ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

或るビリジオンの表象

【S1最高&最終2112】        ギガプテラin神樹の館 

2017/01/15 10:16 投稿

  • タグ:
  • メガプテラ
  • ギガイアス
  • カミツルギ

すまんな(初手謝罪)。
PCからの閲覧に最適化しすぎてスマホからの閲覧は非対応だ。

試行錯誤の楽しいシーズンだった。
可能な限り新ポケ、新要素を使って勝ちたいという一心だった。
S1だけで20匹育成できたのは快挙(当社比)。

  【先制の爪】 【メガ石】 【拘り眼鏡】 【カプZ】 【シュカのみ】【スカーフ】


 ※徐々に左眼を病んでいくマエリベリーさん(鳥船遺跡ジャケ裏を意識した配分)
---------------------------------------
ギガイアス【先制の爪】【砂起こし】
見た目:191(244)-172(12)-180(236)-x-102(12)-46(4)
強い時:191-172-180-x-153-999
技構成:岩石封じ ステルスロック 大爆発 地震

今作で砂撒きができるようになった。
ダブルでは注目されているものの、上記の対戦数をして2~3度しか遭遇せず。
チョッキ、鉢巻、オボン、イアなど幾つかハマる持ち物を模索した結果、
爪が最強であるという結論に至った。

性格は意地だが、役割を考えHBに厚く振った(意地マンムーの珠地震耐えライン)。
 ※しかし、種族値に関わらず、実数値の十の位がB>Aである以上は
  性格補正は腕白にすべしとアドバイスを頂いた。1損している。
砂によりD方面でも行動保障があるため動かしやすかった。
コケコのスパーキングギガボルト(175)74.3%〜87.9%<砂+電場> 
テテフの眼鏡サイキネ78.5%〜92.6% <砂+超場>

<主な役割>
①キュウコンのオーロラベール展開の阻害
 後投げするだけで防げるためとても楽。
②パルシェンの襷潰し
 今回の並びではパルシェンを襷まで殴れることが非常に多いので、
 襷まで削る→ギガイアス後投げで処理するケースが大部分だった。
 襷まで殴れない場合でも直に後投げできる。
 破った意地パルの氷柱1本あたり25〜31ダメージ(125~155)
 命の珠を持っていても7割で生存する。爪もあるので有利。いなかったが。
 岩石封じにより、破られてもカミツルギで上から殴る形も可能。
③ミミッキュ対策
 意地剣舞ラブリースターインパクトが74.3%〜87.9%。
 後投げから襷潰しと皮剥ぎまでほぼ確実に遂行できる。
 バンギラスにはできない芸当(重要)
 より強く対策する必要があればヘビーボンバーの搭載も可能。
④神剣・メガプテラの一貫性の形成
 マンムーの襷やジバコイルの頑丈をステロで阻害すると一貫性が作りやすい。
 また、砂ダメ・ステロとカミツルギの相性が良い
---------------------------------------
メガプテラ【陽気】【硬い爪】
実数値:157(12)-186(244)-106(4)-x-116(4)-221(244)
技構成:アイアンヘッド、岩石封じ、氷の牙、地震

広範囲に殴れる。ボーマンダに後投げができる。
相当数のミミッキュをアイヘで怯ませた。
サイコフィールドで先制技を被弾しなければ申し分なかったが…
XY環境で2146に到達した時と技が3つも異なるのが個人的には面白い。

S:準速スカーフテテフに1優る。
A:できるかぎり。
  鋼頭=B4テテフ確定1(与ダメ156〜184)。
     B4マンムーに78.9%〜92.9%(うまく削っておく)
  地震=B4コケコに92.4%〜108.9%(ステロ・砂ダメでほぼOK)
     B4メガルカリオに89.6%〜106.2%
     メガメタグロス、ギルガルドに5~6割。
     ジバコイル確定(頑丈は潰したい)
     グラスフィールドやめてください(切実)
  氷牙=ガブ確定、メガマンダに93.5%〜112.2%(威嚇含まず)
     マンダは威嚇を入れられても捨身の反動だったりステロで処理できた。

B:メガルカリオ、メガメタグロスのバレパンが7~8割
  意地マンムーの礫が54.7%〜66.2%(命の珠で最大85%)
  1舞マンダの捨て身71.9%〜84.7%
D:砂嵐下でコケコの電場10万が84%〜99.3% (=砂なし電場なし)
---------------------------------------
カプ・テテフ【控えめ】【拘り眼鏡】
実数値:175(236)-x-117(172)-167(12)-136(4)-126(84)
調整元:http://hira-poke.hatenablog.com/
技構成:サイコキネシス めざ炎、10万ボルト、シャドーボール

調整元の想定では、初手での殴り合いを制した上で
トリルからフィニッシャーになる動きを想定しているが、
鋼枠をうまく処理できればプテラやカミツルギの一貫が取れる並びが多かったため、
本構築ではトリックルームやムーンフォースを採用せずに
鋼を強く呼ぶ性質を利用して初手から広範囲に削り・殴り合いができる性能を追求した。
サイコフィールド様々な試合も数多くあり、HP赤のカミツルギで
マンムー、ガルド、ミミッキュ、ルカリオ、メタグロス等を倒して得た勝利も多い。

終盤増加したガルガブゲンコケコ輝夜に対しても初手が安定した。
意地メガガルの捨て身を耐えて反動ダメ+サイキネで処理可能。
猫不意を特性で抑えられることが非常に大きい。
CSメガゲンのシャドボまで耐える。HSが多くヘドロ爆弾を耐えるシーンも多かった。
また、輝夜側の振り方によってはヘビーボンバーを耐えることもある。
その他、ポリゴン2の処理などが主な仕事。
---------------------------------------
カプ・レヒレ【穏やか】【カプZ】
実数値:175(236)-x-136(4)-116(4)-180(108)-125(156)
技構成:挑発、自然の怒り、潮水、ムーンフォース

守るを持たない低速全般を安定して削ることができる。
お陰で今シーズンは受けループを苦にすることがなかった。
挑発は再生技の阻害や、ポリ2+ガラガラのトリル展開の阻害に対し有用だった。
シーズン前半は輝夜も面白いほど倒せたが、型が認知され遂行率の低下が否めない。

穏やか補正でC200ジバコイルのアナライズ10万を最高乱数切り耐え。
つまりガーディアン・デ・アローラ+潮水で対面で撃ち勝つことができる。
ジバコイルが相手目線で非常に出しやすい並びになっているためか、
体感9割の対戦で初手に合わせると都合よく撃ち合いが発生して綺麗に処理できた。
同様に、カプ・コケコのエレキ10万も6~7割なので、後出しを許さない。
ポリ2の後出しがそこそこあるが、DLでAが上がるため削りor挑発で悩む局面が減る。
フィールドの加護により状態異常を引かないのがとても頼もしい。
これからもスイクンに意気揚々と後投げしたい所存。絶対零度は避ける。

通常、カプ・レヒレと言えば、Bに補正をかけパルシェンやギャラドスに対し
後出しから役割を遂行できるように調整された個体が多いが、
そのどちらに対しても別で処理ルートができているために問題ない。
また、この調整でもメガバシャの膝2耐えは可能。
---------------------------------------
デンジュモク【控えめ】【シュカのみ】
実数値:167(68)-x-114(180)-213(4)-92(4)-135(252)
技構成:10万ボルト、めざ氷、エナジーボール、身代わり

Bに厚めに振ってシュカのみを持たせたデンジュモク。
メガボーマンダの地震をHPの半分以下で抑えることができるほか、
後出し時に輝夜のヘビーボンバーのダメージを軽減する。
控えめC4振りめざ氷でガブが確定する点が素晴らしい。

今シーズンは特に電気抜群⇔無効の並びに対して正しく技選択できることが
負けを減らす鍵であったと感じた。

具体的に言うと、カミツルギが輝夜の選出を誘導する、
輝夜を選出すると、対デンジュモク用にガブリアスが必要になる…
といった選出が非常に多かったが、うまく切り崩することができた。
マンダマンムーに対しても一貫するため、最低限どちらかは処理ができた。

エナボと草結びで悩んだが、ランターン(トドン)が一定数存在したことと、
一貫性の面で草技を撃ちたい局面がそこそこ見られたため、エナボ採用とした。
---------------------------------------
カミツルギ【意地っ張り】【拘りスカーフ】
実数値:141(52)-253(228)-152(4)-x-52(4)-157(220)
技構成:リーフブレード、スマートホーン、聖なる剣、辻斬り

Sは準速スカーフガブ抜き。テテフの上も確実に取れる。
スカーフコケコには抜かれる。Z以外なら1耐えする。

Aブーストを交えつつ一貫性を取って抜いていく。
意地っ張りのため、破ったパルシェンの上はとれない。

リーフブレード
メガギャラ  確定1(かつ、舞われても抜いている)
マンムー   確定1(襷非考慮、HBゴツメ除く)
ミミッキュ  96.9%〜115.2% 
カプ・コケコ 83.4%〜99.3% 砂、ステロ、ブースト等で押し込む

カプ・テテフ 93.1%〜109.6% ステロ・砂込み確定
カプ・レヒレ H振りまで確定1、Bに振られると確定2
メガルカリオ 40.6%〜48.2% 1サイクル目で削って2サイクル目ブーストで倒す動き

ガブリアス  60.6%〜72.1% 炎の牙が無ければ対面から勝てるが危険

聖なる剣
メガルカリオ 108.9%〜129.6% 確定1
カミツルギ  84.4%〜100.7% ほぼ確定2
メガガルーラ 68.8%~93.9% 確定2  (H振り~H無振り) 
Hジバコイル  72%〜85.7% 確定2

辻斬り
テッカグヤ   25~40%(HBゴツメからHのみまで)
ギルガルド   49%〜59.1%
メガメタグロス 51.6%〜61.9% 確定2
※デンジュモクを入れてからはアムハンが選択されなくなったため
 対面から辻斬り2回で勝てるようになった。

スマートホーンは初手のテテフやミミッキュを確実に倒したい場合や
一貫性がある場合、対オニゴーリなどで選択する。
カプ・ブルルに確定2。激烈拳を持たれていると対面ですら負ける。
要するにカプ・ブルルは最強。
---------------------------------------
同じ構成でHarvest 6thに参加したが、予選5勝5敗。
http://blog.livedoor.jp/pasaphoria/archives/68335414.html
現時点でのSM2100達成者が自分を除き少なくとも3名いた恐ろしい予選だった。
その他、カプ・ブルルがどうあがいても無理で初手奴に3タテされたり、
初手のミミッキュに対し壮絶な押しミスからメガせず地震の謎立回りを見せた結果、
トリルデンジュモクにボコられるなどした。

<まとめ>
神樹の館はいいぞ。

※「神」要素は島の守り神のお二方と、神剣です。
※「樹」要素はデンジュモクです。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事