ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

賢い可愛い

S4使用構築 対面マンダマンムー

2017/07/17 03:09 投稿

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません
<使用パーティ>



 

<コンセプト>
対面的に動くことによって相手に依存することを避ける。

<個体解説>※メガシンカポケモンはメガシンカ後の実数値のみの記載
ボーマンダ@ボーマンダナイト
性格:意地っ張り
特性:威嚇→スカイスキン
実数値:197(212)-189(52)-151(4)-*-111(4)-170(236)
技構成:恩返し 龍の舞 羽休め 身代わり

現状最も性能のあるメガ枠だと思い採用。ボーマンダの「身代わり」は単体性能を引き上げる技だと思っている。ランドロスの「岩石封じ」に対し「身代わり」を残せる調整になっているが、もう少し火力が欲しい場面があった。

マンムー@ゴツゴツメット
性格:腕白
特性:厚い脂肪
実数値:217(252)-151(4)-145(252)-*-80-100
技構成:地震 叩き落とす 毒々 氷の礫

電気の一貫を切りたく、最後にパーティに入ってきたポケモン。型自体は暫く使い分けていたが、技構成に一番マッチしていると感じたので、「ゴツゴツメット」を持たせた。
呼ぶテッカグヤの「食べ残し」や、クレセリアの「ゴツゴツメット」、ポリゴン2の「進化の奇石」など、誘うポケモンの持ち物を叩きつつ削れるのが強かった。

ガルーラ@ガルーラナイト
性格:意地っ張り
特性:肝っ玉→親子愛
実数値:197(132)-189(212)-122(12)-*-123(20)-137(132)
技構成:捨て身タックル グロウパンチ 炎のパンチ 不意打ち

構築の軸。グロウを積まなくても殴り合いに強く、対面を意識した構築にはもってこいのポケモンだった。
環境的には中速と言えるラインの素早さなので、ポリゴン2の「トリックルーム」から全抜きを図る時もしばしば。
キノガッサ抜きまで振ったポケモンを意識し、素早さを137まで伸ばしたが、耐久ラインを上げても明確な確定数のズレはないと思ったので、142にして最速「ヒードラン」まで抜くか、特殊方面に大きく耐久を回しても良かったと思う。

ポリゴン2@進化の奇石
性格:控えめ
特性:ダウンロード
実数値:191(244)-*-110-165(196)-124(68)-80
技構成:トライアタック 10万ボルト シャドーボール トリックルーム

・H-D 控えめカプ・テテフのフィールド下サイコキネシスを3.1%切って2耐え
・C 11n

ガルーラが殴り合いに強いならガルーラ以上の耐久があり、一定の火力を引き出せるこのポケモンも殴り合いに強いと考え採用。火力を引き出せる「トライアタック」、ほぼ必ずと言っていいほどくるメタグロスに対しての「シャドーボール」、構築単位で重いテッカグヤに打つ「10万ボルト」、自身の殴る回数を増やしつつ裏にも活かせる「トリックルーム」を結論とした。
テテフが一貫しているのでDに回して少しでも対面での勝率を上げた。


ミミッキュ@フェアリーz or ゴーストz
性格:意地っ張り
特性:化けの皮
実数値:131(4)-156(252)-100-*-125-148(252)
技構成:じゃれつく 剣の舞 シャドークロー かげうち

無難に強い。構築から抜くこと自体が全体のパワーを落とすと思っている。
zはどちらでも良いが、ボーマンダがあまりにも多かったので対面で勝ちやすい「フェアリーz」とした。


キノガッサ@気合の襷
性格:陽気
特性:テクニシャン
実数値:135-182(252)-101(4)-*-80-134(252)
技構成:タネマシンガン キノコの胞子 岩石封じ マッハパンチ

最強クラスの襷持ちポケモン。初手での荒らし性能を評価して採用した。シーズンが進むにつれ徐々に通り辛くなったと感じたが、それでも充分に性能を発揮しれくれていたと思う。

<選出パターン>
基本選出はないが、主な3つの選出ルートだけ。

キノガッサ+ミミッキュ+ガルーラ
→一番パワーがある選出。仕方なく出しても勝てるレベル。

ポリゴン2+ミミッキュ+ガルーラ
→主にメタグロス入りへの選出。アイへの確率がそのまま勝負に関係するので勝率は7:3だと考えていい。

ミミッキュ+マンムー@1
→ガルーラ、クレセリアがいる時の選出。マンムーが活躍する場面。

<苦手なポケモン・並びなど>
テッカグヤ+ポリゴン2+指数受け@ゴツゴツメット
この並びに当たったら勝率はかなり低い。マンムーでポリゴン2に毒を盛ってからマンダで削りきるしか勝ちルートがない(はず)

<感想>
グライオン離れをしたくて、構築タイプを大きく変更して組んだ構築であったが、十分なパワーを感じた。絶対無理という対戦はなかったが、終盤になって苦手なポケモンが増えたり、選出択が多く発生しすぎたのが勝ちきれなかった理由かなと思います。
  
弱すぎたので来期また頑張ります

何かあれば@e_li_pokeまで




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事