ニコニコチャンネルメニュー

パリよ、永遠に パリよ、永遠に

パリよ、永遠に

1944年8月25日未明のパリ。リヴォリ通りに建つホテル ル・ムーリスにパリ防衛司令官ディートリヒ・フォン・コルティッツ将軍率いるナチス・ドイツ軍が駐留していた。そこに、アメリカ・イギリス・自由フランス軍からなる連合軍が防衛線を突破し、パリ市街に近づいてきたと電報が届く。連合軍の進撃にレジスタンスは活気づく。ドイツの敗北は時間の問題。ヒトラー総統が計画した「パリ壊滅作戦」を実行するための作戦会議が始まった。ヒトラーはパリを愛した。だが、戦闘によってベルリンが廃墟となった今、パリだけが輝いているのは許せない。ただそれだけのための、「戦略上何の意味もない」壊滅作戦。爆破箇所は、ポンヌフを除く市内33本すべての橋、ノートルダム大聖堂、ルーヴル美術館、オペラ座・・・地図を広げ、建築技師の説明を聴くコルティッツ。会議が終わり、ひとり部屋に残ったコルティッツがベルリンからの電話を受けたと同時に部屋の明りが消える。明りが戻った時、そこに一人の男が立っていた。パリで生まれ育ったスウェーデン総領事ラウル・ノルドリンクだ。ノルドリンクは来訪の理由を告げる。「停戦を提案しに来た」。司令官として総統命令に服従しなければならないコルティッツと、自身の故郷でもある美しき街パリを破壊から守りたいノルドリンク。二人の駆け引きが始まった! (C) 2014 Film Oblige - Gaumont - Blueprint Film - Arte France Cinema

詳しく