ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

おはぎとジーコのブロマガ

右翼と左翼って結局どちらが正しいの?

2015/11/10 12:47 投稿

コメント:300

  • タグ:
  • 政治
  • 右翼
  • 左翼
  • 雑記
どうも、おはぎとジーコです。先日大阪の町会議に行ってまいりました。生でニコニコの著名人に会えるという素晴らしい機会でとても楽しかったです。中曽根オフにも参加し、橋の上から傘をさしながらスクワットをするという足をだいぶ酷使することをやっておりました。その時に一人だけ、ドアップにならないという逆においしい結果になりました。ただ、一発ネタ滑ったなあ…(声マネやったんですが、見た人いますかね…)。

さて、今回は政治の話なんかをさせていただきます。自論ですので、批判されることは覚悟の上で書かせていただきます。

安倍総理が集団的自衛権を無理やり承認したことで、世間に批判されております。ただ、昨今の韓国、北朝鮮、中国の動きをみれば自衛権を持ち、国を守るという意味では、僕は賛成なのです。
しかし、こういう意見を出すと基本的に言われるのが「右翼なのか、お前?」という言葉です。正直、僕は右翼的な考えは持ってるかもしれません。ただ、韓国、中国、北朝鮮を嫌ってるか?というとそこはない人間です。集団的自衛権を賛成したのも、戦争を挑むことではなく、武力行使をする危険性がある国に対し「日本を守る」ために必要なこと、と思って書かせていただいております。

実際、うちの従兄の奥様は韓国の方なのですが、とても人当りのよい奥様でネットで書かれているような感じではありません。だからそこまで嫌な思いは全くないのです。

今現在、ネットでは「ネトウヨ」と言われるような人間が色々なサイトで東アジアの国々に文句を言っております。僕は正直あれはどうかと思っている人間なので、正直、右翼という言葉に対し、嫌な思いをしているのが事実です。

かといって、左翼なの?と聞かれると「うーん…」となってしまいます。集団的自衛権に対し、「戦争になる可能性があるからダメ!」という考えを持っている人にとっての思いは理解はできるのですが、今の状況下じゃそういってもなあ、なんて思っているのも事実です。

こんなふらふらした考え方をもっているのはだめだとは思うのですが、正直、メディア、ネットの情報だけじゃ、わからないことが多すぎるのです。

で今回のタイトルに行き着くわけですが…。多分、こういう人っていると思うんです(僕以外にも)。だからこそ問いたいんです。

「右翼と左翼ってどちらが正しいの?」と。

正しいのか、正しくないのかなんていうのは間違っている、と言われるでしょう。極論とも言われるでしょう。だけど、馬鹿であり、無知である自分だからこそ問えることでもないのか、と思い、書かせていただきました。

どうなんでしょうか?皆様からのご意見

お待ちしております!


コメント

yoppei1900
No.319 (2015/11/17 20:49)
ごめん。>>274じゃなくて>>245だったわ。
aoi@
No.320 (2015/11/26 03:13)
右翼と左翼の考え方って本来「どちらも国をより良くしていこう」という考え方の上で
展開し議論を重ねて機能するものだと思うけど、今の日本の場合は右翼左翼以前に
自国を貶めたり蔑んだりする国民は多いし、国を憂いない国民だって最近は多いから機能しないよね。
他コメにあるようにスパイも多いし。

もちろん、個人やネット、メディアの一部で正論言ってくれる人はいるし、左翼側はその性質として
日本の現状を咎める蔑む(→変えてやりたい)人が集まりやすいのは当然あるけれども、
右翼側にそういう人はいないのかといえば、政治家にしても言論人にしてもいるわけで。

とにかく外交・安全保障、経済、教育、憲法…なんにしろ、日本の国益を前提にまともに議論を進められる人が
増えないと話にならない
十兵衛
No.323 (2017/10/30 08:52)
基本的には右翼(保守)が正しいです
なぜならば左翼(革新)は別に自らやらなくて勝手にそうなるからです
今よりもっと閉ざされて鎖国(厳密に言えばしてないけど)していた江戸時代ですら前期と後期じゃ全然違います

無理して改革しなくてもどの国も勝手に変わっていくものなのです
それもかなりのスピードで変わっていきます

開国してからの変化のスピードは凄まじかったでしょ?わざわざ更に早める必要はありません
今は更にネットが普及してその変化速度は過去の人類史に前例がないほどです

保守というのはどんなに守っても変化のスピードを緩めることしかできません
しかしそれが大事なのです
ゆっくり変化するなら外国の文化なども反発も少なく自然に馴染みます
ただでさえ早い変化をより早めることは争いの火種にしかなりません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事