシー、ヤドラン、ゲンガー、フーディン、サンダース、スターミーに何度も後出しし、倒すためにこの構成になりました。
かみ砕く→おいうちにしようかと思いましたが。さすがに浮いているポケモンに追い討ちをし続けるのは弱いので、かみ砕くになりました。
どういうわけか後出しされるノーガードカイリキーが地底に沈んでいきました。
序盤はヤドランとカビゴンでくるくる交代戦を繰り返し、じわれの試行回数がかなり多く稼げたため、どの試合も5回は地割れを打った気がします。
2回目ステロダメを食らいながらフーディンに後出しするシーンが多かったので、(ステロ×2+187サイコショック×2)耐え(239-107)にしておけば勝てたかもしれない試合が2試合ありました



ヤドラン
再生力 ずぶといHBベース、C少し、S20振り
サイコショック、れいとうビーム、どくどく、なまける

広範囲物理受けの普通のヤドラン。電磁波は役割対象のパルシェン、カイリューに舞われるとSで抜けないので不採用となりました。
どくどくはピクシー、ヤドランへの打点となりミラーでも活躍しました
サイコショックだとパルシェンが倒せないので、サイコキネシス推奨です。


ピクシー
穏やかHBベース、S12振り
ムーンフォース、つきのひかり、でんじは、めいそう

物理受けも、特殊受けも、積みエースもいける型の多いポケモンですが、受け主体で使うほどの数値での信頼感はなかったので積みポケモンとして採用しました。
セルフで起点を作って抜いていける構成になるようこの構成になりました。
サンダース、スターミー、フーディンのような終盤に残って最後の削りを仕事とするポケモンを起点にします。
優秀な耐性を利用して序盤のサイクルに参加することもたまにあります。
例えばプテラが明らかにヤドランへの交代読みかみ砕くをしてきそうな場面や、カイリューの逆鱗後等です。
サイクルはカビゴンヤドランで回すのであくまでも補助です。
文句なしのMVPです。



ニドキング
ちからずく 意地っ張りHA
どくづき、じしん、れいとうパンチ、ステルスロック

電気の一貫切り、フェアリー耐性、ステロ巻き要員として採用しました。
取り巻きが特殊に偏っているため、カビゴンを上から2発で倒せるため、また数値面で高いため物理型としました。
S振りは仮想的に抜きたいポケモンが同族しかいないと考えたため無振りです。
不意打ちがメジャーすぎて決まらないので採用を見送りました。
冷凍パンチはプテラを高乱数1発で倒せるのが強いです。50戦で6匹のプテラを倒しました。
初手率ナンバーワンです。



ゲンガー
臆病CS
たたりめ、ヘドロ爆弾、さいみんじゅつ、みちづれ

シングルでおなじみの素催眠ゲンガー。
ゲンガーに打点がないことが多いニドキング、ニドクイン、ノーガードカイリキーと対面したとき、道連れを回避してノーマル技を打つカビゴンに催眠術を打ちました。
いまさら語る必要もない強さでした。


サンダー
控えめS138(準速ニドキング抜き)
10マンボルト、めざめるパワー氷、金属音、羽休め

フーディンと違い、サイクルに参加できるのが偉かったです。
このパーティーのように受け回すタイプの構築に金属音がよく刺さりました。
単純に数値が高いので強いです。
とくに,ねむるねごとカビゴンに対しての回答になっていたのがとても偉かったです。


【強いなと思った相手シリーズ】
カイリキ―…オコリザルのほうがとんぼ返りがあるから強いと思ってましたが、爆裂パンチが単純に強かったです。
ヤドランに毒が飛んできて、混乱で突破されるし、毒読みでゲンガーを投げるとエッジが飛んできて、ヤドランカイリキ―対面から釣り交換しようとカビゴンを投げたら爆裂パンチが飛んできて負けた試合が3試合ありました。これがなければああああ
カイリキ―の顔も見たくないです。モルフォンバトン…一番強いパーティーはこれだと確信してます。自分が使ったら絶対負けない自信があります。(1試合当たって、爆運でピクシーで全抜きしました)

フリーザー…サンダー入りなら勝てますが、フーディン入りでは対処不能。物理で上からたたくポケモンがいないと、フリーザーはめちゃつよです

おにび、いたみわけ、ちょうはつゲンガー…カビゴン絶対殺すマン。受けまわしにぶっ刺さる。

シグナルビームパルシェン…ヤドランがお亡くなりになりました。

毒羽カイリュー、毒朝の陽ざしウインディ…ここらへんをヤドランを任せにしてると勝てないです。こちらも毒を仕込んでるので勝てました

ねっとう、電磁波、いばる、イカサマヤドラン…倒せる気がしなかったです。


【総括】
久しぶりにいっぱいポケモンをやって楽しかったです。サイクル戦と釣り交換が特に好きなので、ほんと自分好みのルールでした。
また面白そうなルールがあったらポケモンしたいなって思いました。
毎試合50ターンは軽く必要なルールで、毎試合60分かかるんじゃないかと不安でしたが、対戦してくださった相手の方がスムーズ技選択してくれたので20分かからない試合がほとんどでした。
おかげさまで楽しくポケモンができました。
最後にサンダーを貸してくださったイユさんありがとうございました。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事