ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

あの日見たサイクル戦を僕はまだ忘れられない

【シングル】【単体考察記事】 ゴツメドサイドンについて

2015/10/22 17:41 投稿

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません
まあシーズン2から使ってきて結構お世話になったのと、某氏がこれについての記事を挙げてたのを見て今まで使ってきた僕なりに考察をまとめた記事を書きました。





1今まで使ってきてた奴
性格 腕白 特性 ハードロック
努力値
221(244)-162(12)-200(252)-67-75-60
技構成
地震・冷凍P・ステロ・吠える

ほぼほぼHBぶっぱの個体
ここまで振り切るとHBカバルドンで無理な意地っ張りAぶっぱのA194メガガルーラのグロウパンチからの冷凍Pを確定で耐える事が出来る。
ただグロP+地震は乱数の域に入ってしまうが、それでも耐える可能性も有るしグロP地震というメガガルはあまり当たらなかったからそこまで気にしてない。
A200ガブの地震も確定3発
39.1%~46.3%
と鉢巻以外のガブリアスに後出しから勝ちやすい

ただHBに振り切ったせいで冷凍Pの火力が低く
ドサイドン→H183B116ガブリアスに対しての冷凍Pのダメージ
87.4%~104.9% 
乱数1発 (31.3%)
そのため地震を撃ってこないタイミングで後出ししてゴツメダメを入れて冷凍Pで落とすのが対ガブに対しての理想の立ち回り

後は物理格闘技なら大抵1発は耐える事が出来る
メガバシャの飛び膝・メガルカリオのインファ等
A211武神のドレPに関しては確定2発


問題点としてはほぼほぼHBに振り切ったため
火力面で足りない場面が多く起点になったりする場面が多くなってしまう為、吠えるは必須
仮想敵であるH181B121のメガガルーラに対して地震のダメージが
41.9%~49.7%
それと身代わり毒羽メガボーマンダに羽休めで粘られてしまうのも厄介
ドサイドン→H201B151羽休め中のメガボーマンダに対しての冷凍Pのダメージ
30.8%~36.8%
と冷凍Pの氷の追加効果を待つなり身代わりのタイミングで吠えて流さないと厳しい。







こっから先のはHBぶっぱの個体を使ってきたのを踏まえて考察&現在進行形で使ってる型を挙げていきます。
その為技が確定・候補一覧があります

2 火力面も考えた奴(主にガブリアス意識)
性格 意地っ張り 特性 ハードロック
努力値
207(132)-187(76)-182(252)-67-81(46)-61(4)
技構成
確定
地震・冷凍P
候補
ロックブラスト・エッジ・角ドリル・ステロ・吠える・どくどく

H 16n-1
A 今まで確定で落とせなかったガブを冷凍Pで確定で落とせるラインまでAを上げた
B ぶっぱ
D Hを削った分余った努力値(ここまで振る事で1と同じ位のHD耐久を確保)
S 残り

1と違いAをかなり振ったドサイドン
上にもある通り今まで乱数で落とせなかったH183B116ガブリアスに対して冷凍Pで確定で落とせるようになった
ダメージ: 184~220
割合: 100.5%~120.2%

それと仮想敵であったH181B121メガガルーラに対しての地震のダメージが
割合: 48.6%~58%
回数: 乱数2発 (95.7%)
となり比較的ガルーラや裏の物理受けポケモンに負担がかけやすくなった。
一応H207B183スイクンへの地震のダメージ
割合: 28%~33.3%
回数: 乱数3発 (0.02%) (すげーしょっぱい)

ただ今まで受けれていたA194メガガルーラのグロウPからの冷凍Pを確定で耐える事が不可能になった(ただ乱数81.2%で耐える事が出来る)
それとA200ガブの地震が
割合: 45.4%~54.1%
回数: 乱数2発 (47.3%)
となりガブに対しての後出しが1比べてそこまで安定しなくなった。

ただ今までミリ残しが起きて赤ゲージまで削られてしまっていたガブを確定で落とせるのは大きく役割をしっかり遂行できるようになった。





3 もっと火力面を意識(主にメガガルーラ)
(某氏のブログより調整を拝借)

性格 意地っ張り 特性 ハードロック
努力値 
207(132)-192(116)-182(252)-67-76(4)-61(4)
技構成
確定
地震・冷凍P
候補
ロックブラスト・エッジ・角ドリル・ステロ・吠える・どくどく

まあ2とそこまで努力値振りは変わらずDに振っていたのをAに回した事により
H181B120メガガルーラへの地震が確定2発
割合: 50.2%~59.6%
回数: 確定2発




物理をしっかり受けつつ相手を倒せる3の努力値配分が、僕の中でも正直結論に近い物があります



一応仮想敵としては(方によっては対応が困難な事もある)
ガルーラ/ガブリアス/バシャーモ/ファイアロー/メガクチート/カイリュー/ボーマンダ/バンギラス/霊獣ランドロス/クレッフィ/ローブシン/ミミロップ/メタグロス/etc....

一応トップメタの物理アタッカーに対しては対面から打ち勝てる性能はある。
が不意の両刀型や相手が特殊ポケモンしか選出していない場合腐る場面が多いので、選出場面で注意が必要である

具体例
C172メガボーマンダのりゅうせいぐん→H207D81ドサイドンに対して
ダメージ: 234~276
割合: 113%~133.3%
回数: 確定1発   (うわぁ・・・)


まあこんなピーキーなポケモン使う人増えないでしょうけどね(;・∀・)









コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事