ニコニコチャンネルメニュー

maoスタジオ maoスタジオ

maoスタジオブロマガ

【第2回】機材紹介のコーナー【AVALON U5】

2015/08/10 21:00 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • ベース
  • 機材紹介

前回のベース紹介が思いのほか好評だったので第2弾です!
今回はベースDIの要!僕も宅録で使用している『AVALON U5』についてです!
ベーシストなら誰しも通るこのDIですが実際どのような機能なのでしょう
解析していきたいと思います!


12069a4dd3df03ab81546a7a23cbc28a887929c0


まず表面はこちら!
かなりシンプルかな~と思います。
僕は基本的にはDIとして使っていますがプリアンプの役割もしてくれます。


3d409fd140b9fa4d624ee3714c1e7be53d5c2396


入力はHi-Zインプットです!
いつもはここからベース→エフェクター→AVALON U5→RME Babyface(オーディオI/F)につないでいます。アウトプットは裏側のMIC LEVELのアウトを使用しています!


b8a169bf18b07099d05a7ad9508bee56e7d603ee


裏側も色々ありますが、アウトプット以外はあまり使わないですね~w
さて表側に戻りますがプリアンプ機能について


811eda0d2a1ed1b335ac49a28976a965bde4ddb5


左側の機能としては
ブーストスイッチ:信号をブーストします。ゲインが小さい時に使いますがほとんど使いません。2dBから+32dBの範囲で+3dBごとにゲインをブーストします。
High cutスイッチ:ハイカットスイッチは高音域をやわらげ不要なノイズやバズを除去します。弦を変えた直後などはONにしたりします。
Speaker to input:リアパネルのスピーカーインが有効になり、スピーカー出力を直接入力することが出来ます。裏側のスピーカーインを使ってないので使いません。


c44d931e8617cdcbbf8ceea0e16712e2aa8c8f54


続いて右側の機能は
Tone Bank:6タイプのプリセットトーン回路。2か3あたりがベースっぽい音がしますが
使わないですwお好みで!
Toneスイッチ:トーンコントロールのON/OFFです。
Active to thruスイッチ:BoostとToneコントロールを通過した音がTHRU OUTから出力されます。もちろん裏面のラインアウトにも反映されます。
つまりこのスイッチがoffの時は入力された信号は何も色づけされることなくそのままアウトされます。そしてその機能を利用して宅録しています。いわゆるラインの音というものです。
そのラインの音をDAW上で色づけしたり、リアンプしたりして使っています。
(リアンプについてはまた今度)


宅録時の電源ケーブルですがこちらを使用しています。
29d15dda9047c68cf5cb21c0df8a57cf36a7086d


ニケーブルです!奏者仲間のニケさんに作って頂いたものです!
オヤイデ電気のゲーブル『102 SSC』です。
以前使っていた普通のケーブルとは違いがはっきり分かるくらい音がクリアになりました!



d32d13a9c0c66fc7fb5e38affd87a6ae58d4c2c8


最後に…AVALON U5は上面に通気口があり埃が中に入りやすく壊れる原因にもなり兼ねないので
僕は上にA4の紙を貼っていますwこれが果たして効果があるかわかりませんが貼っていますw


そんな感じで今回はレコーディングの要、DI『AVALON U5』について紹介しました!
今回記事にするのに色々調べてみたのですが、プリアンプ機能についてあまり使用したことがなかったので今後は少しいじってみようかなと思います!
それではまた~!

ブロマガ会員ならもっと楽しめる!

  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。

maoスタジオブロマガ

mao

月額:¥540 (税込)

コメント

mika
No.1 (2015/08/19 20:56)
これは‥こんなに細かく説明してくれるなんて‥
使いたいです( ᵒ̴̶̷̥́ㅿᵒ̴̶̷̣̥̀ )
A4効果あると思います!w
通気口フィルターとかもありますけど見た目悪くなりそうですもんね‥
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事