ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

OGPGのブロマガ

【後編】大泉エッセイ発売前重版記念イベントに行ってきやした(* ̄▽ ̄)

2013/05/01 01:22 投稿

  • タグ:
  • 大泉洋
  • トーク
  • エッセイ
はいどうも

読むと目と耳と頭が悪くなる
全く人生の利にならない
OGPGのブロマガへようこそ。

帰れ!!(`・ω・´)←


さて、今回はタイトルの通り
前回イベントが始まる前で終わったのでその続きでございます。

前回ってなんぞ?って方は前編から・・・見なくても多分大丈夫。
多分、内容的にそんなに続いてる感ありませんw

まぁ、でも気が向いたらそっちから読んでいただきたい。


では、通行の邪魔だと退けられていた自分の椅子を発見してもらい
着席してからのお話。

席はかなりぎゅうぎゅうの為、遅れてきた方は席に座れず
マスコミ関係者と一緒に壁際で立ち見になるようでした。

ですが

後ろは全て報道陣のカメラで占拠されているので
必然的に横にくる訳です。

椅子が退けられるほど邪魔な最後尾の角に座っている自分。
そんな遅れてきた方達や関係者が通る度に
それはもう怒涛の体当たりを喰らいますよ、えぇ。(* ̄^ ̄)

時間通り来いや!ヽ(`Д´)ノファック!

もちろんちょっと身を避けて道をあけますが焼け石に水。
奴らはお構いなしにぶつかってきます。

・・・それがトーク中だろうとも・・・。

これには最後までうんざりさせられました(´・ω・`)

更に、イベント関係者の裏方への指示なんかも大音量でお見舞いされます。
もちろんトークは続いております。

・・・いかん、またぼやきでこんなに書いてしまった・・・。

まぁ、そんな中聞いていたトーク内容ですので、
あんまり鮮明に覚えてなくてもご愛嬌ということで・・・。


まずは店頭で流されていると思われる大泉によるメッセージVTRの上映。
普通なら数分で終わる所ですが、そこはご存知大泉洋
10分近い長尺で我々のご機嫌を伺うわけです。

流石です。

エッセイの内容も一部丸々喋っちゃうものw

そしてVTR明け、ついに司会の方に大泉大先生が呼び込まれ
喝采の中、文豪を意識してか着物で現れる先生。

「やぁ、読者諸君っ!!」

彼なりの作家先生キャラでなのでしょう。
その喋りはほぼ高橋英樹でありますw

そのまま司会との大物作家コントでまずは一笑い。

そして、エッセイの売れ行きについての発表がございました。

LIBRO池袋本店での週間売上1位!!

村上春樹超えに沸く会場。
その盛り上がりは、さながら怪しげな集会のようでありました。
流石はプロのファンの集まり!
我々の熱気に報道陣も困惑w

そこからはエッセイを出版することになった経緯や
内容についてのお話。

また、あだち充先生が装画イラストを引受けるに至るまでの話を
イラストの原画を紹介しつつ披露。

あだち先生は後ろ姿のイラストが多いらしく、
今回も当初は後ろ姿でいこうという話になっていましたが
「それじゃ俺かどうかわからん!」とw

丁度対談の機会があり、
なんとか正面で描いてもらえないだろうかと口説き
どうでしょう関連のDVD等をプレゼントしやっとOKを頂いたとか。
今やあだち充はどうでしょうファンらしいw
新作を楽しみにしているそうです。

そして、今回のタイトルにもある16年という歳月を再確認ということで
16年前の大泉青年のパネルが登場!!

大泉「これ必要かな?w」

現在よりも肌がツヤツヤで、スタイリストやヘアメイクが付いた以外は
ほとんど変わりないご様子です。

このパネル、何故か最後まで舞台上に鎮座し
報道陣のスチール撮影もこのパネルと一緒に撮影されていましたw
最後はパネルと肩を組んで動画撮影。

「動画ですので動きを意識してどうぞ!」

名司会ですw

パネルと肩を組んだまま「わっはっはぁ~」と高橋英樹な笑いと共に左右に揺れる先生。

その様、最高!
まさに最高であります!!w

さて、このイベントでは事前に募集していた参加者からの質疑応答がありました。
提出された質問から司会の方が2つをチョイス。

司会「ペンネーム○○さんからの質問です。今後新たに挑戦したい事はありますか?」

大泉「ほうほう」

司会「○○さんいらっしゃいますか?マイクを・・・。」

大泉「・・・マイク渡されて立たされてるけども、ペンネームの意味はあるのかい?
   折角ペンネームを名乗っているのに本当は名乗り出たくなかったんじゃないかい?
   貴方(司会者)質問読んだよね?あの方は何を言うの?貴方○○さんって言うの?w」

司会「えーっ・・・では、改めてご自身で質問をどうぞ。」

○○「私は大泉さんの活動がどれも好きなのですが、今後挑戦したい事はありますか?」

大泉「・・・うん、何質問されるか分かってた。聞いたからねw」

段取り!!!w

自分も質問出そうかと思ったけどやめといて正解だよ!w
何だこの公開処刑は(; ̄△ ̄A

この質問の答えの模様はようつべに上がっているのでそちらをご覧下さいw

2つめの質問は
「もうエッセイは書かないそうですが、どんな条件が揃ったら書いてもいいと思いますか?

大泉「う~ん、金だね。」

即答でしたw

そんなこんなで大爆笑の中、余裕で予定時間をオーバーして終了。
惜しまれながら入場とは逆側から退場する先生。

そう、私が座っている側の後ろのドアからです。

通路側の観客とハイタッチをしながら退場する大先生。
一番最後にハイタッチをした相手は・・・



俺だぁあああああ!!!(`・ω・´)ヒャッハー!


という大満足のイベントでございました。

以上、拙い文章の為、長文になりましたが
ここまで読んでいただき感謝!!(* ̄人 ̄)



をわり。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事