ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

シルエシカ総帥・銀A伝Pのブロマガ

ツイッターのアカウントが凍結された! それからの対応2013夏

2013/07/28 21:29 投稿

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません
降って沸いたようなツイッターのアカウント凍結祭。
業者対策のための規制強化。それは良しとしても、機械的な一律規制が、多くの一般ユーザーに悲劇を呼び込むことに。
自分も巻き込まれてしまいました。朝起きて更新したら、
「あなたのアカウントは現在凍結されています」
の衝撃的文字。

ツイッターでは色々な対応の情報が紹介され、阿鼻叫喚の嵐。ツイッターのアカウント凍結という行為そのものは今に始まったことではなく、凍結された方が、その時々の解決方法を紹介しているため、現状に対応できない、ということも多く、また凍結解除の申請にしても、頭をひねることばかり。何より、凍結の理由がまずわからない。わからないまま、ツイッターというSNSのつながりを瞬間にすべて切断されるという精神的な衝撃の中で、対応を続けて行かなくてはなりません。

先ほど自分は無事凍結解除と現状復帰が終了しました。正味三日間という時間がかかりました。
ツイッターが公式でアナウンスをしていない以上、こうすればよいという最新のマニュアル的なものがあればと思い、ここに今回の申請対応内容等の詳細を記したいと思います。

■Twitterヘルプセンターへの誘導
まず凍結されると、「詳しくは、凍結されたアカウント」の表示があり、そこをクリックすると、ヘルプセンターのアカウント凍結に関してのページが別窓で開きます。
こちらの記事を日本語で読む」という青文字をクリックして、日本語にする。
申請のポイントは「日本語」です。英語をエキサイト翻訳並の日本語にしてくれやがりますので、主語がわからなくなることがこの先多々出てきます。
「アカウントが凍結された場合」というページの下段に、「アカウント凍結解除を申請するには」とあり、そこにある、「こちら」の青文字をクリックすると、いわゆるメールフォームになります。

■「サポートチームに問題を報告する」フォーム
そこで、「お困りの内容:凍結されたアカウント」を選択。
「件名」「詳細」を適切に。
その後、「あなたに関する情報」で、「名前」という部分があり、その下には「@●●」のユーザー名とメールアドレスが表示されています。
ここで「名前って、どの名前だ」と悩むのですが、ここの「名前」は、ツイッターで表示される自分のニックネームのこと。ただし、自分の本当の苗字でもよいようです。悩む必要はありません。自分は自分の苗字を書いてしまいましたが問題ありませんでした。トラブルをこのフォームからツイッターに連絡して、登録されたメールアドレスに運営から自動送信されるメールを受取る行為そのものが大事なのです(早い話どの名前かは大事ではない、ということ)。それから解除申請の本番になりますので、すべてを記入したら「送信する」ボタンを押しましょう。

■「#00000000 Twitter Support: update on "凍結されたアカウントに関して"」
すると、こういうタイトルのメールが運営から来ます。このメールに「返信」することが、凍結解除の第一段階となります。
メールにはツイッターの青帯があり、その下に自動送信された運営からの内容が書いてあります。その中に、「今後は禁止された行為を行わない旨をこちらまでご返信ください。- Twitterルールをご確認ください。」と書かれている部分があります。
この「こちらまで」というのが、「このメールに返信しろ」ということになります。
ツイッター青帯の上に、すごく薄い文字で、「##- 返信メールでコメントを追加する際は、これより上に書いてください -## 」とありますので、まず運営から来たメールを、そのまま返信メールにして、その薄い文字の上に自分の言葉を書いて返信することになります。

■ツイッタのポリシーを今後きちんと守ります、と宣誓するようなもの。
その返信の中で、今後きちんとルールを守ってツイッターを使います、のような言葉を入れなくてはなりません。

Twitterのポリシーを理解し、今後は禁止された行為を行なわない
ことをここに約束します。

自分はこんな感じでしたけど、その後に、ただし、として、今回の件には納得していない、自分がどうして凍結されたのかわからない、今後も同様のことを起こしてしまわないように理由をきちんと教えろ、と書きましたけど、現在、完全に全部無視されています。つまり書いても無駄。こっちの内容を読んでいる運営側の人間は多分いません。運営のメールにしても、相当怪しい日本語になってますし、「このメールをReにして返信して」とも一切書いてありません。ただ、「こちら」だけ。
メールに怒りをぶつけたい気持ちはわかります。書いて気が済むなら書くのもいいでしょう。しかし全部なしのつぶてになることは理解しておいてください。
そして返信すると、24時間以内に、凍結解除されるようです。
が。

■フォロー・フォロワー数がゼロのままになってる!
これは早い話、凍結の解除ということが、「アカウントの復活」と同じ扱いになっているのです。
この「ゼロ」をなんとかしてほしい、とまず考えるはずです。そこであせって一時間に多くのフォローをすると、その行為でまた規制対象、なんてことにもなるわけですから、この段階では何もできません。
さて、ではどうするか。
ここからは、「アカウントの凍結」に関する問い合わせではなく、「アカウントの復活」に関することになるのです。

■対策は、24-48時間待つ。
フォロワー数がゼロになっていても、多くは24時間以内に元にもどります。今回凍結祭ですので、約一日半、という感じのようです。それで、凍結解除後48時間経過してもカウンターが戻らない場合、そこで初めてヘルプセンターからの問い合わせとなります。
ヘルプセンターに「アカウントの復活に関する問い合わせを送信する」というのがあり、「フォローとフォロワーの数がゼロになっています」から報告する、という手順となります。
その時間、凍結解除されたあなたをフォロワーさんが見つけてフォローしてくることもありますが、それはそのままにしておいても大丈夫です。フォロワー数が現状復帰した場合、「@つながり」には記録されていますが、問題なく以前のようになっているはずです。

■何で自分が巻き込まれたんだろう、という思案
さて復旧の間、誰でも何で自分のアカウントが凍結されたのだろう、と考えます。
最初は無実を訴えていても、よくよく考えれば、あれが原因だったのかな? と思い当たることがあると思います。定期的なBOTなつぶやきが業者と勘違いされることもあったのかもしれません。
が。
何せ運営が何も答えてくれませんので、どうにも判断できません。

■運営からは何もこない
凍結にしても解除にしても、運営から直接メール等による連絡は、今回来ませんでした。
解除申請時の自動送信メールのみです。
あまりの数の多さに対応できないのか、原因を返信しない仕様になったのかすら、今は判断できません。
そういうものなんだと、現状は理解するしかないと思います。



皆さんのお悩みの、少しの助けになったのなら幸いです。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事